最新記事

原発

原子力緊急事態への対応力を向上

美浜原子力緊急事態支援センターが本格運用を開始

PR

2017年3月21日(火)10時00分

遠隔操作で無人の重機を操作

原子力事業者(電力9社、電源開発、日本原燃、日本原子力発電)は、福島第一原子力発電所の事故を踏まえ、自主的に実施してきた事故後の緊急安全対策などに加え、新たな規制基準に対応するため、様々な追加対策を行っている。

さらに、万一、原子力施設で重大事故が発生した場合に備える新たな拠点として、「美浜原子力緊急事態支援センター」を福井県美浜町に開設した。

◇ ◇ ◇

無線で遠隔操作できる重機がガレキを破砕・撤去していく。重機には作業用カメラが設置されており、移動可能な操作室から、モニターを使って現場作業を行うこともできる。

ここ、美浜原子力緊急事態支援センターの約2.6万㎡の敷地内には、こうした重機のほか、屋内外の情報収集や障害物の除去などが可能なロボット(小型6台、中型2台)、高所からの放射線量の測定を含めた情報収集を行う無線ヘリコプターなどが配備されている。いずれも、放射線量が高い現場でも、遠隔操作で作業を行うことが可能だ。

365日24時間の連絡体制や緊急出動態勢で、全国の原子力発電所で重大事故が発生した際に、資機材とともにセンター職員が出動し、発災事業者とともに復旧にあたる。平時には、センターの職員が講師となり、原子力事業者の防災担当者を対象に訓練を実施、操作者の育成を進めている。

fepcTU_0321_2.jpg

カメラや放射線測定器を搭載し、現場の状況を把握する無線ヘリコプター

fepcTU_0321_3.jpg

100kgの障害物をつり上げて除去する中型ロボット

fepcTU_0321_4.jpg

階段を昇り降りする小型ロボット

●美浜原子力緊急事態支援センター  http://www.japc.co.jp/emergency-support/

●電気事業連合会 http://www.fepc.or.jp/

ニュース速報

ワールド

国賓としてのトランプ大統領訪英は誤り=ロンドン市長

ワールド

メルケル独首相、4選確実でも連立協議は難航へ

ビジネス

トランプ政権と共和党、27日に法人税率引き下げ計画

ワールド

北朝鮮の太平洋での水爆実験、専門家は「大災害」の恐

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 4

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 5

    新型アップルウオッチは、ポストiPhoneの大本命

  • 6

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    北朝鮮、水爆実験強行なら分水嶺 トランプ政権は深…

  • 9

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 10

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 7

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 8

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 9

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 10

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月