最新記事

慰安婦問題

慰安婦問題合意から1年 日韓合意はパク大統領と共に消え去る?

2016年12月28日(水)20時45分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

(c) Yohap news TV / Youtube

<慰安婦問題について「最終的かつ不可逆的に解決」されることで合意したと日韓両国の外相が共同発表してちょうど1年。12月28日、釜山、大邱など韓国の各地で「慰安婦問題合意破棄」を訴える集会が行われた。パク・クネ大統領とともに慰安婦問題の日韓合意も風前の灯火になりつつある>

 12月28日、ちょうど1年前の日韓両国政府による慰安婦問題合意に反発した釜山の市民団体が、釜山の日本領事館前に慰安婦問題の象徴ともいえる少女像を突然設置したが、4時間後、市の担当者によって像は撤去された。

 京郷新聞など韓国のメディアが報じたところによると、釜山の「未来の世代が立てる平和の少女像推進委員会」という市民団体が釜山市東区で慰安婦問題解決のデモ集会を開いた後、近くにある日本領事館の前に平和の少女像を予告なしに仮設した。推進委員会は事前に準備した少女像をフォークリフトに乗せて領事館前に運び設置したという。

 この市民団体は今年1月から平和の少女像の設置を求めるデモを続けていたが、釜山市東区側の反対で設置できずにいたもので、今回日韓の慰安婦問題合意1年の日を狙って像の設置を強行したもようだ。


28日、釜山の日本領事館前に平和の少女像を設置しようとした市民団体と警察がにらみ合い (c) Yohap news TV / Youtube

 デモ参加者たちと市民団体の40人あまりは、釜山市東区側の要請で駆けつけた警察と対峙して座り込みを行い、最終的には参加者たちが公務執行妨害で一人ずつ連行された。

 この「未来の世代が立てる平和の少女像推進委員会」は大晦日の午後9時に今日撤去された平和の少女像の除幕式を予定していたため、今後もまた波乱が起きる可能性が高い。

 釜山以外にも、慶南では「日本軍慰安婦日韓合意無効慶南行動」と題したデモが市民約150人が参加して行われたほか、大邱では「大邱平和の少女像建設汎市民推進委員会」所属の会員10人余りが大邱市中区にある大邱百貨店の前で記者会見をした。

ニュース速報

ワールド

ドイツ連立協議、SPDが保守派に妥協求める 移民政

ワールド

南北関係の改善、米朝協議実現に向けた「貴重な機会」

ワールド

中国の南シナ海配備増強は「米国に原因」、人民日報が

ワールド

北朝鮮の五輪参加、朝鮮半島の平和と緊張緩和を促進へ

MAGAZINE

特集:科学技術大国 中国の野心

2018-1・30号(1/23発売)

豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

*雪による配送遅延について

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開発に光が!?

  • 3

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 4

    「骨タイプのおやつ」で死亡する犬が急増 米政府機…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 7

    モランボン楽団団長、まるでメラニア夫人と韓国騒然

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    欧州初、ドイツで寄生虫の卵のサプリメントが合法的…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 7

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 10

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 7

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月