最新記事

ダークネット

闇サイトが「トランプ暗殺」の資金を募集

Site on Dark Web Fundraises for Donald Trump’s Assassination

2016年12月9日(金)15時20分
アンソニー・カスバートソン

Shannon Stapleton-REUTERS

<特殊なブラウザでしかアクセスできないダークウェブ上に、トランプの「暗殺計画」を企てるサイトが登場。賛同者からはすでに約9万ドル相当の寄付がよせられている>(写真は大統領当選後に開催されたアイオワ州の集会でトランプの画像を掲げる支援者)

 一般のブラウザでは閲覧できないダークウェブ上のサイトが、トランプ次期米大統領とペンス次期副大統領の「暗殺計画」への資金集めを開始した。

「Terminating Donald Trump(トランプを終わらせる)」という名前のこのサイトには、賛同者から寄付を募る仮想通貨ビットコインの口座へのリンクがついている。ビットコインの取引ログから、口座には既に115ビットコイン(約8万8000ドル)の寄付がよせられていることがわかった。

 特殊なブラウザだけでアクセスできるこのサイトには、「自由世界の指導者としてトランプとペンスを迎えるのは極めて危険だ」という声明が掲載されている。「アメリカの政治、環境、社会は最悪の変化に見舞われる」

自分たちはよく知られた組織

 サイトの開設者は自らを、腐敗した政府などをサイバー攻撃する「良く知られた地下組織」だと名乗っている。

【参考記事】「ネット言論のダークサイド」を計算機で解析する ── データ分析による報道の技術とその再現性 ──

「しかし今、内戦や戦争を回避して自らを守るためには、サイバー攻撃以上の行動に出なければならない」と、声明は続く。「我々の計画を遂行するためには装備のために多くの資金が必要だ」

 本誌は、管理者のメールアドレスを通じてサイトの作成者とのコンタクトを試みたが、返信はなかった。

【参考記事】やわらかな日本のインターネット

 このようなダークウェブに、政治家の暗殺を呼び掛けるサイトが立ち上がるのは、初めてではない。2013年には「暗殺市場」という名前のサイトが登場し、オバマ大統領やヒラリー・クリントンの暗殺への賛同を呼び掛け、メディアから注目された。オバマ暗殺には40ビットコイン(約3万ドル)、当時の連邦準備制度理事会(FRB)議長のバーナンキには124.14ビットコイン(約9万6000ドル)の報酬が集まっていた。


ニュース速報

ビジネス

正午のドルは112円前半、実需の買い一巡後は押し戻

ビジネス

オバマケア改廃また頓挫の可能性、米上院共和党内で反

ワールド

独総選挙、メルケル首相が勝利宣言 右翼政党も国政初

ビジネス

前場の日経平均は反発、配当権利取りの動き 政策期待

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 4

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 5

    新型アップルウオッチは、ポストiPhoneの大本命

  • 6

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    北朝鮮、水爆実験強行なら分水嶺 トランプ政権は深…

  • 9

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 10

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 7

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 8

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 9

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 10

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月