最新記事

シリア

シリア内戦の死者数30万人、その内訳が発表された

2016年9月14日(水)17時15分
青山弘之(東京外国語大学教授)

9月10日、空爆をうけたシリア北西部イドリブ Ammar Abdullah-REUTERS

 シリア人権監視団は、2011年3月18日以降の紛争での死者数が2016年9月12日の段階で、30万人を越えたと発表した。

 同監視団によると死者総数は30万1,781人。

 内訳は民間人が8万6,692人(うち18歳未満の子供が1万5,099人、18歳以上の女性が1万18人)。
 武装集団、イスラーム主義集団、シリア民主軍の戦闘員が4万8,766人。
 シリア軍離反兵が3,593人。
 シリア軍将兵が5万9,006人。
 国防隊、バアス大隊、人民諸委員会、パレスチナ解放軍、シリア民族社会党、アラブ民族護衛隊、アレキサンドレッタ地方解放人民戦線、シャッビーハ、政権への内通者が4万1,564人。
 ヒズブッラー戦闘員が1,321人。
 イラン、アフガニスタンなどアラブ・アジア諸国出身のシーア派戦闘員、パレスチナ・クドス旅団戦闘員が5,163人。
 レバノン、イラク、パレスチナ、ヨルダン、湾岸諸国、北アフリカ諸国、エジプト、イエメン、スーダン、ロシア、中国、欧州諸国、インド、アフガニスタン、チェチェン、コーカサス、米国、オーストラリア、中央アジア出身のイスラーム国、シャームの民のヌスラ戦線(シャーム・ファトフ戦線)、トルコマン・イスラーム党、ジュンド・アクサー機構、ジュンド・シャーム機構、ハドラー大隊、チェチェン・シャームの兵などの戦闘員5万2,031人。
 身元不明:3,645人。

 また上記死者総数のほか、シリア国内の刑務所の収監者の死者数が約6万人に達し、うち1万4,456人(こども110人と女性53人を含む)が拷問によって死亡したという。

【参考記事】1万7000人が殺され、今も殺され続けているシリアの刑務所はこんなところ

 さらにシリア軍、親政権武装集団が拉致した約5,000人と反体制武装集団、ダーイシュ(ISIS)、ヌスラ戦線が拉致した約2,000人が行方不明だという。

 なお、外国人戦闘員の死者数は7万人以上におよぶとの推計もあり、これらの死者数も合わせると、総数は43万人におよぶという。




AFP, September 13, 2016、AP, September 13, 2016、ARA News, September 13, 2016、Champress, September 13, 2016、al-Hayat, September 14, 2016、Iraqi News, September 13, 2016、Kull-na Shuraka', September 13, 2016、al-Mada Press, September 13, 2016、Naharnet, September 13, 2016、NNA, September 13, 2016、Reuters, September 13, 2016、SANA, September 13, 2016、UPI, September 13, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

※当記事はシリア・アラブの春 顛末記:最新シリア情勢からの転載です。

ニュース速報

ビジネス

景気「緩やかに回復」、総括判断7カ月ぶり上方修正=

ワールド

北朝鮮、平昌冬季五輪の開幕前日に軍事パレードの可能

ワールド

アブダビ沖日の丸油田の権益更新、「競争率高い」=経

ワールド

メキシコ、世界一危険な国とのトランプ氏ツイートを一

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    フィンテックの台頭でお堅い銀行が様変わり

  • 2

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせた理由

  • 3

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホーキング博士

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 7

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 8

    北朝鮮にらみ米空軍の戦略爆撃機3種がグアムに集結

  • 9

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新…

  • 10

    トランプは金正恩の「便器」を爆撃せよ

  • 1

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 米カリフォルニアで

  • 4

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 5

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 6

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 7

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 8

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 9

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 10

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカ…

  • 5

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 6

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 7

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 8

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 9

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

  • 10

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月