最新記事

安全保障

北朝鮮の弾道ミサイル、初めて日本の排他的経済水域内に落下

2016年8月3日(水)12時47分

8月3日、中谷元防衛相は、同日朝に北朝鮮が発射した弾道ミサイルについて、同国西岸から約1000キロ飛行し、日本海上の日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したと推定していることを明らかにした。写真は都内で6月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

 防衛省は3日、北朝鮮が同日朝に発射した弾道ミサイルについて、日本海の排他的経済水域(EEZ)に落下したようだと発表した。北の弾道ミサイルの弾頭部分が、日本のEEZ内に着水したのは初めて。日本政府は安全保障上の脅威だとして、北朝鮮に抗議した。

 同省によると、北朝鮮は午前7時53分ごろに西岸から弾道ミサイルを1発発射。約1000キロ飛行し、秋田県男鹿半島沖の西方250キロの日本のEEZ内に着水したとみられる。射程約1300キロの中距離弾道ミサイル「ノドン」の可能性があるという。日本の船舶や航空機への被害は確認されていない。

 北朝鮮の弾道ミサイルの弾頭部分が、日本のEEZ内に落ちたのは初めて。先端を覆うカバーなどの部品は、1998年に太平洋、2009年に日本海のEEZに落ちたことがある。

 安倍晋三首相は記者団に対し、「日本の安全保障上の重大な脅威で、許しがたい暴挙」と非難した上で、米国・韓国と連携し毅然(きぜん)と対応すると述べた。また、「明白な国連安保理決議違反であり、北朝鮮に対し断固抗議した」と語った

一方、米戦略軍によると、北朝鮮はこの日朝に2発のミサイルを同時に発射した。1発は直後に爆発したという。

 自衛隊はさらなる発射に備え、警戒・監視を続けている。

*内容を追加しました。

 (久保信博、宮崎亜巳※)

[ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

特別リポート:NYに潜む危険な鉛汚染、子ども540

ワールド

焦点:北朝鮮の金正恩指導部に亀裂か、最側近の軍司令

ビジネス

「近い将来」に利上げ正当化される可能性=米FOMC

ビジネス

米国株が薄商いの中ほぼ横ばい、ネット中立性原則撤廃

MAGAZINE

特集:北朝鮮の歴史

2017-11・28号(11/21発売)

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    ジャーマンシェパード2頭に1頭が安楽死 見た目重視の交配の犠牲に

  • 3

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    北朝鮮、亡命の兵士を追って軍事境界線を越境してい…

  • 6

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 7

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 8

    犬も鬱で死ぬ 捨てられたショックで心は修復不可能に

  • 9

    もう体に合わないことはない! ZOZO、採寸用ボディ…

  • 10

    韓国でスープになる直前の犬を救出 ベトナムでは犬…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    アメリカで黒人の子供たちがたたき込まれる警官への…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 10

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 10

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月