最新記事

イギリス

弱者のために生き、憎悪に殺されたジョー・コックス

British Lawmaker Killed in Sudden Attack

2016年6月17日(金)16時25分
モリー・オトゥール

Stefan Wermuth-REUTERS

<EU離脱の是非を問う国民投票を来週に控え、イギリスを二分する論争に犠牲者が出てしまったのか? 公私ともにエネルギッシュで希望に満ちていた女性議員の生き方>

 英最大野党・労働党の女性下院議員で、人道支援や国際問題への熱心な取り組みで知られるジョー・コックスが16日、イングランド北部にある自分の選挙区で男に銃撃され死亡した。

 1990年に北アイルランドのテロ組織IRA(アイルランド共和軍)が車に仕掛けた爆弾で保守党議員が殺害されて以来、イギリスで国会議員が暗殺されたのは今回が初めて。直近では2010年に労働党の議員が刃物で腹部を刺され重傷を負う事件があった。2003年のイラク戦争を支持したことを恨みに思ったイスラム過激派の学生の犯行だった。

 コックスは、昨年12月に英議会がテロ組織ISIS(自称「イスラム国」、別名ISIL)を標的にしたシリア空爆の是非を問う採決を行った際、棄権した。シリア内戦に倫理的解決をもたらす軍事行動として、空爆はふさわしくないとの判断だった。

【参考記事】英議会がIS空爆を承認、反対派は「テロリストのシンパ」か

 今年5月の寄稿で、シリア内戦をめぐる英米両政府の対応を「大失敗の外交政策」と批判。「オバマ米大統領もキャメロン英首相も、シリアに危害を加えるつもりではないはずだ。だが昔から言われるように、善良な人々が何もせずに見ていれば、悪に勝たせることになる」

 政治家になる前は、貧困のない世界を目指す国際協力団体、英オックスファムの慈善活動に携わり、乳児死亡率の低下や現代の奴隷撲滅に向けた取り組みにも関わっていた。

 コックスはEU残留派で、先週もツイッターで「移民問題に関する懸念はもっともだが、それがEUを離脱する理由にはならない」と呼び掛けていた。

【参考記事】イギリス離脱を止められるか、EU「譲歩」案の中身

悔いはないはず

 夫のブレンダン・コックスは事件を受けて声明を発表。彼女は彼女自身の死によって英国が分断されることを望んでいなかったとしたうえで、次のように述べた。

「彼女が今生きていれば、二つのことを願っているはずだ。一つは2人の子どもたちにいっぱいの愛情がそそがれること。もう一つは、彼女の命を奪った憎悪と戦うために、我々が団結することだ。憎しみは害悪しかもたらさず、そこには信念も人種も宗教もない。これまでの人生に悔いはないはずだ。一日一日を精一杯、生きてきたから」

 報道によると、コックスはイングランド北部バーストールにある図書館で地元有権者との集会を準備中、口論を始めた男たちの仲裁に入ったところを、一人の男に拳銃で撃たれた。逮捕された52歳の男は、さらにコックスを撃って刃物で刺しながら「ブリテン・ファースト(英国第一)」と複数回叫んでいたと目撃者は証言する。コックスは病院に運ばれたが、約1時間後に死亡が確認された。
 
 英警察当局は単独犯と見ている。

From Foreign Policy Magazine

ニュース速報

ビジネス

インタビュー:日産・ルノー、10年以内に無人の自動

ワールド

英高層公営住宅、多数の外壁に可燃性素材 調査で判明

ワールド

韓国大統領、北朝鮮の核問題で中国にさらなる行動呼び

ワールド

英フィリップ殿下が退院、感染症の治療終える

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 2

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 5

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 6

    D&Gが女性歌手に激怒した理由はメラニア!? 

  • 7

    米イージス艦事故と映画『バトルシップ』の意外な共…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    アメリカはシリアを失い、クルド人を見捨てる--元駐…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える「貧富の格差」

  • 4

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 5

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 6

    北朝鮮、米国人大学生釈放を発表 拘束中暴行され昏…

  • 7

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 8

    身体が不自由な患者の頭をドナーの身体に移植する「…

  • 9

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 10

    比南部、ISIS系武装勢力と政府軍戦闘激化 住民が100…

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 3

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 10

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月