最新記事

イギリス

弱者のために生き、憎悪に殺されたジョー・コックス

2016年6月17日(金)16時25分
モリー・オトゥール

Stefan Wermuth-REUTERS

<EU離脱の是非を問う国民投票を来週に控え、イギリスを二分する論争に犠牲者が出てしまったのか? 公私ともにエネルギッシュで希望に満ちていた女性議員の生き方>

 英最大野党・労働党の女性下院議員で、人道支援や国際問題への熱心な取り組みで知られるジョー・コックスが16日、イングランド北部にある自分の選挙区で男に銃撃され死亡した。

 1990年に北アイルランドのテロ組織IRA(アイルランド共和軍)が車に仕掛けた爆弾で保守党議員が殺害されて以来、イギリスで国会議員が暗殺されたのは今回が初めて。直近では2010年に労働党の議員が刃物で腹部を刺され重傷を負う事件があった。2003年のイラク戦争を支持したことを恨みに思ったイスラム過激派の学生の犯行だった。

 コックスは、昨年12月に英議会がテロ組織ISIS(自称「イスラム国」、別名ISIL)を標的にしたシリア空爆の是非を問う採決を行った際、棄権した。シリア内戦に倫理的解決をもたらす軍事行動として、空爆はふさわしくないとの判断だった。

【参考記事】英議会がIS空爆を承認、反対派は「テロリストのシンパ」か

 今年5月の寄稿で、シリア内戦をめぐる英米両政府の対応を「大失敗の外交政策」と批判。「オバマ米大統領もキャメロン英首相も、シリアに危害を加えるつもりではないはずだ。だが昔から言われるように、善良な人々が何もせずに見ていれば、悪に勝たせることになる」

 政治家になる前は、貧困のない世界を目指す国際協力団体、英オックスファムの慈善活動に携わり、乳児死亡率の低下や現代の奴隷撲滅に向けた取り組みにも関わっていた。

 コックスはEU残留派で、先週もツイッターで「移民問題に関する懸念はもっともだが、それがEUを離脱する理由にはならない」と呼び掛けていた。

【参考記事】イギリス離脱を止められるか、EU「譲歩」案の中身

悔いはないはず

 夫のブレンダン・コックスは事件を受けて声明を発表。彼女は彼女自身の死によって英国が分断されることを望んでいなかったとしたうえで、次のように述べた。

「彼女が今生きていれば、二つのことを願っているはずだ。一つは2人の子どもたちにいっぱいの愛情がそそがれること。もう一つは、彼女の命を奪った憎悪と戦うために、我々が団結することだ。憎しみは害悪しかもたらさず、そこには信念も人種も宗教もない。これまでの人生に悔いはないはずだ。一日一日を精一杯、生きてきたから」

 報道によると、コックスはイングランド北部バーストールにある図書館で地元有権者との集会を準備中、口論を始めた男たちの仲裁に入ったところを、一人の男に拳銃で撃たれた。逮捕された52歳の男は、さらにコックスを撃って刃物で刺しながら「ブリテン・ファースト(英国第一)」と複数回叫んでいたと目撃者は証言する。コックスは病院に運ばれたが、約1時間後に死亡が確認された。
 
 英警察当局は単独犯と見ている。

From Foreign Policy Magazine

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米規制当局、バークシャーのオキシデンタル株最大50

ワールド

再送-イスラム国戦闘員に終身刑、シリアで米国人殺害

ワールド

米、ウクライナに追加軍事支援 監視ドローンなど7.

ワールド

ノルドストリーム1、8月末から3日間供給停止 点検

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を着こなすジア

  • 3

    【映像】素手でサメを引きずる男性

  • 4

    石を使って自慰行為をするサルが観察される

  • 5

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 6

    【動画】中国軍の最強戦闘機「殲20マイティドラゴン」

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    マーベル最新ドラマ『シー・ハルク』のプロモにホー…

  • 9

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 10

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な…

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を…

  • 8

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 9

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 10

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 8

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月