最新記事

2016米大統領選

トランプ正念場、共和党の巨大スポンサー・コーク兄弟のご機嫌伺いへ

Donald Trump's Team Will Meet With Koch Representatives: Report

2016年6月10日(金)17時20分
テイラー・ウォフォード

Carlo Allegri-REUTERS

<アメリカ政界の黒幕として知られるコーク兄弟にトランプが接近。これまで資金援助を受けないことを売りにしてきたトランプが、本選でのヒラリーとの対決に向けていよいよ資金調達に動き出した。だがコーク兄弟はトランプを嫌っている> (写真はコーク兄弟の弟デイビッド)

 米大統領選で共和党の候補指名が確実となったドナルド・トランプが、保守派の大富豪コーク兄弟にすり寄り始めた。巨大企業の経営者であるチャールズとデイビッドのコーク兄弟は、前回2012年の大統領選に1億2200万ドルを投じ、今年の大統領選では10億ドルを使う予定だという。トランプが候補指名を獲得しようというまさにこのタイミングでの会談となる。

来週、コーク兄弟の代理人と面会か

 今週「USAトゥデイ」のインタビューに答えたチャールズ・コークは、トランプ陣営からコーク側の代理人と会談したいという申し出があったことを明らかにした。コーク側もこれに合意した。会談の日程はまだ設定されていないが、トランプ陣営の広報担当者は、声明の中で「来週頃」になると語っている。

 コーク兄弟はアメリカの保守派の中で最大の影響力を持つ人物で、予備選の期間中にはトランプを共和党の候補にしたくないと思っていたことで知られる。コーク兄弟は予備選でどの候補も支持しなかったが、トランプの優勢が明らかになると、トランプのことは「大統領職を熱望するカルト(狂信者)」と呼んで無視していた。

【参考記事】アメリカ政治を裏で操るコーク兄弟の「ダークマネー」

 コーク兄弟は自由主義経済を信奉しているが、これはトランプの「反自由貿易」政策とは合致しない。さらにチャールズは、最近トランプが連邦地裁のゴンザロ・クリエル判事を「メキシコ人」と呼んで攻撃していることを不快に感じている。前述のインタビューでチャールズは、トランプの攻撃を「人種差別主義か、固定観念に縛られたステレオタイプ」と非難している。一方トランプも、コーク兄弟の支援を受けて当選した共和党政治家を「操り人形」とコケにしている。

【参考記事】トランプのメキシコ系判事差別で共和党ドン引き

 チャールズは、コーク側は「誰とでも喜んで対話する」と語り、トランプ陣営も「共通理解」を深めたいとしている。しかし同時にチャールズは、トランプに説得されることはないだろうとも語った。トランプが大統領にふさわしいと思うか尋ねられたチャールズは、「その答えはわからない」と明言を避けた。

 トランプが大統領にふさわしくないと思っているのは何もコーク兄弟だけではない。保守派一般どころか共和党内の大勢の人々がそう考えている。トランプ支持を表明したばかりのポール・ライアン下院議長も今週、トランプを「ふざけた態度がイラつかせる」と非難していたが、同時にトランプに「共和党が誇れる選挙戦を見せてくれることを望む」とフォローしていた。

【参考記事】トランプに「屈服」したライアン米下院議長の不安な将来

ニュース速報

ワールド

経済連携協定は成長エンジン、TPP11早期合意目指

ビジネス

タクシーはセダンからワゴンへ、トヨタが新型車発売 

ビジネス

焦点:日経平均が最長の15連騰、与党勝利の安心感 

ワールド

フィリピン、マラウィでの作戦終了宣言 IS系勢力を

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・後編)

  • 4

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 5

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    「ヒュッゲ」ブームの火付け役が日本人に伝えたい幸…

  • 9

    衆院選、自公が300議席超えか 希望は伸び悩み・立憲…

  • 10

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 4

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 10

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 8

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月