最新記事

【2016米大統領選】最新現地リポート

トランプとの「お下劣舌戦」で撃沈したルビオ

今月15日の予備選「天王山」を前に、トランプ対抗馬の共和党若手候補2人に赤信号が

2016年3月9日(水)20時15分
冷泉彰彦(在米ジャーナリスト)

ルビオが撃沈 トランプに仕掛けられた舌戦で致命的な失点を重ねたルビオ Jim Young-REUTERS

 この今週8日に行われた予備選・党員集会は、民主党が2州、共和党でも4州だけしかない。今月1日の「スーパーチューズデー」そして、「クルーシャルチューズデー(正念場の火曜日)」と言われる来週15日と比べると、地味な位置付けだ。だが、前週の「スーパーチューズデー」後に情勢が変化しつつある中、日を追うごとにこの「3月8日」の意味合いも重要になっていた。

 まず民主党だが、ミシシッピ州ではヒラリー・クリントンが大差を付けて、一方のミシガン州では僅差でバーニー・サンダースが勝利した。だが、今回までの予備選は「代議員数配分方式」であり、2位でも代議員数の獲得は可能。そして南部の黒人票に強いヒラリー、格差に敏感な州でのサンダースという「得意分野」を反映した結果に「サプライズ」はなかった。結果として、依然としてヒラリーの優位は動いていない。メール問題でFBIがさらに強い姿勢に出るようなことさえなければ、代議員数で過半数を取る可能性は高い。

 ちなみに、この間には、中道派のマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長が「無所属での出馬を断念」したと伝えられている。自分が出て中道票が割れると、「トランプやクルーズを勝たせる可能性をむしろ高める」からという説明だが、要するに「民主党はヒラリーで決まりそう」だから「本選もヒラリーでいい」という判断と見るのが妥当だろう。

 問題は共和党だ。

【参考記事】トランプ勝利で深まる、共和党「崩壊の危機」

 共和党の場合、来週15日の「クルーシャルチューズデー」、とりわけフロリダ州(代議員数99)とオハイオ州(同66)が「天王山」と言われている。何よりも、この両州以降、多くの州で予備選のルールが「勝者総取り」に変わることがあり、またこの両州の代議員数合計165という数字が、過半数ライン、アメリカのメディアの言う「マジックナンバー」の1237に到達する上で、非常に重要な意味を持つからだ。

 同時に、フロリダ州はマルコ・ルビオ候補(上院議員)の地盤であり、オハイオ州はジョン・ケーシック候補(同州の現役知事)の地盤である。この2つの州で、それぞれの「地元のヒーロー」を押しのけて、トランプが勝利し、合計で165の代議員を獲得すると、「マジックナンバー」への到達が「見えてくる」というのだ。

 反対に、この両州を落とすと、トランプは「1位だが過半数は取れない」状態のままで、7月18日にスタートする共和党大会(オハイオ州クリーブランで開催)に「なだれ込む」ことになる。過半数の勝者が出なければ、そこで噂されている代議員による「談合(フロア・ファイト)」が可能となるのだ。

ニュース速報

ビジネス

米共和党、税制改革法案・最終案の概要発表 法人税2

ビジネス

米主要株価3指数が最高値更新、税制改革実現への期待

ワールド

北朝鮮、対話には兵器実験の持続的中止が必要 米国務

ワールド

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か 超能力伝説でイメージ作りも

  • 4

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 5

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 6

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 7

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 8

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    プーチンの本音は「五輪禁止」に感謝?

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を甘く見た」ツケ

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月