最新記事

2016米大統領選

クリントン氏の視線は本選に、トランプ批判を本格化

候補者指名は確実とばかりに、本選の対戦相手を想定した発言を繰り出す

2016年3月3日(木)19時08分

3月2日、「スーパーチューズデー」でた候補に大差をつけて勝利を収めたヒラリー・クリントン前国務長官は既に、同じく大勝した共和党ドナルド・トランプ氏に照準を定めているようだ。フロリダで1日撮影(2016年 ロイター/Javier Galeano)

 米大統領選の党候補指名争いの天王山「スーパーチューズデー」で、11州中7州で勝利を収めたヒラリー・クリントン前国務長官は既に、同じく大勝した共和党ドナルド・トランプ氏に照準を定めているようだ。

 民主党では「民主社会主義者」を自称するバーニー・サンダース上院議員も指名を争うが、スーパーチューズデーを経て、クリントン氏は優位を固めつつあるため、トランプ氏に集中する余裕が生まれている。

 クリントン氏は早速、不法移民対策などでメキシコとの国境沿いに壁を築くことを提唱したトランプ氏を厳しく批判した。クリントン氏は、マイアミでの集会で「今回の選挙の意味は、かつてないほど大きい。相手方の主張がこれほどまでに低レベルだったことはない」と強調。「米国の分裂を図ろうとするのは間違っている」と語気を強めた。

 ニューヨーク・タイムズ紙の集計によると、現時点での代議員獲得数は、クリントン氏が527人、サンダース氏が325人。民主党の指名を獲得するには、2383人の代議員獲得が必要になる。

 民主党ストラテジストのジム・マンリー氏は、クリントン氏が早速トランプ氏を攻撃したことは必然ではあるが、危険もはらむ、と指摘。

 マンリー氏は「クリントン氏が本選に目を向け始めなければならないことは確かだ。ただリスクもないわけではない」と話す。トランプ氏が反撃することは必至であり「まさに急所を突いてくるはず」という。

 トランプ氏はこれまでにもしばしば、クリントン氏の国務長官時代のイラクやシリアへの対応を批判。さらに、同氏の夫のビル・クリントン元大統領をめぐる古いスキャンダルを蒸し返す構えも示している。

寄付の申し出増える

 クリントン陣営の資金調達担当者によると、本選を睨んだ寄付の申し出が増えており、選挙ボランティアを集めるのも容易になっている。

 大統領選では、党員集会・予備選段階で候補者1人当たり2700ドルの寄付が可能。本選までにさらに2700ドルの寄付が可能だ。

ニュース速報

ワールド

杭州G20、サイバー犯罪対策を優先議題に=米上院議

ビジネス

完全失業率、7月は3.0%で21年2カ月ぶり低水準

ビジネス

消費支出、7月は前年比 -0.5% 5カ月連続で減

ビジネス

7月小売業販売額は前年比‐0.2%、5カ月連続減少

MAGAZINE

特集:トランプの黒歴史

2016-9・ 6号(8/30発売)

アメリカ大統領選を揺さぶり続けるトランプ──。「不動産王」が語りたがらないビジネスの汚点とは

人気ランキング

  • 1

    インドネシアが南シナ海に巨大魚市場──対中強硬策の一環、モデルは築地市場

  • 2

    中国、安倍首相のアフリカ訪問を警戒――日本を常任理事国入りさせてはならない!

  • 3

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 4

    G20と「人民の声」の狭間で――中国、硬軟使い分け

  • 5

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 6

    「ブルキニ着用禁止法は違憲、国内の緊張高める」仏カズヌーブ内相

  • 7

    黒人射殺事件の連鎖を生む元凶は

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    マイナス金利「量・質とも緩和余地ある」黒田日銀総裁

  • 10

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 3

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 4

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 7

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 8

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 9

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 10

    実情と乖離した日本の「共産主義礼賛」中国研究の破綻

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 5

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 6

    日銀は死んだ

  • 7

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 8

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 9

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月