最新記事

英国

「EU離脱は外交面で10年以上不透明さが続く恐れ」英政府

EU離脱を説明する文書で政府は、離脱が前代未聞でその影響範囲が予測不能と強調

2016年3月1日(火)10時31分

2月29日、英政府はEU離脱なら先行き不透明さが10年以上続き、打撃を被ると警告した。写真はEU離脱を呼び掛ける英国独立党のバッジ。27日撮影。(2016年 ロイター/Phil Noble)

 英国政府は、同国が欧州連合(EU)から離脱した場合、EUや域外の他の国との関係見直しで、10年以上にわたって先行き不透明な時間が続き、打撃を被ることになりかねないと警告した。

 6月23日に実施予定のEU離脱の是非を問う国民投票で、残留支持を求めるキャメロン首相は今月、EU改革についてEU首脳と合意にこぎ着けた。

 EU離脱の手続きを説明した文書で英政府は、離脱が前代未聞で予測不可能であると強調。「まずは、EUからの離脱、そしてEUとの今後の関係、さらにEU以外の国との貿易上の取り決めについて、英国にとって受け入れられる条件で折り合いを付けるには、10年、あるいはそれ以上かかる」とし、「長期間にわたり不確実性を伴い、英国のビジネスや貿易、国内投資に影響するだろう」と指摘した。「長期にわたって不確実な時期が続くことになる。英国のビジネスや貿易、国内投資にとって重大な結果をもたらすだろう」としている。

 英政府の正式な見解は残留支持だが、内閣の何人かの閣僚や、ロンドンのボリス・ジョンソン市長は離脱を主張。政府が国民を不安に陥れていると批判している。

 クリス・グレイリング下院院内総務もその一人だ。グレイリング氏は、EU加盟国にとって英国と貿易を続けることは財政的利害に関わるため、離脱後のEUとの交渉は比較的早く済むだろうとの見方を示している。

 

[北京 25日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

必要ならイールドカーブの形状調整、副作用も配慮=中

ビジネス

CMEで18年1─3月期にTOPIX先物取引開始=

ワールド

米FTC委員長にシモンズ氏、トランプ大統領指名へ=

ワールド

欧州議会議長、EU離脱巡り英政府を批判 「コスト計

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 3

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為が危ない流行?

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 6

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    金正恩、中国共産党大会に祝賀メッセージ

  • 10

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 7

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 8

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月