最新記事

アカデミー賞

ハリウッドの人種差別は本当だった

Data Confirms: Hollywood Is a Straight, White Boy's Club

被害妄想でも言いがかりでもない、ハリウッドはストレートの白人男性限定クラブだ

2016年2月29日(月)16時54分
ポーラ・メヒア

白人による白人のための……? 2年連続白人ばかりのノミネートにマイノリティーの怒りが爆発 EdStock-iStock.

 アカデミー賞主演男優賞・女優賞、助演男優賞・女優賞にノミネートされた20人は、2年連続で白人ばかりだったことが波紋を巻き起こしている。「#OscarsSoWhite(オスカーはこんなに真っ白)」のハッシュタグが多くのフォロワーを引きつけ、黒人映画監督のスパイク・リーや黒人俳優のウィル・スミスはアカデミー賞授賞式をボイコットすると宣言した。これは本当に、彼らが言うとおりの白人優遇・人種差別の表れだろうか。

【参考記事】オバマ時代になってかえって難しくなった人種問題

 先週、南カリフォルニア大学(USC)アネンバーグ・コミュニケーション・ジャーナリズム学部が発表した調査報告書で、黒人をはじめとするマイノリティーの怒りが単なる言いがかりではないことが明らかになった。

出演者が白人ばかりの映画は儲からない

 同報告書は、ストリーミング配信されたものも含め、2014年以降に発表された映画やテレビ番組の人種的多様性を統計的に調べたもの。それによると、白人以外が監督した映画やテレビ番組は414作品のうち13%だけだった。女性監督となると、主な映画109作品のうちわずかに3.4%しかいない。そのうち黒人女性監督はたった2人。『グローリー 明日への行進』のエバ・デュバーネイ監督と『ベル―ある伯爵令嬢の恋―』のアマ・アサンテ監督だけだ。

 カメラの前に立つマイノリティーも決して多くない。人種や民族的マイノリティーでセリフがある出演者は調査対象の全作品中28.3%だけだった。こうした結果から、ハリウッドは未だにストレートの白人男性専用の会員制クラブだ、とこの報告書は結論付ける。

【参考記事】ネバーランドを探して

 もう1つの意外な問題点は、マイノリティーや女性を排除することで、映画業界の業績に悪影響が出るかもしれないということだ。2013年に公開された映画163作品を調べたカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)アフリカ系アメリカ人研究センターの昨年の研究によれば、マイノリティーの俳優がキャストの21~30%を占めている作品は、平均1億4330万ドルの興行収入を上げたが、マイノリティーがキャストの10%未満の作品は5320万ドルしか稼げていなかったという。

 ハリウッドにおける白人優位は根深い問題だが、USCの調査から言えるのは、スクリーン上の多様性を改善する1つの手段は映画を製作するスタジオがもっと女性やマイノリティーの社員を増やすことだ。複数の研究によれば、女性監督が撮った映画は男性監督が撮った映画より女優キャストが5.4%多い。同様に、マイノリティー監督が作った映画ではキャストに占めるマイノリティーの割合は43.7%となり、白人が撮った映画の26.2%を大きく上回る。

 さて、ハリウッドはこの現状をうまくリメイクできるだろうか。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、東海岸から未確認飛翔体を発射=韓国軍

ワールド

北朝鮮、東海岸から未確認飛翔体を発射=韓国軍

ビジネス

IMM通貨先物、ユーロの買い越しが14年3月以来の

ワールド

英自爆攻撃で犠牲になった人たち、8歳少女や3児の母

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札とは...?

  • 2

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 3

    ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもしれない

  • 4

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 5

    北朝鮮問題で安倍首相「対話の試みは時間稼ぎに利用…

  • 6

    ヨーロッパを遠ざけロシアを引き寄せたトランプのNAT…

  • 7

    イギリス自爆テロで犠牲になった人びと 8歳少女や3…

  • 8

    フィリピン南部に戒厳令  ドゥテルテ大統領が挑む過…

  • 9

    ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みが…

  • 10

    「酒の安売り許さん!」の酒税法改正は支離滅裂

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 3

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 6

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 7

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札と…

  • 8

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 9

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 10

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 1

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 6

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 7

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 8

    「男と女のどちらを好きになるか」は育つ環境で決ま…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月