最新記事

企業

アップルのクックCEO、2015年の報酬は1030万ドル

世界のトップブランドを率いるエグゼクティブの高給は2016年どうなる?

2016年1月7日(木)13時06分

快進撃に陰りとの指摘も  1月6日、スマートフォンの「iPhone(アイフォーン)」の出荷台数の伸びが鈍化するとの懸念から難しいかじ取りを迫られる中、米アップルのティム・クックCEOの2015年の報酬額は計1030万ドルと前年比11.5%増えた。写真はニューヨークで昨年12月撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

 スマートフォンの「iPhone(アイフォーン)」の出荷台数の伸びが鈍化するとの懸念から難しいかじ取りを迫られる中、米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)の2015年の報酬額は計1030万ドルと前年比11.5%増えた。

 米証券取引委員会への提出書類によると、クック氏の基本給は約14.4%増の200万ドル、株式以外のインセンティブ報酬が19%増の800万ドルだった。

 ルカ・マエストリ最高財務責任者(CFO)の報酬額は約81%増の2530万ドルだった。

 クックCEOの下で昨年のアップルはほぼ良い年となり、アイフォーン6Sと6Sプラスが週末の販売で過去最高を記録したほか、中国で大ヒットした。

 ただ、2015年の年末にかけては難局を迎え、株価は年間で4.6%値下がりした。株価の前年割れは金融危機以来。

 昨年9月26日時点でクック氏は権利未確定のアップル株約310万株を保有。6日の終値に基づけば3億1000万ドル超を手にすることができる計算になる。

 この株式の権利行使期間は2016年8月から2021年8月まで。

 時価総額が世界最大のアップルの株価は6日、一時5カ月ぶりとなる100ドル割れを記録した後、100.70ドルで終えた。

  

[6日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2015トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

英自爆攻撃、容疑者ネットワークを捜査、リビアで父や

ビジネス

人民元が対ドルで2カ月ぶり高値、主要国有銀がドル売

ビジネス

出口戦略、金利急騰や市場混乱招かないよう進める=岩

ビジネス

米インフレ率の目標未達は深刻な政策ミス=シカゴ連銀

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 3

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    米政府からまたリーク、マンチェスター自爆テロ容疑…

  • 6

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 7

    重さ64グラム!世界最小かつ最軽量の人工衛星をイン…

  • 8

    ベネズエラほぼ内戦状態 政府保管庫には大量の武器

  • 9

    ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもし…

  • 10

    北朝鮮のサイバー攻撃専門「180部隊」 各国の銀行か…

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    トヨタとホンダをまねた中国自動車メーカーが躍進!

  • 3

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 4

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられ…

  • 5

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 6

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

  • 7

    「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが…

  • 8

    共和党はなぜトランプを見限らないのか

  • 9

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 10

    トランプのエルサレム訪問に恐れおののくイスラエル

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 3

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月