最新記事

避妊

男性用ピルに「99%有効」のお墨付き

ガンダルサの葉に受精能力を低下させる成分があることが治験で確認され、錠剤の開発に期待が高まる

2014年12月4日(木)17時30分
パトリック・ウィン

男性が飲む番 セックスの1時間前に飲むだけで効果が Romantic-Couple-In-Love

 一見すると、どこにでも生えているような低い灌木だ。しかし、その葉に秘められた薬効はセックスに革命をもたらすかもしれない。

 その名はガンダルサ。葉に含まれた成分を利用すれば、長く待望されてきた男性用の経口避妊薬を製造できそうだ。

 インドネシアとパプアニューギニアが国境を接するジャングルに覆われた島ニューギニア島。この島の先住民の間では昔からガンダルサの葉に妻の妊娠を防ぐ効果があることが知られていた。インドネシアの研究チームが近年、この伝承に注目。数百人の男性被験者を対象に、ガンダルサの葉から製造した錠剤の効果を調べてきた。

 結果は? 「99%有効だ」と、この研究を率いたバンバン・プラジョゴは太鼓判を押す。研究チームは政府機関の国立家族計画調整委員会とインドネシアの名門大学アイルランガ大学の研究者たちで構成されている。

 ガンダルサの経口避妊薬はインドネシアでは16年に発売される予定だ。研究チームに薬の作用や特徴を聞いた。

──妊娠を防ぐ仕組みは?

 この薬は精子に含まれる酵素の働きを弱め、卵子の中に入り込めないようにする。女性用のピルと違って、ホルモンに働きかけるわけではないので、不快な副作用は出ない。

──服用回数は?

 1日1回でいいだろう。ニューギニア島の先住民はセックスの30分前にガンダルサの葉を煎じた茶を飲む。バンバンは、服用量については、もう少し厳密に詰めたいと言っている。できればセックスの1時間前に1錠飲めばすむようにしたい考えだ。

──副作用は?

 ほとんどない。被験者の中には、服用後に体重が増えた人もいる。また、性欲が非常に高まった人もいる。少なくとも1人の被験者は、2つのタイプの酵素(SGOTとSGPT)の血中濃度が高くなり、心臓か腎臓の機能に問題があることが疑われる(ピルと関連があるのか、それ以外の健康上の問題かははっきりしない)。ホルモンベースの女性用ピルでは吹き出物、吐き気、不正出血などの副作用が起きがちだが、全体的に見てガンダルサでは、これらにちょっとでも近いような症状は、まったくないと言っていい。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、一般教書演説で共和に協力呼びかけへ 強

ビジネス

印アダニ、独立機関による評価検討 空売り業者の批判

ワールド

情報BOX:バイデン米大統領の一般教書演説要旨

ビジネス

米投資大手カーライル、第4四半期は52%減益 M&

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 9

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 10

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月