最新記事

中東

イラン人科学者暗殺はイスラエルの仕業か

Israeli Secret Ops

イスラエル国防軍の特殊部隊「サエレット・マトカル」は、遠い国に潜入して邪魔者を消す能力を備えている

2012年2月17日(金)14時29分
ダン・エフロン(エルサレム支局長)

 この4年間で暗殺されたイラン人科学者は、これで少なくとも6人目だ。先週イランの首都テヘランで、核科学者のモスタファ・アフマディ・ロシャンが乗った車が爆破された。

 目撃者によれば、アクション映画ばりの暗殺劇だった。走行中の車に男がバイクで近づき、車のドアに磁石式の爆弾を取り付けて逃走。科学者と運転手が爆死した。

 一連の暗殺事件は、イランの核開発計画を止めたいイスラエルの仕業だと、多くの専門家が考えている(国内指導部の内紛など、政治的理由でイラン政府が自ら手を下したケースもあるという見方もある)。今回もイラン政府はイスラエルとアメリカが関与していると非難したが、米政府は関与をはっきりと否定した。

 一方のイスラエル政府は公式な声明を出さず、例によって肯定も否定もしていない。しかしイスラエル国防軍の特殊部隊「サエレット・マトカル」のドロン・アビタル元司令官は、イスラエル軍は自国から遠く離れた土地で爆破作戦を行う能力を備えていると本誌に語る。「距離は作戦の妨げにはならない」

 現在、中道派政党カディマの国会議員であるアビタルは今回の事件について具体的なことは何も知らないとし、あくまで一般論とした上で、かつて率いた部隊の任務などについて語った。

 サエレット・マトカルは国防軍の精鋭部隊で、元メンバーにはネタニヤフ首相やバラク国防相などが名を連ねる。76年に起きたエールフランス機乗っ取り事件の乗客救出劇などで、その名を世界に知らしめた。

 国外で作戦を行う場合には、情報機関モサドの諜報員と協力することが多い。実物大に作った「仮の標的」を使い、場合によってはシミュレーションに何カ月も費やすという。「あらゆる場面を想定して訓練するが、実行に移す機会が意外に早く訪れることもある」

 作戦は目的地への派遣、実行、帰還の3段階で構成される。現地での実行より、派遣と帰還が難しい場合が多いという。

 イスラエルのような小国では身元を隠すのが難しいため、作戦の実行前には秘密保持が徹底的にたたき込まれる。愛する人に隠し事をするのはつらいものだ。「ある作戦の前日、恋人とケンカになったが『大事な仕事が控えているから今日はやめよう』とは言えなかった」と、アビタルは振り返る。

 だが、ある程度オープンにするほうがいいと考える司令官もいる。「作戦には兵士だけではなく操縦士や技術者など多くの者が関わっている。情報を持つのは最小限の人間に限るべきという考え方もあれば、全員が共有すべきという考え方もある」

 作戦の標的となった国では、安全な隠れ家の確保や機材の調達などで地元民の協力を得ることがよくある。最近実行された作戦では、イスラエルがイランの反体制組織ムジャヒディン・ハルクと協力したとの報告もある。「どんな作戦でも、敵地では現地の人間の助けが不可欠だ」と、アビタルも否定しない。

 イスラエルはイランの報復を受ける覚悟はできているのか。アビタルは言う。「もしイランが科学者暗殺はイスラエルの仕業だと考えれば、何らかの行動を取ってくるだろう」

[2012年1月25日号掲載]

ニュース速報

ワールド

焦点:試されるOPEC価格維持の「本気度」

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

ビジネス

EU、公正な通商で米中に強硬姿勢を示唆 相互性重要

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 3

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 4

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にし…

  • 5

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 6

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 7

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 10

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月