最新記事

回顧

大はずれ!2010年の予測ワースト6

あの有名人の「迷予想」で振り返る大荒れの世界情勢

2010年12月20日(月)19時03分
ジョシュア・キーティング

こんなはずでは オバマの2010年は思い通りにならないことの連続だった? Jim Young-Reuters

 大物政治家の言葉がすべて正しいのなら、グアンタナモ収容所はとうに閉鎖され、アメリカの雇用は回復し、世界は核戦争で滅亡寸前のはず──。当たらなくてよかったものも含めて、まるで見当違いに終わった予言をリストアップした。2011年こそは、明るい予想が現実になりますように。


予測その1


「中国経済は減速し、今後9〜12カ月でバブルが崩壊する可能性が高い」

投資アナリストのマーク・フェーバー(5月3日、金融情報サービスのブルームバーグの取材に答えて)

 弱気な予測で知られるフェーバーがバブル崩壊を予言して以降、中国経済は確かに減速している。とはいえ、経済成長率はいまだに9・5%という驚異的な高さ。この数字は世界でもトップクラスで、8%成長という中国政府の経済目標も上回っている。運命の日が訪れるのは、まだ先のようだ。

 投資家のジェームズ・チャノスも弱気組の一人。中国の不動産バブルが2010年後半にはじけると予想し、「ドバイ危機の1000倍かそれ以上」の危機が来ると語っていた。実際の不動産相場は落ち着く兆しはあるとはいえ、今も上昇している。

 アナリストらは30年間ずっと、中国の奇跡の経済成長がついに終焉するという予測を繰り返してきたが、いまだに現実にならない。来年こそは当たるかも?!


予測その2


「(キューバの米海軍基地にある)グアンタナモ収容所を1年以内に閉鎖する。収容所閉鎖時に収容されている者は、本国へ送還、釈放、第3国に移送、あるいはアメリカ国内の別の収容所に収監する」

バラク・オバマ米大統領(09年1月22日に出した大統領令で)

 オバマはグアンタナモ閉鎖を売り文句にして大統領選を戦い、就任直後には公約の実現に自信満々だった。しかしオバマが約束した期限を迎えた今年1月22日、グアンタナモにはまだ196人が収容されていた。現在も174人が収容されているが、裁判で有罪が確定したのは3人だけだ。

 ブッシュ政権から引き継いだ法廷闘争や収容者の受け入れを渋る外国政府、9・11テロ首謀者のハリド・シェイク・モハメドなどのテロ容疑者を通常法廷で裁くことに対する共和党の反発まで、オバマの前には障害が山積みだ。12月には上院で、グアンタナモの閉鎖と一般法廷での裁判を取りやめる法案の審議がスタート。来年、共和党が下院の過半数を占める新会期が始まれば、オバマが約束を守るのはますます難しくなりそう。


予測その3


「今年の夏には、より多くの人々が働いているだろう」

ジョー・バイデン米副大統領(6月17日、ホワイトハウスのブリーフィングで)

 3〜5月に30万件以上の新規雇用が創出され、オバマ政権が「復活の夏」の到来を期待したのは無理もない。ところが、アメリカ経済は夏にかけて再び失速。8月までに民間雇用者数は3分の1に落ち込み、失業率は9・5%の高止まり。GDP成長率も2・4%増にとどまり、不況脱出には程遠い状況に陥った。

 しかも、「失意の夏」の後に来たのは「絶望の秋」。11月の失業率は9・8%に上昇し、有権者は中間選挙で民主党に厳しい審判を下した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国の過剰生産能力による世界経済への悪影響を懸念=

ワールド

アングル:太陽光発電大国オーストラリア、さらなる普

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ再び最高値、エヌビディア

ビジネス

NY外為市場=ドル指数横ばい、週足では年初来初の下
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロの仕事」「費用対効果が...」と反応さまざま

  • 3

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を受け、炎上・爆発するロシア軍T-90M戦車...映像を公開

  • 4

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 5

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 6

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな…

  • 7

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 8

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 9

    元CIA諜報員がウクライナ支援を解き明かす、バイデン…

  • 10

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中