最新記事

回顧

大はずれ!2010年の予測ワースト6

The 6 Worst Predictions for 2010

あの有名人の「迷予想」で振り返る大荒れの世界情勢

2010年12月20日(月)19時03分
ジョシュア・キーティング

 大物政治家の言葉がすべて正しいのなら、グアンタナモ収容所はとうに閉鎖され、アメリカの雇用は回復し、世界は核戦争で滅亡寸前のはず──。当たらなくてよかったものも含めて、まるで見当違いに終わった予言をリストアップした。2011年こそは、明るい予想が現実になりますように。


予測その1


「中国経済は減速し、今後9〜12カ月でバブルが崩壊する可能性が高い」

投資アナリストのマーク・フェーバー(5月3日、金融情報サービスのブルームバーグの取材に答えて)

 弱気な予測で知られるフェーバーがバブル崩壊を予言して以降、中国経済は確かに減速している。とはいえ、経済成長率はいまだに9・5%という驚異的な高さ。この数字は世界でもトップクラスで、8%成長という中国政府の経済目標も上回っている。運命の日が訪れるのは、まだ先のようだ。

 投資家のジェームズ・チャノスも弱気組の一人。中国の不動産バブルが2010年後半にはじけると予想し、「ドバイ危機の1000倍かそれ以上」の危機が来ると語っていた。実際の不動産相場は落ち着く兆しはあるとはいえ、今も上昇している。

 アナリストらは30年間ずっと、中国の奇跡の経済成長がついに終焉するという予測を繰り返してきたが、いまだに現実にならない。来年こそは当たるかも?!


予測その2


「(キューバの米海軍基地にある)グアンタナモ収容所を1年以内に閉鎖する。収容所閉鎖時に収容されている者は、本国へ送還、釈放、第3国に移送、あるいはアメリカ国内の別の収容所に収監する」

バラク・オバマ米大統領(09年1月22日に出した大統領令で)

 オバマはグアンタナモ閉鎖を売り文句にして大統領選を戦い、就任直後には公約の実現に自信満々だった。しかしオバマが約束した期限を迎えた今年1月22日、グアンタナモにはまだ196人が収容されていた。現在も174人が収容されているが、裁判で有罪が確定したのは3人だけだ。

 ブッシュ政権から引き継いだ法廷闘争や収容者の受け入れを渋る外国政府、9・11テロ首謀者のハリド・シェイク・モハメドなどのテロ容疑者を通常法廷で裁くことに対する共和党の反発まで、オバマの前には障害が山積みだ。12月には上院で、グアンタナモの閉鎖と一般法廷での裁判を取りやめる法案の審議がスタート。来年、共和党が下院の過半数を占める新会期が始まれば、オバマが約束を守るのはますます難しくなりそう。


予測その3


「今年の夏には、より多くの人々が働いているだろう」

ジョー・バイデン米副大統領(6月17日、ホワイトハウスのブリーフィングで)

 3〜5月に30万件以上の新規雇用が創出され、オバマ政権が「復活の夏」の到来を期待したのは無理もない。ところが、アメリカ経済は夏にかけて再び失速。8月までに民間雇用者数は3分の1に落ち込み、失業率は9・5%の高止まり。GDP成長率も2・4%増にとどまり、不況脱出には程遠い状況に陥った。

 しかも、「失意の夏」の後に来たのは「絶望の秋」。11月の失業率は9・8%に上昇し、有権者は中間選挙で民主党に厳しい審判を下した。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮大使、米韓軍事演習続く限り交渉しないと言明

ビジネス

焦点:中国金融機関の外資規制緩和、早期活用は厳しい

ワールド

特別リポート:サウジ「王室分裂」の裏側、汚職口実に

ビジネス

中国人民銀、穏健で中立的な金融政策を維持へ=四半期

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 9

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 10

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 6

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 7

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 8

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 9

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 10

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月