最新記事

W杯

最も寝たくないサッカー選手10人

The 10 Least Sexy World Cup Players

ルーニー、闘莉王、マラドーナ──正直な気持ちで選んだ「セクシーでない選手」ランキング

2010年6月24日(木)18時06分
グローバルポスト・ドットコム編集部

 サッカー・ワールドカップの報道を見ていると、サッカー選手は誰もが筋骨隆々でセックスアピール満々のイケメンぞろい、というイメージを抱きがち。

 でも、それは勘違いだ。ここで紹介する面々は、バニティ・フェアコスモポリタン、ウェブ新聞のデイリー・ビーストなどの「セクシーな選手」ランキングに登場することはない。

 我々が彼らを選んだのは、何らかの理由で「セクシーでない」から。ルックスがイケてない選手もいれば、内面的な問題で選ばれた選手もいる。ピッチの上ではスーパープレイを期待したいが、下着姿を披露するのは勘弁してほしい。

1)フランク・リベリ(フランス)

 頬の傷は2歳のときに自動車事故で大怪我を負ったときのもの。ただし、フランスチームの大黒柱がリスト入りしたのは、そのせいではない。今年4月、未成年の少女との買春が発覚したのだ。最悪。
 
2)ウェイン・ルーニー(イングランド)

完璧なまでに丸い顔から突き出した耳は、まるでシュレック。実際、女性2500人を対象にしたアンケートでは、33%がルーニーを「世界で最も醜いサッカー選手」に選んだ。それでも、抜群の得点力のおかげでファンの支持は絶大だ(W杯では調子がイマイチだが)。

3)カルレス・プジョル(スペイン)

 W杯初戦でスイスに敗れたスペイン代表。チームがまとまらないのは、毛むくじゃらのDF、プジョルの髪がまとまらないせいではないだろうが......。

4)カルロス・テベス(アルゼンチン)

 髪の生え際がV字になった富士額と、一本につながった眉。それだけでリスト入りの資格は十分。

5)李雲在(イ・ウンジェ、韓国)

 鉄壁の守りで知られる韓国のベテランGKのニックネームは「蜘蛛の手」。だが2007年には、その手で自身の名誉を汚すことに。アジアカップの試合前夜にチームメートと一緒に買春宿を訪れていたのだ。

6)ピーター・クラウチ(イングランド)

 身長201センチという大会屈指の長身選手は、ひょろ長くて何とも不恰好だ。本人も自覚しているようで、「サッカー選手になっていなかったら、今頃どうしていただろうか」という質問に対して、「童貞だと思う」と答えたことも。

7)田中マルクス闘莉王(日本)

わずか1カ月前、闘莉王はJリーグのピッチでわがままな子供のように振舞っていた。芝の上を転げまわったり、ユニフォームを脱いだりして審判に猛抗議。このパフォーマンスのせいで、世界のサッカー情報をまとめたサイトで「今週の駄々っ子」に選ばれた。なんとセクシーな。

8)鄭大世(チョン・テセ、北朝鮮)

対ブラジル戦の試合前の国歌斉唱で号泣する姿はセクシーとは言い難いが、あの涙は本物だ。韓国籍の父と北朝鮮籍の母をもつ日本生まれの在日3世。本人は韓国籍だが、金正日のチームでプレイしたいと志願し、特例で北朝鮮代表入りを果たした。本気?

9)ソティリオス・キルギアコス(ギリシャ)

老け顔の31歳のキルギアコスも、30代のベテラン選手が多いギリシャチームではめずらしい存在ではない。なにしろ監督も71歳。朝早くに目が覚める男をセクシーと思うなら、ギリシャ代表を応援しよう。

10)ディエゴ・マラドーナ(アルゼンチン代表監督)

自身が率いるアルゼンチン代表チームがW杯を制したら、ブエノスアイレスの中心街を裸で走ると約束したマラドーナ。お願いだからパンツを脱がないで。

番外)コマン・クリバリ(審判)

6月19日のアメリカ・スロベニア戦で、アメリカの逆転ゴールを取り消した判定が論争の的に。少なくともアメリカ人にとっては、世界で最もセクシーでない審判だ。


GlobalPost.com特約)

ニュース速報

ワールド

焦点:試されるOPEC価格維持の「本気度」

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

ビジネス

EU、公正な通商で米中に強硬姿勢を示唆 相互性重要

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 3

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 4

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にし…

  • 5

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 6

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 7

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 10

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月