最新記事

W杯

最も寝たくないサッカー選手10人

The 10 Least Sexy World Cup Players

ルーニー、闘莉王、マラドーナ──正直な気持ちで選んだ「セクシーでない選手」ランキング

2010年6月24日(木)18時06分
グローバルポスト・ドットコム編集部

 サッカー・ワールドカップの報道を見ていると、サッカー選手は誰もが筋骨隆々でセックスアピール満々のイケメンぞろい、というイメージを抱きがち。

 でも、それは勘違いだ。ここで紹介する面々は、バニティ・フェアコスモポリタン、ウェブ新聞のデイリー・ビーストなどの「セクシーな選手」ランキングに登場することはない。

 我々が彼らを選んだのは、何らかの理由で「セクシーでない」から。ルックスがイケてない選手もいれば、内面的な問題で選ばれた選手もいる。ピッチの上ではスーパープレイを期待したいが、下着姿を披露するのは勘弁してほしい。

1)フランク・リベリ(フランス)

 頬の傷は2歳のときに自動車事故で大怪我を負ったときのもの。ただし、フランスチームの大黒柱がリスト入りしたのは、そのせいではない。今年4月、未成年の少女との買春が発覚したのだ。最悪。
 
2)ウェイン・ルーニー(イングランド)

完璧なまでに丸い顔から突き出した耳は、まるでシュレック。実際、女性2500人を対象にしたアンケートでは、33%がルーニーを「世界で最も醜いサッカー選手」に選んだ。それでも、抜群の得点力のおかげでファンの支持は絶大だ(W杯では調子がイマイチだが)。

3)カルレス・プジョル(スペイン)

 W杯初戦でスイスに敗れたスペイン代表。チームがまとまらないのは、毛むくじゃらのDF、プジョルの髪がまとまらないせいではないだろうが......。

4)カルロス・テベス(アルゼンチン)

 髪の生え際がV字になった富士額と、一本につながった眉。それだけでリスト入りの資格は十分。

5)李雲在(イ・ウンジェ、韓国)

 鉄壁の守りで知られる韓国のベテランGKのニックネームは「蜘蛛の手」。だが2007年には、その手で自身の名誉を汚すことに。アジアカップの試合前夜にチームメートと一緒に買春宿を訪れていたのだ。

6)ピーター・クラウチ(イングランド)

 身長201センチという大会屈指の長身選手は、ひょろ長くて何とも不恰好だ。本人も自覚しているようで、「サッカー選手になっていなかったら、今頃どうしていただろうか」という質問に対して、「童貞だと思う」と答えたことも。

7)田中マルクス闘莉王(日本)

わずか1カ月前、闘莉王はJリーグのピッチでわがままな子供のように振舞っていた。芝の上を転げまわったり、ユニフォームを脱いだりして審判に猛抗議。このパフォーマンスのせいで、世界のサッカー情報をまとめたサイトで「今週の駄々っ子」に選ばれた。なんとセクシーな。

8)鄭大世(チョン・テセ、北朝鮮)

対ブラジル戦の試合前の国歌斉唱で号泣する姿はセクシーとは言い難いが、あの涙は本物だ。韓国籍の父と北朝鮮籍の母をもつ日本生まれの在日3世。本人は韓国籍だが、金正日のチームでプレイしたいと志願し、特例で北朝鮮代表入りを果たした。本気?

9)ソティリオス・キルギアコス(ギリシャ)

老け顔の31歳のキルギアコスも、30代のベテラン選手が多いギリシャチームではめずらしい存在ではない。なにしろ監督も71歳。朝早くに目が覚める男をセクシーと思うなら、ギリシャ代表を応援しよう。

10)ディエゴ・マラドーナ(アルゼンチン代表監督)

自身が率いるアルゼンチン代表チームがW杯を制したら、ブエノスアイレスの中心街を裸で走ると約束したマラドーナ。お願いだからパンツを脱がないで。

番外)コマン・クリバリ(審判)

6月19日のアメリカ・スロベニア戦で、アメリカの逆転ゴールを取り消した判定が論争の的に。少なくともアメリカ人にとっては、世界で最もセクシーでない審判だ。


GlobalPost.com特約)

ニュース速報

ビジネス

アングル:ジャクソンホール、欧米中銀トップのメッセ

ビジネス

ドンキホーテHD、ユニー株式の40%を取得 GMS

ビジネス

米ディズニー、「スター・ウォーズ」キャラ捕獲イベン

ビジネス

欧州航空当局、A350のシステム更新を指示 油圧系

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為が危ない流行?

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    コンゴ「武器としての性暴力」と闘う医師に学ぶこと

  • 5

    タンザニアで迫害されるアルビノの命の歌

  • 6

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 7

    米財務長官の美人妻、高級ブランド自慢で中間層を敵…

  • 8

    「普通の国」日本の戦争できない未来

  • 9

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 10

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 7

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 10

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 4

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 7

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 8

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 9

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

  • 10

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月