最新記事

アフガニスタン

アメリカは慈善団体ではない

"To Encourage the Others"

負け犬に資源を浪費するな。撤退しても、困るのはアメリカではなく相手国のほうだ

2009年10月22日(木)16時02分
スティーブン・ウォルト(ハーバード大学ケネディ行政大学院教授=国際関係論)

 アメリカのアフガニスタンに対する無制限の関与を正当化するために、怪しげな議論が続々と展開されている。その一つは、アフガニスタンからの撤退は、アメリカの信用に傷をつけ、他の親米国家もアメリカの持久力を疑い出す、というものだ。

 アメリカがアフガニスタンから手を引けば、弱くて無防備な2、3の国家の指導者が、アメリカ依存を見直そうとする可能性はある。だが、それは必ずしも悪いことなのだろうか。

 アメリカは何十年も、「信用」を維持しなければならないという強迫観念に取りつかれてきた。だがアメリカの信用は、われわれの問題というよりアメリカに依存する国々の問題だ。超大国であることの利点の一つは、アメリカの国益の一部が他の国々の運命に左右されるときでさえ、彼らのほうがアメリカが必要とするより多くの支援をわれわれから必要としているということだ。

 アフガニスタンの場合、アメリカは、度重なる改革要求にも抵抗し続けた無能で腐敗した政府のために戦っている。もし彼らへの支援をやめて政府が崩壊すれば、アメリカに依存する他の国家には強力なメッセージになる。自らの行いを正す能力も気概もない国を、アンクル・サムが永遠に支え続けると思ったら大間違い、ということだ。

ホルブルックの旅券は取り上げろ

 これはパキスタン政府にも有益な影響をもたらすかもしれないし、われわれはアフパック(アフガニスタンとパキスタン)の内情に始終干渉する負担と、それによってかえってこの地域で嫌われるという損な役回りから解放される(そういう意味では、誰かが、パキスタン・アフガニスタン問題担当のリチャード・ホルブルック特別代表のパスポートを取り上げるべきだ。彼がこの地域を訪問すればするほど、パキスタン人の反米感情が高まるようだから)。

 アフガニスタンからの撤退は、アメリカの意気阻喪のシグナルにはならない代わり、各国政府にアメリカは慈善団体ではないことを思い知らせる効果をもつだろう。アメリカ人には、われわれと利害を共にする有能で効率的な指導者を支援する意思がある。だが、無能さを果てしなく援助し続ける義理はない。

 要するに、親米か反米かを問わず、われわれのメッセージはこうだ。アメリカは勝者を支持するが、負け犬に資源を浪費するつもりはない。われわれの支援が欲しければ、まず自らの行いを正せ。そうはっきり知らせることの、どこが悪いのか。

Reprinted with permission from Stephen M. Walt's blog, 22/10/2009. © 2009 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

ニュース速報

ワールド

北朝鮮局長「核保有は死活問題」、米国と協議計画せず

ワールド

焦点:中国の「バブル世代」、苦労知らずの若者が抱く

ワールド

アングル:中国バブル世代、若者が語る「夢と現実」

ビジネス

FRBトップにパウエル・テイラー両氏、トランプ氏が

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    「新時代の中国」は世界の人権を踏みにじる

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    トランプの強気が招く偶発的核戦争

  • 5

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 6

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    北朝鮮、オーストラリア議会などに書簡「米国からの…

  • 9

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 10

    ケリー首席補佐官が初会見で語った、北朝鮮とトランプ

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 3

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 4

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 7

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 8

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 9

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 10

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月