最新記事

アフガニスタン

アメリカは慈善団体ではない

"To Encourage the Others"

負け犬に資源を浪費するな。撤退しても、困るのはアメリカではなく相手国のほうだ

2009年10月22日(木)16時02分
スティーブン・ウォルト(ハーバード大学ケネディ行政大学院教授=国際関係論)

 アメリカのアフガニスタンに対する無制限の関与を正当化するために、怪しげな議論が続々と展開されている。その一つは、アフガニスタンからの撤退は、アメリカの信用に傷をつけ、他の親米国家もアメリカの持久力を疑い出す、というものだ。

 アメリカがアフガニスタンから手を引けば、弱くて無防備な2、3の国家の指導者が、アメリカ依存を見直そうとする可能性はある。だが、それは必ずしも悪いことなのだろうか。

 アメリカは何十年も、「信用」を維持しなければならないという強迫観念に取りつかれてきた。だがアメリカの信用は、われわれの問題というよりアメリカに依存する国々の問題だ。超大国であることの利点の一つは、アメリカの国益の一部が他の国々の運命に左右されるときでさえ、彼らのほうがアメリカが必要とするより多くの支援をわれわれから必要としているということだ。

 アフガニスタンの場合、アメリカは、度重なる改革要求にも抵抗し続けた無能で腐敗した政府のために戦っている。もし彼らへの支援をやめて政府が崩壊すれば、アメリカに依存する他の国家には強力なメッセージになる。自らの行いを正す能力も気概もない国を、アンクル・サムが永遠に支え続けると思ったら大間違い、ということだ。

ホルブルックの旅券は取り上げろ

 これはパキスタン政府にも有益な影響をもたらすかもしれないし、われわれはアフパック(アフガニスタンとパキスタン)の内情に始終干渉する負担と、それによってかえってこの地域で嫌われるという損な役回りから解放される(そういう意味では、誰かが、パキスタン・アフガニスタン問題担当のリチャード・ホルブルック特別代表のパスポートを取り上げるべきだ。彼がこの地域を訪問すればするほど、パキスタン人の反米感情が高まるようだから)。

 アフガニスタンからの撤退は、アメリカの意気阻喪のシグナルにはならない代わり、各国政府にアメリカは慈善団体ではないことを思い知らせる効果をもつだろう。アメリカ人には、われわれと利害を共にする有能で効率的な指導者を支援する意思がある。だが、無能さを果てしなく援助し続ける義理はない。

 要するに、親米か反米かを問わず、われわれのメッセージはこうだ。アメリカは勝者を支持するが、負け犬に資源を浪費するつもりはない。われわれの支援が欲しければ、まず自らの行いを正せ。そうはっきり知らせることの、どこが悪いのか。

Reprinted with permission from Stephen M. Walt's blog, 22/10/2009. © 2009 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

ニュース速報

ワールド

IS最高指導者の生存を想定=マティス米国防長官

ビジネス

人民元対ドル基準値、9カ月ぶりの元高水準に設定

ビジネス

米運輸省が国内航空3社に罰金、過剰予約時の対応など

ワールド

米、ベネズエラに金融制裁検討 政権強権化阻止へ=関

MAGAZINE

特集:劉暁波死去 中国民主化の墓標

2017-7・25号(7/19発売)

ノーベル平和賞受賞者・劉暁波の「非業の死」は中国民主化の終わりか、新たな始まりか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見えない懐事情

  • 3

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 4

    次の覇権国はアメリカか中国か 勝敗を占う「カネの…

  • 5

    ファミマがIT駆使で業務見直し加速 アナログ重視し…

  • 6

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 7

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    シャーロックとワトソンの名探偵コンビ、ドラマは衝…

  • 10

    エルサレムでの衝突はどこまで広がるのか──パレスチ…

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 3

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 4

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 5

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 6

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 9

    アメリカの部活動は、なぜ「ブラック化」しないのか

  • 10

    中国が「くまのプーさん」を検閲で禁じたもう1つの理由

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 3

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 4

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 5

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 8

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 9

    資本主義はついにここまで来た。「自分」を売り出すV…

  • 10

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月