最新記事

インド

汚職が1日8000人を殺す国

蔓延する役人の公金横領を撲滅するためインド政府はさまざまな取り組みを続けているが、汚職撲滅への道は遠く険しい

2009年10月16日(金)16時44分
ジェーソン・オーバードーフ(ニューデリー支局)

役人天国 シン首相は根深い汚職をなくすことができるか B Mathur-Reuters

 蔓延する汚職によって、インドでは間接的に1日8000人が殺されている――専門家がこう試算するのは、インドの役人が食料支援のための援助金を横領するから。インド政府は今、新しい方法でこういった汚職を減らそうとしている。福祉事業にかかる予算額を査定する代わりに、法律をうまく使って雇用、教育、食料支援の分野で政府機関の正しいサービスを保証するやり方だ。

コンセプト

 この手法の中心になるのは、05年に施行された農村雇用保障法(NREGA)。NREGAは貧困ライン以下の農村世帯に100日間の雇用を保証し、もし給与が途中で横領されれば政府が補填しなければならない。「政府は公共福祉事業における横領に対し、かつてない懸念を示している」と、この法律の策定に関わった経済学者のジーン・ドレーズは言う。

現状

 楽観視できない。もちろん政府は、福祉受益者の銀行口座を作って直接お金を支払ったり、役人が架空の受領者に成りすますのを防ぐためウェブカメラやICカードを導入する、といった方法で汚職撲滅に力を注いでいる。それでも不正は相変わらずはびこっている。

 最近の調査によると、主要地域ではNREGA資金の40%が横領され、07年以降何百件もの苦情が放置されたままになっている。最もひどいのは、選挙で選ばれた村の役職者がNREGA資金の大半を自分の懐に入れていたケース。権力分散によって権力の相互監視が強まる、という希望が打ち砕かれてしまった。

 汚職防止に取り組んでいる人たちもいる。だが中央政府と26の州政府を相手取って訴訟を起こしたパーシュラム・レイによれば、NREGAの施行状況を監視するための監査はほとんど行われていない。苦情申し立ては「非効率的で延々と続く手続き」によって事実上放置されていると、レイの訴状には記載されている。「罪を犯した役人の起訴にいたるのはきわめてまれだ」

結論

 マンモハン・シン首相の人権重視の法制度では、機能不全を起こしたインドの官僚制度は変わらない。変えるためには、インドにとって何よりも重要な改革――法律を公正かつ迅速に執行する裁判制度づくり――を成功させねばならない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ローマ教皇、近い将来の退任を否定

ビジネス

ロシア産石油の価格上限、報復なら原油380ドルも=

ワールド

岸田首相の石油価格上限「半分」発言、ロシア大統領府

ビジネス

独政府、エネ安保法改正でウニパー救済検討 株式取得

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 3

    右足のない人骨は古代中国「五刑」の犠牲者だった......身の毛もよだつその内容

  • 4

    「タンパク質ダイエットには腸活が欠かせない」 順天…

  • 5

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 6

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 7

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 10

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 9

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 10

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月