最新記事

米社会

出会い系で「ちょいブス」がモテる理由

人生では美人ほど得なのが普通だがネット上では別。男受けするのは好みの分かれる顔だった

2011年2月18日(金)14時31分
ジェシカ・ベネット

新発見 欠点は隠さないほうが得策とか Getty Images

 あるエコノミストの試算によれば、容姿端麗な人の生涯収入は、そうでない人より25万ドルほど多いという。美しい人に抱かれると赤ちゃんの泣く時間が短くなるとか、顔立ちの整った子供は教師から目をかけてもらえるおかげで成績がいいという説もある。

 昨年末に発表されたある調査によれば、美しい人は周囲から性格の細かな部分まで気付いてもらえるという。人は美しい顔を見ながらだとじっくり話を聴く傾向があるからだ。恋愛に限らず人生全般において、美男美女は大いに得をしているようだ。

 ところがインターネットの出会い系サイトに話を限定すると、美しさで損をすることもあるらしい。全米第2位の人気出会い系サイト「OKキューピッド」は数万人のデータを基に、多くの男性から「きれいだ」と思われているのはどんな女性か、そして男性たちが実際に連絡を取ろうとするのはどんな女性かについて分析を試みた。

 同サイトは20代で異性愛者の女性会員4万3000人のプロフィールデータを使い、男性が付けた点数(このサイトでは、交際を申し込んだ人とその相手が互いのプロフィールを5点満点で採点できるようになっている)を集計。その点数と、女性たちが前の月に男性たちから受け取ったメッセージの数を比較した。
 
 その結果、容姿への評価が人によって分かれる女性ほど男性にもてる(つまり受け取ったメッセージが多い)ことが明らかになった。男性たちは誰が見ても美人と認めるような女性を避け、人によって付ける点数がバラバラの女性を選ぶ傾向があった。言い換えれば、一部の男性に「不細工」だと思われる顔立ちが、明らかに女性にとって有利に働いたのだ。

 これはパートナー募集中の女性にとってどんな意味があるだろう?「自分の欠点を隠そうとするのが一番まずいことを示す数学的証拠だ」と、OKキューピッドの共同創設者であるクリスチャン・ラダーは書いている。「ちょっとぽっちゃりしているなら、そこを売り込めばいい。鼻が大きいなら鼻を、歯並びが悪いならそれをはっきり見せるべきだ。統計を見る限り、そうした外見上の『欠点』を嫌う男性がいても問題にはならないし、かえってそれが好みだという男性には大受けするだろう」

男の側も積極的になる

 もっともOKキューピッドの調査は科学的な研究とは言い難い。それでもこの調査は、コロラド大学デンバー経営大学院の研究結果と同じ方向性を示している。コロラド大学の研究では、職種によっては美人は採用されにくいことが明らかになった。つまり美しい女性がいつも得をするとは限らないということだ。

 もちろん生物学的に言えば男性は、左右対称の顔立ちをした体の曲線の美しい女性を美しいと考え、好む傾向がある。そのほうが、健康な子孫を得られる可能性が高いと思われているからだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=ダウ1カ月ぶり高値、出遅れ銘柄に買い

ビジネス

再送-カナダ経済、雇用拡大と経済成長可能 インフレ

ワールド

国連とイスラエルの緊張悪化、事務総長が偽情報を非難

ワールド

バイデン陣営、トランプ氏「口撃」 中絶問題巡り 最
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:小池百合子の最終章
特集:小池百合子の最終章
2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    韓国、リチウム電池工場で爆発事故 火災により22名が死亡、1人行方不明
  • 2
    ワニの襲撃で男性が腕を失う...発見者が目撃した衝撃の光景
  • 3
    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている
  • 4
    登山者を悩ませる「ヒル」、実はジャンプできると判…
  • 5
    貨物コンテナを蜂の巣のように改造した自爆ドローン…
  • 6
    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由
  • 7
    「観光客は家に帰れ!」 バルセロナ市民がオーバーツ…
  • 8
    「隣は嫌だ!」「入口に陣取る」...理想的な「管理職…
  • 9
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 10
    キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...…
  • 1
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会
  • 2
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 3
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒
  • 4
    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…
  • 5
    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…
  • 6
    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…
  • 7
    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…
  • 8
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 9
    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に
  • 2
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア
  • 3
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間
  • 4
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…
  • 8
    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…
  • 9
    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 10
    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中