最新記事

健康

女版バイアグラは必要なし

The Selling of the Female Orgasm

製薬業界は女性の性感を高める新薬開発に熱心だが、女性の「性的機能不全」なんてでっち上げにすぎない

2010年7月16日(金)12時42分
バーバラ・カントロウィッツ(本誌コラムニスト)、パット・ウィンガート(ワシントン支局)

 リズ・キャナーのドキュメンタリー映画『オーガズム・インク』に登場するシャーレッタは、目を背けたくなるほど気の毒だ。

 いま60代の彼女の悩みは、夫との性行為でオーガズムを感じないこと。そこで脊椎に電極を埋め込んで性的快感を得る装置「オーガズマトロン」の被験者になった。ところが、スイッチを入れても左脚がピクピク動くだけだった。

 装置を外したシャーレッタが、キャナーに嘆く。「私って、異常なだけじゃなく病気なのね」

 しかし彼女は、ほかの方法ならオーガズムを得られるという。ならば、とキャナーは言った。あなたは少しも異常じゃない、女の10人に7人は性交じゃ「感じない」のだから、と。そう聞いたシャーレッタは笑顔になり、じゃあ今のままでいいのね、と納得する。こんなふうに堂々と言える女性が多ければ、映画の完成までに10年もかからずに済んだろうに。

 5月27日にニューヨークで初上映された『オーガズム・インク』は、「女性版バイアグラ」の開発に躍起の製薬業界に対する反撃だ。この映画を撮ることになったきっかけは、女性向けの「快感クリーム」の開発過程で使うエロチックなビデオの制作を、製薬会社ビブスから依頼されたことだった。

 ビブスは男の尿道に薬を入れて勃起力を高める薬「ミューズ」で成功した企業。しかし98年にファイザー製薬のバイアグラが登場すると売れ行きは鈍った。そこで同社は、同じような女性向けの薬を開発しようとしていた。

 しかしキャナーは、「女性の性的機能不全症」に効く薬と聞いて不審に思った。「女性の43%がその病気だと言われた」とキャナー。「初耳だったし、何だかおかしいと思った」

 キャナーが調べてみると、「43%」というのは1994年の調査に出てくる数字で、性欲減退や性交痛など、あらゆる種類の訴えを含む数字だと分かった。

女が感じない原因は複雑

 「女の性的機能不全」は製薬会社のでっち上げだ、とキャナーは考えている。「要するにマーケティングの問題。女の『機能不全』という概念を売り込みたいだけ」

 バイアグラの大成功で、女性版の開発競争にも火が付いた。しかしファイザーは8年間の研究の末に断念し、ビブスも「快感クリーム」を諦めた。プロクター・アンド・ギャンブルの「イントリンサ」も、アメリカでは04年に承認が却下されている。それでも今は、ベーリンガー・インゲルハイム社(ドイツ)の「フリバンセリン」が米食品医薬品局(FDA)の承認を待っている。

 抗鬱剤として開発されたこの薬、鬱病には効力がなかったが、女性の性欲を高めることが判明。そのため同社は方向転換し、昨年後半に臨床試験の結果を発表した。

 それによると、約半年にわたりフリバンセリンを服用した北米の女性では、性的満足が得られるセックスの平均回数が1カ月につき2・8回から4・5回に増えたという。ただしプラシーボ(偽薬)でも3・7回に増えていたという。3・7回と4・5回。このわずかな差にどんな意味があるのか。FDAは難しい判断を迫られる。

 キャナーのドキュメンタリーに登場する女性の1人に、ニューヨーク大学医学大学院のレオノール・ティファー准教授(精神医学)がいる。彼女は、映画『オーガズム・インク』を見て触発された人たちがフリバンセリンの審査中に「ワシントンにやって来て反対行動をする」よう願っている。

 ティファーによれば、女の性的快楽の問題は単一の薬では解決できない。男の勃起不全と違って、女がセックスを楽しめない原因は身体的なものから情緒的なものまで多岐にわたるからだ。

ニュース速報

ワールド

日米欧、過剰生産問題で共同声明発表へ 中国名指しせ

ワールド

米国、前提条件なしで北朝鮮と直接対話の用意=国務長

ワールド

米大統領、政府機関でのカスペルスキー製品利用禁止法

ビジネス

米ダウとS&P最高値、銀行株が上昇

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 2

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 3

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘――中国の日本人経営者が語る

  • 4

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 6

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 7

    小さな飛行士が壮大な宇宙の旅に

  • 8

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 9

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 10

    料理は科学!スクランブルエッグは空気と塩でこんな…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ起きるかだ」

  • 4

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    2017年は中流でもビットコインを買える最後の年にな…

  • 7

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 8

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 9

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 10

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 9

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 10

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月