最新記事

未来予測

開発が進む最新軍事テクノロジー「昆虫サイボーグ」【未来予報図03】

2022年3月10日(木)16時35分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

写真はイメージです posteriori-iStock.

<マイクロコンピュータをつなぎ、生きている昆虫の行動を操るサイボーグの研究開発が進んでいる。予想される用途は、軍事攻撃から浮気調査まで。一体どんなテクノロジーなのか>

透明人間サービス、臓器チップ、料理テック、空飛ぶタクシー、体温発電、見たい夢を見る装置、深海未来都市......。

これらはすべて、齊田興哉氏の新刊『ビジネスモデルの未来予報図51』(CCCメディアハウス)で取り上げられているテクノロジーだ。

齊田氏はJAXA(宇宙航空研究開発機構)で人工衛星の開発に携わった後、宇宙ビジネスに関する専門家として活躍。多方面の最新テクノロジーに精通しており、テクノロジーの発展と、それによって起こるビジネスモデルの変化を知り、仕事やキャリアに生かしてほしいと話す。

テクノロジーは驚くべきスピードで「進化」している。今も世界中の企業が、SFを思わせるような未来のテクノロジーを開発しているが、それらによって未来のビジネスがどう変わっていくかは、実はある程度「予測」できる。

ここでは、『ビジネスモデルの未来予報図51』(CCCメディアハウス)から3回にわたって抜粋する。51の最新テクノロジーとそれらの「ビジネスの未来予報」を分かりやすく解説した1冊だ。

抜粋の第3回は、昆虫サイボーグについて。

※第1回:2030~2040年には、犬・猫との双方向の会話が実現する【未来予報図01】
※第2回:世界を変えるテクノロジー、「台風の制御」実現は遠い未来ではない【未来予報図02】

◇ ◇ ◇

昆虫の行動を、マイクロコンピュータで操る

昆虫サイボーグとは、昆虫の体もしくは体の一部とマイクロコンピュータの電子回路系を接続し、行動をコントロールするもの。まるで漫画の人造人間のように、生きている昆虫の一部を改造して、生きたまま操る。そんな姿をイメージしていただいて構わない。

昆虫サイボーグのメリットは、小型で低コストであることと、大量生産に適していることが挙げられる。

日本のLESS TECHは、昆虫サイボーグを開発している。昆虫サイボーグにあらかじめインプットされたアルゴリズムによって、自動で障害を避けたり越えたりして、目的地まで移動できる。

昆虫サイボーグには、あらかじめ決められたS字や8の字に沿って移動することや、ある限定された領域に留まること、ジョイスティック(スティックを傾けることで、方向を操作したり制御したりする装置のこと)を使って遠隔で操作できることなどがインプットされている。また、約10cm/sのスピードで動くことができるという。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

G7と豪、ロシア産石油上限60ドルで合意 EUも参

ワールド

中国、北京や深センなどでコロナ規制緩和 

ワールド

EU、ロ産原油価格上限で週末にも正式合意 禁輸後の

ワールド

アングル:ハッカーの標的にされた豪、データ漏えいに

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見せた神対応」

  • 3

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、ドレスを吹き付けられる

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    息子たちは「もうやめて」と懇願...それでもブリトニ…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 8

    「すごくダサい」「神」 極小ビキニで雑誌の表紙を飾…

  • 9

    テスラ初の大型EVトラック出荷開始 貨物30トン牽引…

  • 10

    「一本勝ち!」バンクシーが自作と認めた、ボロディ…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 5

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月