最新記事

キャリア

脱毛レベルのストレスから蘇った私が身に付けた3つの習慣

Poductivity Lessons I Learned the Hard Way

あの時、私は誓った。ストレスを溜めずにいい仕事をする、と……

2015年9月2日(水)17時17分
リリー・ハーマン

印刷

詰め込み過ぎ どんなにToDoリストが立派でも、常に疲れていたのでは意味がない diego_cervo-iStockphoto

 1年ほど前。髪をポニーテールにまとめようと手を後ろに伸ばした時、ひと握りの髪の毛がごっそり抜けた。私は自分の目を疑った。髪の毛が抜けるほどストレスを溜め過ぎてしまっていたのだ。

 あの頃はいつも疲れていて、すべてが行き詰っていた。けれど身体が悲鳴を上げたこの時から、もう気づかないふりはできなくなった。自分で自分をどれほどひどく痛めつけていたかを痛感した。返信すべき優先メールは常に40件以上たまっていたし、報告書も締め切りぎりぎりになってしまうありさま。期限に遅れたり、全力でプロジェクトに取り組めなかったりで、申し訳ない気持ちが始終つきまとっていた。

 あの脱毛以来、私は自分に誓った。ストレスが溜まらないよううまく仕事のやり方を変えること。そのためには、直さなければならない習慣が3つかあった。みなさんの役にも立つかもしれない。

ToDoリストの項目数を絞り込むと先の見通しが立つ

「ToDoリストなんか作らなくても、覚えていられる」──かつて私はそう考えていた。しかし実際には、本当に大事な用件を忘れることが多く、大きなストレスを感じていた上、「ギリギリ間に合えばいいや」と開き直っていた。

 髪の毛がごっそり抜けたころ、私は心を入れ替えて、自分のMacBookの「リマインダー」アプリをToDoリストとして使うようになった。最初のうちは、まったく使いこなせなかった。毎日山のように「やるべきこと」を詰め込んでしまい、リストの項目を1つも「済み」にできずに一日が終わっていた。そうしたつまずきの後で、ただToDoリストを作るだけでは不十分だということを学んだ。多くの人が言う通り、自分に合った活用法を見つけなければならないのだ。

 工夫するうちに、うまいリズムができてきた。毎日、重要なタスクを1つか2つと、それほど重要ではないタスクを2つか3つに絞ることにした。また、ToDoリストにタスクが6つ以上並ぶ日が、月に数回より増えないよう心がけた。すると、何週間も前からスケジュールを組み、状況に応じて調整することができるようになっていた。おかげで、大事なタスクは前もって片づける余裕が生まれ、先の予定の見通しを立てられるようになった。

 要は、自分に合ったシステムを時間をかけて探り当て、どのくらいの作業量なら実際に処理できて、ストレスを溜めずにいられるのかを把握しなければならない。

最新ニュース

ビジネス

焦点:タカタ再建、不安残る事故再発防止策 製品交換ルールなど課題

2017.06.25

ワールド

焦点:試されるOPEC価格維持の「本気度」

2017.06.24

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

2017.06.24

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セントルイス連銀総裁

2017.06.24

新着

トランプのロシア疑惑隠しか?FBI長官の解任で揺らぐ捜査の独立

2017.05.10
韓国大統領選

アメコミからポケモンまで、韓国の大統領選は世界一面白い!

2017.05.10
ペット

垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛護団体から残酷との声

2017.05.10
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2017.6.27号(6/20発売)

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017.6.27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

インテリジェンス 米中スパイ戦争は終わらない
日中関係 「日本人スパイ」という名の人質
諜報活動 アメリカを狙う中国スパイの猛攻
台中関係 攻め入る中国に台湾は警戒心なし
デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース