注目のキーワード
文字サイズ

最新記事

シネマ&ドラマ

    科学

    新薬実験はマウスの代わりに「臓器チップ」で

    Building the Better Mouse

    マイクロチップを使った疑似臓器で新薬試験のコストダウンと信頼性向上を目指す

    2015年7月29日(水)17時02分
    ジェシカ・ファーガー(ヘルス担当)

    印刷

     新薬開発はいばらの道だ。アメリカの場合、新たに開発した薬が臨床試験を経て米食品医薬品局(FDA)に認可されるまでに、15年の歳月と50億ドルの費用が掛かるケースもある。

     その一因となっているのが薬の安全性や効能を確認するための試験ツール。人間での臨床試験に入る前に新薬の安全性や効能を確認する方法は、今のところ主に2つ──培養細胞を使う方法と、ラットやサルなどを使った動物実験だ。しかしこれらの試験では、人間の体内とまったく同じ条件を用意できるわけではない。そのため、人間に投与した場合の安全性や効果を判断しにくい場合もある。

     何とかして新薬試験のコストを削減し、失敗する確率を抑えられないものかと、研究者たちは模索し続けている。そんななかでハーバード大学ウィス研究所の研究者チームは素晴らしい解決策を開発した。人体のさまざまな器官を再現した「臓器チップ」だ。

     臓器チップはUSBフラッシュメモリくらいの大きさ。透明で弾力性のあるポリマー製マイクロチップの上で実際の人間の細胞を培養、人体に近い状態で試験を行うことができる。

     最終的には肺、心臓、腸など人体の10の器官のチップを作製し、それらを血管チャンネルでつないで、ミクロの規模で人体の生体反応をシミュレーションすることを目指す。そうすることで新薬試験のコストを抑え、信頼性を向上させようという狙いだ。

    「臓器チップ」の第1号は、08年に作製された肺チップ。チップ上には小さな流体チャンネルが複数ある。それぞれのチャンネルが多孔膜で2つに区切られ、一方にはヒトの肺細胞が、もう一方には毛細血管細胞が並んでいる。肺細胞側に酸素が取り込まれて呼吸を再現する。

     ウィス研究所のドナルド・イングバー創設所長らは、肺チップの肺細胞側にバクテリアを入れて疑似感染させ、毛細血管側に白血球細胞を入れて何が起きるかを観察した。すると白血球が中央の膜を通って肺細胞側に入り込み、バクテリアを攻撃した。これは感染症と闘うヒトの肺の中で起きている免疫反応とまったく同じだ。

     臓器チップのデータはまだ不十分で、信頼性を立証するには至っていない。それでもこれらのチップがラットなど実験動物に取って代わるのは時間の問題だと、イングバーは言う。

     イングバーらの研究チームは、今後2年間で臓器チップの試験を終えて実用化することを目指している。「(FDAから)動物実験と比べて遜色がないと分かれば、実験動物ではなく臓器チップを使って行った試験のデータを認めることも検討する、と言われている」

     製薬会社や患者はもちろん、ラットにとっても朗報かもしれない。

    [2015年7月28日号掲載]

    今、あなたにオススメ

    最新ニュース

    ワールド

    ペルー大統領、フジモリ氏に恩赦 健康悪化理由に

    2017.12.25

    ビジネス

    前場の日経平均は小反落、クリスマス休暇で動意薄

    2017.12.25

    ビジネス

    正午のドルは113円前半、参加者少なく動意に乏しい

    2017.12.25

    ビジネス

    中国、来年のM2伸び率目標を過去最低水準に設定へ=現地紙

    2017.12.25

    新着

    ここまで来た AI医療

    癌の早期発見で、医療AIが専門医に勝てる理由

    2018.11.14
    中東

    それでも「アラブの春」は終わっていない

    2018.11.14
    日中関係

    安倍首相、日中「三原則」発言のくい違いと中国側が公表した発言記録

    2018.11.14
    ページトップへ

    本誌紹介 最新号

    2022.8. 9号(8/ 2発売)

    特集:世界が称賛する日本の暮らし

    2022.8. 9号(8/ 2発売)

    治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

    ライフスタイル 外国人が証言する暮らしやすい日本
    治安 子供が自由に街を歩けるニッポンの不思議 ── オーウェン・ウェイグッド
    医療 平等・最新・丁寧な世界一の保険診療 ── ニコラス・レニック
    食文化 発想力こそ日本食の神髄だ ── マッシ
    物価 世界が「安っ!」と驚く国 ── パックン
    教育 食育に体育に茶道、世界に誇る教養教育 ── 唐辛子
    住環境 小さな空間を最大・最長に生かす美学 ── アズビー・ブラウン
    東京生活 この空の下、11年間暮らしてきた ── カン・ハンナ
    多様性 「余裕」から生まれる放任のありがたさ ── 小原ブラス
    趣味 包容力にあふれたオタク天国です ── はちこ
    障害者支援 目の見えない私が見る社会 ── モハメド・オマル・アブディン
    交通 米大使が太鼓判、日本の鉄道は世界最高! ── ラーム・エマニュエル
    座談会 日本の暮らし、ここが好き ── 石野&西村&周&ラズロ
    Q&A アルトゥルさん、日本に住みたいですか ── アルトゥル・ガラタ
    デジタル雑誌を購入
    最新号の目次を見る
    本誌紹介一覧へ

    Recommended

    2015.12.22号
    2015.12.22号

    特集:テロと狂気の時代

    2015.12.15号
    2015.12.15号

    特集:気候変動 地球の瀬戸際

    2015.12. 8号
    2015.12. 8号

    特集:戦線拡大するテロとの戦い

    2015.12. 1号
    2015.12. 1号

    特集:テロの時代 世界の転機

    MAGAZINE

    特集:静かな戦争

    2017-12・26号(12/19発売)

    電磁パルス攻撃、音響兵器、細菌感染モスキート......。日常生活に入り込み壊滅的ダメージを与える見えない新兵器

    • 最新号の目次
    • 予約購読お申し込み
    • デジタル版

    ニューストピックス

    人気ランキング (ジャンル別)

    • 最新記事
    • コラム&ブログ
    • 最新ニュース