最新記事
ヘルス

米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ水着ショットに、「有害」「残念」の声が集まったワケ

Khloé Kardashian Attacked Over Bikini Pic

2024年4月20日(土)20時45分
ソフィー・ロイド
米セレブのクロエ・カーダシアン

クロエ・カーダシアン @khloekardashian-Instagram

<クロエ・カーダシアンは自分の体の写真を投稿することで、トレーニングに向かうモチベーションにしたかったようだが>

米セレブのクロエ・カーダシアンがSNSに投稿した最新の水着写真をめぐり、ファンから「失望した」「危険だ」と非難が殺到している。写真は顔の部分がカットされており、ローズゴールドのビキニと迷彩柄のジャケットを着てビーチで日光浴をするクロエの「体」が強調されたものとなっている。

■【写真】米セレブ、大胆スイムウェア姿で「恥ずかしい体」の写真を投稿...「すべての女性に有害」と批判の声が

クロエがこのビーチでくつろぐ写真をインスタグラムに公開したのは、姉のコートニーとキムと共に英領タークス・カイコス諸島で休暇を過ごしていた4月16日のこと。「この投稿は自分のモチベーションを高めるため!」とクロエはキャプションに書いている。「さあ、クロエ! あなたならできる。有酸素運動とウェイトトレーニングの時間よ」

クロエとしては、(本人としては納得していない)ありのままの肉体の写真を全世界に共有することで、美しいプロポーションを維持するためのトレーニングに向かうモチベーションとしたかったということだろう。しかし、このキャプションがユーザーたちを憤慨させた。

「少女たちの自尊心に与える影響を考えてほしい」

あるユーザーは2児の母であるクロエに対し、「若い女性に送るメッセージには気をつけるべき」と警告した。「あなたが恥ずかしいと思っているその体と、自分の体を見比べたせいで、今日食事を抜いたすべての少女たちに幸あれ」というコメントもあった。

ほかにも
「この投稿はとても悲しい。失望した」
「自分の娘に鏡を見て、ありのままの自分を愛してほしくないと思うの? そのことを見せてあげて。これは違う」
「危険なメッセージだ。私から見れば写真に映っているのは完璧な人であり、その人からメッセージを受け取った多くの完璧な少女たちが、自分の体には問題があると勘違いしてしまうかもしれない」

「これを見た多くの少女たちの自尊心に与える影響を考えてほしい。自分の体を愛して。あなたはあらゆる年齢の女性や少女のために、自分を愛し、受け入れるムーブメントを起こす機会を逃している」
など、多くの否定的なコメントが溢れることとなった。

ただ一方では、クロエのスタイルが「目標」だとし、この写真を称賛するユーザーもいる。「ココ(クロエの愛称)、がんばって」「あなたのスタイルに問題はないけど、やる気が出た」「私も同じ! モチベーションを与え続けてくれている」といった具合だ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国軍事演習2日目、台湾周辺で「権力奪取能力を検証

ワールド

英への移民流入、昨年は68.5万人 過去最多の前年

ワールド

米、ジョージア「スパイ法案」巡りビザ発給制限 関係

ビジネス

米財務長官、実質的な生活費負担増に懸念=FT
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 2

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレドニアで非常事態が宣言されたか

  • 3

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 6

    韓国は「移民国家」に向かうのか?

  • 7

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 8

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 9

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 10

    国公立大学の学費増を家庭に求めるのは筋違い

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 6

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 7

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 8

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中