最新記事
セレブ

「ドレスを台無しにしたくない」ビリー・アイリッシュ、授賞式の壇上で大物女優の「顔面」にサイン...会場の反応は?

2024年2月28日(水)17時15分
千歳香奈子
ビリー・アイリッシュ

第29回クリティクス・チョイス・アワード(放送映画批評家協会賞)のレッドカーペットに登場したビリー・アイリッシュ(2024年1月14日、米サンタモニカ) Tinseltown-Shutterstock

<全米映画俳優組合賞(SAG賞)授賞式にプレゼンテーターとして登壇したメリッサ・マッカーシーとビリー・アイリッシュ。掛け合いの途中で「サインして」とメリッサがねだると──>

歌姫ビリー・アイリッシュが、2月24日に米ロサンゼルスで開催された全米映画俳優組合賞(SAG賞)授賞式で、コメディアンで女優のメリッサ・マッカーシーの顔面にサインをする即席パフォーマンスで会場を笑いの渦に巻き込んだ。

【動画】会場騒然...壇上で女優メリッサ・マッカーシーの「顔面」に堂々とサインを書き込むビリー

映画『バービー』のために書き下ろした楽曲「What Was I Made For?」が、先日発表された第66回グラミー賞で2部門に輝いたビリーは、ドラマ部門主演女優賞(コメディ)のプレゼンテーターとしてメリッサと共に登壇。この寸劇は、『一流シェフのファミリーレストラン』のアヨ・エデビリに賞を授与する直前に行われた。

不思議な縁を告白した後にサインをねだると...

昨年公開されたディズニー映画『リトル・マーメイド』で海の魔女アースラを怪演して話題になったメリッサは、「あなたが母親の胎内にいる時にも会っている」と明かし、ビリーの母親が自身の最初の即興演技の講師で、その際にビリーを身ごもっていたことを告白。22年以上前の母親とメリッサの縁に驚きながら「それはすごいね」と返答したビリーに、メリッサは「思い出にサインをして」とおねだり。

しかし、サインを求めた場所がメタリックなドレスだったことから、ビリーは「ドレスを台無しにしたくない」と拒否。気を取り直して「じゃあ顔にサインして」とペンを差し出すと、今度は「いいよ」と快諾。二言返事でOKしたビリーにメリッサは、「きれいな顔を台無しにできない」とか言うのかと思ったと皮肉るも、相手にせずペンを手に顎をつかんで淡々と額にサインを始め、会場は大爆笑となった。

サインされながら話し続けるメリッサの口を手で塞いで黙らせると、「いい感じだよ」とノリノリでペンを走らせるビリー。しかし、途中で笑いを堪えきれず、思わず吹き出しそうになり、袖で顔を隠す場面もあった。

小さなハートマークを添えたサインが完成すると、2人は客席に向かって額を披露。その後は何事もなかったかのようにプレゼンテーターの役割を全うした。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

欧州委、中国のセキュリティー機器企業を調査 不正補

ビジネス

企業向けサービス価格、3月は前年比2.3%上昇 伸

ビジネス

TikTok、簡易版のリスク評価報告書を欧州委に提

ビジネス

日経平均は続伸で寄り付く、米株高を好感 東京エレク
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 2

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の「爆弾発言」が怖すぎる

  • 3

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 4

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 5

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 6

    「なんという爆発...」ウクライナの大規模ドローン攻…

  • 7

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 8

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 7

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 8

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 9

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中