最新記事
音楽

ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

60 Years of Beatlemania

2024年2月23日(金)18時40分
マンディ・タヘリ
ビートルズ『エド・サリバン・ショー』

1964年2月9日の『エド・サリバン・ショー』は視聴率60%超え MICHAEL OCHS ARCHIVES/GETTY IMAGES

<1964年2月の『エド・サリバン・ショー』初出演から60周年。当時の映像と、本誌の取材でポールらが語ったこと>

ビートルズがアメリカのテレビ番組に初めて登場したのは、60年前の『エド・サリバン・ショー』だ。ポール・マッカートニーとジョージ・ハリスン、ジョン・レノン、リンゴ・スターの4人は、笑顔で司会者のエド・サリバンと言葉を交わしていた。

調査会社ニールセンによれば、1964年2月9日に放送されたこの番組(当時の映像はこちら)を、当時の米テレビ番組史上最多の7300万人以上が視聴した。視聴率は60%を超えたという。

撮影が行われたニューヨークのスタジオには700人を超える人々が集まり、観覧席は満席に。「ニューヨークの街は、リバプールから来たこの若者たち、その名もビートルズが引き起こした過去に例のない興奮に包まれています」とサリバンは述べた。

当時の本誌の取材に、ハリスンは「僕らはミュージシャンとしてはぱっとしない」と語った。マッカートニーも「歌も下手だし何もできない。すごく楽しんではいるけどね」と自分たちを卑下した。

にもかかわらず、ビートルズはアメリカの人々を魅了した。「ビートルマニア」という言葉が生まれるほどに。空港には3000人を超える熱烈なファンが待ち構えた。髪形をまねたかつらを買うファンもいた。

240227p60_BTS_02.jpg

NEWSWEEK ARCHIVE

ビートルズは1964年2月に3回、翌1965年の9月にも1回、『エド・サリバン・ショー』に出演した。計4回の出演で演奏した楽曲のうち、7曲がナンバーワンヒットとなった。

ビートルズは1970年代初めに解散し、1980年にレノンが、そして2001年にはハリスンがこの世を去った。だがファンは今もビートルズに熱い思いを寄せる。

昨年5月には音楽配信サービスのスポティファイで「ヒア・カムズ・ザ・サン」が再生回数10億回を記録。11月には「ビートルズ最後の曲」とされる「ナウ・アンド・ゼン」が発表され、ビートルズの名がヒットチャートに久しぶりに登場した。

「愛こそ全て」と歌ったビートルズは、今も多くの人から愛されている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏「ウクライナ存続は米にとって重要」、姿勢

ワールド

IMF、中東・北アフリカ成長予想を下方修正 紛争激

ビジネス

米国株式市場=ほぼ横ばい、経済指標や企業決算見極め

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、米指標やFRB高官発言受け
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 6

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 10

    紅麴サプリ問題を「規制緩和」のせいにする大間違い.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中