最新記事

K-POP

BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のため? 写真は合成? 事務所に批判

Blackpink’s Jennie, BTS’ V Rumored To Be Dating; Fans Slam HYBE On Twitter

2022年5月25日(水)18時27分
ジェニファー・マノンド

@thv/Instagram, @jennierubyjane/Instagram

<BLACKPINKジェニーとの超人気アイドル同士の熱愛報道には不可解な部分もあり、ファンたちの批判は所属事務所HYBEに向かっている>

韓国の女性アイドルグループ「BLACKPINK」のジェニー(ジェニー・キム)と、人気ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」のV(キム・テヒョン)が「ドライブデートをしているところ」を捉えたとされる写真がネット上に投稿され、2人の熱愛説が浮上した。世界的な人気を誇る超大物アイドル同士の熱愛とあって大きな注目を集めている。

問題の写真は、Vとジェニーらしき2人が車内にいる様子を捉えたものだ。隠し撮りとみられるこの写真が複数回にわたってリツイートされ、韓国のオンラインコミュニティー上に出回っている。

ただ2人の熱心なファンたちからは、お祝いの声よりも怒りの声が聞こえてくる。Vの所属事務所であるHYBEが、新たに売り出したガールズグループに持ち上がったスキャンダルから世間の「目をそらす」ために、熱愛説を広めたのではないかというのだ。

HYBEからデビューしたばかりのガールズグループ「LE SSERAFIM(ル・セラフィム)」には現在、メンバーによる過去の「いじめ疑惑」が持ち上がっている。メンバーのキム・ガラムが、中学時代にクラスメートをいじめていたという疑惑だ。これを受けて5月20日にHYBEは、キム・ガラムの活動休止を発表していた。

あるファンは、ツイッターに次のように投稿した。「韓国でも海外でも有名な2人のアーティストを隠れ蓑に利用すれば、『ガラムのいじめ』から大衆の注意を逸らすことができると考えたのだろう。でもHYBE、あなた方は墓穴を掘った。もうテヒョンとジェニーのことは放っておいてあげて」

ツーショット写真は「合成」と主張

別のファンは、「これは合成写真だ! テヒョンとジェニーに構わないで」と書き込み、また別の人物は、2つの人気アイドルグループのファンが初めて「共闘」したことを称えて、次のように投稿した。「ARMY(BTSのファン)とBLINK(BLACKPINKのファン)が初めて味方同士になっている。2人を放っておいて! テヒョンのことも、ジェニーのことも放っておいて。テヒョン、ジェニー、私たちはあなたを愛している」

韓国の芸能メディア「ディスパッチ」は以前に、ジェニーが2020年から「BIGBANG」のメンバーであるG-DRAGONと交際していると報じていた。だがオンラインコミュニティーへの5月23日の投稿によれば、2人は既に破局しているようだ。

そんな中で、まるでタイミングを見計らったかのように、ジェニーとVの熱愛説が浮上した。また別のファンは、今回のツーショットと同じような構図の写真を投稿して、写真は合成されたものだと主張している。このファンが投稿した写真では、Vが車を運転し、助手席にはジェニーではなく(BTSのメンバーである)J-HOPEが乗っている。

「私はこんな合成には騙されない。車に乗っていたのはVとJ-HOPEだ」とこの人物は書き込んだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米副大統領、台湾と非公式関係深化へ 海峡での挑発で

ビジネス

証券監視委、SMBC日興に行政処分勧告 相場操縦巡

ビジネス

焦点:政府と日銀に齟齬か、介入で憶測 いずれ緩和修

ワールド

タイ中銀、2会合連続で0.25%利上げ 今年の経済

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 5

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 6

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 7

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 8

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 9

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 10

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月