注目のキーワード

最新記事

K-POP

BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のため? 写真は合成? 事務所に批判

Blackpink’s Jennie, BTS’ V Rumored To Be Dating; Fans Slam HYBE On Twitter

2022年5月25日(水)18時27分
ジェニファー・マノンド

@thv/Instagram, @jennierubyjane/Instagram

<BLACKPINKジェニーとの超人気アイドル同士の熱愛報道には不可解な部分もあり、ファンたちの批判は所属事務所HYBEに向かっている>

韓国の女性アイドルグループ「BLACKPINK」のジェニー(ジェニー・キム)と、人気ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」のV(キム・テヒョン)が「ドライブデートをしているところ」を捉えたとされる写真がネット上に投稿され、2人の熱愛説が浮上した。世界的な人気を誇る超大物アイドル同士の熱愛とあって大きな注目を集めている。

問題の写真は、Vとジェニーらしき2人が車内にいる様子を捉えたものだ。隠し撮りとみられるこの写真が複数回にわたってリツイートされ、韓国のオンラインコミュニティー上に出回っている。

ただ2人の熱心なファンたちからは、お祝いの声よりも怒りの声が聞こえてくる。Vの所属事務所であるHYBEが、新たに売り出したガールズグループに持ち上がったスキャンダルから世間の「目をそらす」ために、熱愛説を広めたのではないかというのだ。

HYBEからデビューしたばかりのガールズグループ「LE SSERAFIM(ル・セラフィム)」には現在、メンバーによる過去の「いじめ疑惑」が持ち上がっている。メンバーのキム・ガラムが、中学時代にクラスメートをいじめていたという疑惑だ。これを受けて5月20日にHYBEは、キム・ガラムの活動休止を発表していた。

あるファンは、ツイッターに次のように投稿した。「韓国でも海外でも有名な2人のアーティストを隠れ蓑に利用すれば、『ガラムのいじめ』から大衆の注意を逸らすことができると考えたのだろう。でもHYBE、あなた方は墓穴を掘った。もうテヒョンとジェニーのことは放っておいてあげて」

ツーショット写真は「合成」と主張

別のファンは、「これは合成写真だ! テヒョンとジェニーに構わないで」と書き込み、また別の人物は、2つの人気アイドルグループのファンが初めて「共闘」したことを称えて、次のように投稿した。「ARMY(BTSのファン)とBLINK(BLACKPINKのファン)が初めて味方同士になっている。2人を放っておいて! テヒョンのことも、ジェニーのことも放っておいて。テヒョン、ジェニー、私たちはあなたを愛している」

韓国の芸能メディア「ディスパッチ」は以前に、ジェニーが2020年から「BIGBANG」のメンバーであるG-DRAGONと交際していると報じていた。だがオンラインコミュニティーへの5月23日の投稿によれば、2人は既に破局しているようだ。

そんな中で、まるでタイミングを見計らったかのように、ジェニーとVの熱愛説が浮上した。また別のファンは、今回のツーショットと同じような構図の写真を投稿して、写真は合成されたものだと主張している。このファンが投稿した写真では、Vが車を運転し、助手席にはジェニーではなく(BTSのメンバーである)J-HOPEが乗っている。

「私はこんな合成には騙されない。車に乗っていたのはVとJ-HOPEだ」とこの人物は書き込んだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ニューヨーク市の下水にポリオウイルス、市内で拡散の

ビジネス

米、輸出規制強化 先端半導体やガスタービンエンジン

ワールド

作家ラシュディ氏襲われる、首刺されヘリコプターで搬

ビジネス

米インフレ2%回帰へ一段の利上げ必要、指標注視=リ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月