最新記事

対中ビジネス

中国高官の子女コネ採用の罪

中国で確実に儲けるには権限を持つ高官の子女を雇うこと

2014年6月5日(木)14時34分
マット・スキヤベンザ

コネ採用 組織的に実行していたJPモルガン・チェース Jason Lee-Reuters

 中国における米JPモルガン・チェース銀行の採用慣行をめぐる長い捜査が大きな節目を迎えた。香港の汚職捜査機関が、JPモルガン中国投資銀行部門の方方(ファン・ファン)元CEOを最近、逮捕していたことが明らかになったのだ。方は米証券取引委員会の捜査対象にもなっている。

 方は現在保釈中だが、香港を出ることは禁じられている。JPモルガンが取引上優位になるべく中国高官の子女を採用する「子女プログラム」について、事情聴取を受けるためだ。

 方の逮捕は、現代中国を理解するのに必要な課題を浮き彫りにした。「政治とビジネスの共生関係」だ。

 方の人生自体が、その縮図だ。北京の名門・清華大学を卒業し、01年にJPモルガンに入社、順調に出世を遂げる。一方で彼は中国共産党の指導層に取り入り、中国の政策提言機関である中国人民政治協商会議の委員にも選ばれた。

 方は、単に中国高官の子女を採用するだけでなく、特定の取引に権限やコネを持つ高官の子女を雇っていたようだ。だとすれば、彼が贈収賄に関与していた可能性もある。

 先週のニューヨーク・タイムズ紙によれば、米当局に提出された関係者のメールから、JPモルガンが「子女プログラム」を使えば「儲けにほぼ直結する」と中国人顧客に売り込んでいたことが判明している。

 方逮捕のタイミングは、中国指導部にとって最悪だった。中国は、政府と企業の癒着問題にかつてなく敏感だ。12年には、ブルームバーグとニューヨーク・タイムズがそれぞれ当時の国家副主席習近平(シー・チンピン)と温家宝(ウエン・チアパオ)首相の資産を調査し、彼らが政府の要職にある間に両家がひと財産築いたことを明らかにした。

 習は国家主席就任後、汚職の取り締まりを掲げ、役人が高級時計や派手な宴会などで富を見せびらかすことを禁じた。

 JPモルガン(や他の投資銀行)への今後の捜査の結果がどうあれ、中国のビジネス環境が今もコネの誘惑に満ちていることには変わりがない。

[2014年6月 3日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

カナダ、中国製EVの関税引き上げ検討=BBG

ビジネス

アングル:海外勢、4月もアジア債券売り越し ドル高

ビジネス

ヘッジファンド大手、4月も好成績 株式波乱でボラ活

ワールド

トランプ氏、銃団体の支持獲得 バイデン氏の規制撤廃
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:インドのヒント
特集:インドのヒント
2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイジェリアの少年」...経験した偏見と苦難、そして現在の夢

  • 4

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    「裸に安全ピンだけ」の衝撃...マイリー・サイラスの…

  • 7

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 8

    「すごく恥ずかしい...」オリヴィア・ロドリゴ、ライ…

  • 9

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 10

    日本とはどこが違う? 韓国ドラマのオリジナルサウン…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

  • 4

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 9

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 10

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中