最新記事

アメリカ経済

バーナンキは史上最もクリエーティブなFRB議長

QE3はあるのかないのか──金融危機を乗り切ったバーナンキの大胆な手法から占う

2012年3月27日(火)13時03分
マイケル・トマスキー(米国版特別特派員)

確固たる知識 大恐慌の過ちを知りつくし、常識にとらわれず行動する Jonathan Ernst-Reuters

 通貨の番人FRB(米連邦準備理事会)は鉄面皮。愛をささやくバレンタインデーとはおよそ無縁の存在だ。

 でも今年は違った。ツイッターの世界では、誰かが「FRBにバレンタインのメッセージを送ろう」という企画を立てた。するとユーモアも愛も知らないFRBに対し、「今の長短金利差を見てるだけですごく興奮しちゃう」といったメッセージが数多く寄せられたそうだ。

 もちろん、普段のFRBにジョークは通じない。バレンタインデーの少し前にも、連邦議会の共和党議員たちはFRB議長のベン・バーナンキに厳しい質問を浴びせていた。

 まだ見ぬインフレについてしつこく問いただしたのは、下院予算委員会のポール・ライアン委員長(ライアンを含め、共和党議員たちはインフレの襲来を確信している)。別の共和党議員は、FRBの発表した住宅市場に関する報告書が議会の権限を侵害していると非難した。

 この程度ならお笑い草だが、共和党にはバーナンキ率いるFRBを本気で毛嫌いする超保守派もいる。共和党の大統領候補指名を争うロン・ポールなどは、「FRBを廃止しろ!」とまで叫んでいる。

 だがひとたび醜い政治の世界を離れれば、まったく異なる評価が聞こえてくる。
バーナンキは政治家たちの反発に遭いながらも、大胆かつ意表を突く政策を打ち出してきた、という声だ。ジョー・バイデン副大統領の首席経済顧問だったジャレッド・バーンスタインに言わせれば、「これまでで最もクリエーティブなFRB議長」かもしれない。

 06年にジョージ・W・ブッシュ大統領からFRB議長に起用された当時のバーナンキは、典型的な保守穏健派の共和党支持者だった。学者肌で慎重過ぎる、マクロ経済学には通じているが現実の市場を理解していない、という指摘もあった。政治の駆け引きにも疎かった。そんななか、アメリカをあの金融危機が襲った。

 バーナンキが事態の深刻さに気付くのが遅過ぎたという批判も(主として左派陣営には)ある。「02年からFRBの理事だったのに、07年の夏以前に住宅バブルの崩壊を予想できなかったとは言わせない」と語るのは、リベラル派のエコノミストで、住宅バブルの崩壊を予想していた数少ない専門家の1人であるディーン・ベーカーだ。

 だが多くの専門家は、もう少し同情的だ。「既存のルールブックは役に立たなかった」と、コロンビア大学のマイケル・ウッドフォードは言う。

学者時代の研究を武器に

 この未曾有の危機に際して役立ったのは、学者時代に行った大恐慌の研究だった。「1930年代のFRBは極めて保守的なアプローチを取り、そして失敗した」と、バーナンキはかつて本誌に語っている。

 だからこそ彼は、民主党のフランクリン・ルーズベルト大統領の見せた「大胆に行動し、常識的な処方箋にとらわれない」姿勢(金本位制からの離脱や預金保険の導入など)を高く評価するようになった。

 そしてバーナンキが今回の危機に際して出した大胆な処方は、金利の引き下げと量的緩和によってマネーサプライを増やすことだった。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:ウクライナ陸軍の著名部隊、隊列強化へ独自

ワールド

中国の過剰生産能力による世界経済への悪影響を懸念=

ワールド

アングル:太陽光発電大国オーストラリア、さらなる普

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ再び最高値、エヌビディア
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 6

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 7

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 8

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロ…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中