コラム

バイデンの必死の仲介で、ガザ危機の出口は見えるのか?

2023年10月19日(木)11時50分

訪問直前のガザ病院爆発でバイデンは慎重な外交を迫られている Miriam Alster/POOL-REUTERS

<異例のイスラエル訪問をバイデンに決断させた、米国内の不協和音と外交破綻の危機>

それにしても、現地時間18日に行われたバイデン大統領のイスラエル訪問は異例づくめでした。何よりも戦争中の中東に米大統領が乗り込むというのは、極めて異例です。それ以上に、17日に起きたガザ地北部のアル・アハリ病院で起きた爆発事件がバイデンの思惑を激しく揺さぶる中での訪問となりました。

順序としては、イスラエルのネタニヤフ首相からのバイデン訪問の招請が明らかなったのが、米東部時間の16日月曜で、バイデンはその日の夕刻までに訪問を決断、表明しました。同時にバイデンは、人道危機を回避する方策を協議するとして、ヨルダンでアブドラ国王の主催するエジプト、ファタハ(西岸地区を本拠とするパレスチナ穏健派)を加えた会議に参加する予定でした。

そこへ病院の爆発事件が起きました。この病院を含むエリアに対してイスラエルは空爆を予告、退避を促していたのは事実です。ですから、500人の犠牲が出たという報道に対して、イスラム圏では「イスラエルの犯行だ」として、一斉に激しい抗議が起きました。ヨルダン、エジプト、ファタハも一斉に激怒して、バイデンとの会談をキャンセルしてきました。

真相は不明であり、イスラエルにも、ハマスにも、関与を疑われておかしくない動機はあります。それよりも何よりも、アラブ側との会談を拒否される中では、危険を冒してイスラエルを訪問しても、人道危機を回避する成果は望めません。

ですが、仮にこのタイミングでイスラエル行きをキャンセルするのはバイデンにはできませんでした。それでは、バイデンは爆発事件の「下手人」としてイスラエルを疑っていると言われても仕方がないし、そうでなくても「アメリカは無条件でイスラエルを支持する」という言葉を、イスラエルに信じてもらうことはできなくなります。

バイデンの4つの宣言

そこで、中東諸国との会談は「なし」という前提で、バイデンは予定通りテルアビブに乗り込みました。ネタニヤフとの長い協議の後で会見に臨んだバイデンは、10月7日のハマスの奇襲攻撃を改めて強い口調で非難するとともに、事件を9・11テロに例え、若き日にイスラエルのゴルダ・メイヤ首相に「イスラエルへの支持」を誓ったことなどを語りました。非常に強い口調でしたが、これはあくまで外交上の修辞と言えるでしょう。

肝心の内容としては、以下の4点を宣言しました。
「17日の病院爆撃事件の犯人は、イスラエルでもハマスでもない。パレスチナを本拠とする過激派のイスラム聖戦がイスラエルを攻撃しようとして起こした『誤射』である」
「ハマスが拘束している人質は全員が救出されなくてはならない」
「ガザ地区の人道危機は避けねばならない、支援物資の搬入は急務である」
「パレスチナの圧倒的多数は、ハマスではない」

当初、バイデンはこうしたメッセージを、ヨルダン、エジプト、ファタハにも同意させて宣言する計画でしたが、結果的に1人で宣言することになったのです。

17日の事件の真相は分かりません。イスラエルにもハマスにも動機はあります。イスラエルは、人道危機を恐れてガザ北部侵攻を控えていますが、このままではガザへの圧力が効かなくなることを恐れて、一線を超えた空爆を行うことには彼らなりの合理性があります。また、バイデンがアラブ諸国との会議を成功させては、政治的立場が弱まるので会議を潰したいという計算も成立します。

一方で、ハマスの側はイスラエルが退避勧告を出している中で、爆発が起きれば、そこまでは意外と冷静だったアラブ諸国が憤激して、自分たちに有利な政治状況が作り出せると思っていたかもしれません。そうした中で、バイデンが、あらゆる諜報を動員して「第三の下手人説」を強く主張したのは注目に値します。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国企業、IPO計画中止相次ぐ 規制強化で

ワールド

焦点:希望見えないウクライナ難民、ホームレス化する

ワールド

南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、衛星写真で判

ワールド

中国、主要産業のハッキング対策強化へ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング」の標的に...「スラム街の女性みたい」コメントに批判殺到

  • 3

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...「まるでC-3PO」

  • 4

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    飛行機内で乗客がテイラー・スウィフトの曲を「大合…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 9

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story