コラム

大谷かジャッジか......MVP論争の裏事情

2022年09月07日(水)14時15分

特にピッチングでは今シーズンさらに進化した大谷翔平 Jayne Kamin-Oncea-USA TODAY Sports/REUTERS

<大谷の投打の成績は昨年同様に超一流だが、ジャッジの「本塁打61本」超えには特別な意味がある>

アメリカでは、メジャーリーグを構成するアメリカン・リーグ、ナショナル・リーグのMVP(最優秀選手)のタイトルは、大きな価値があります。1度でも獲得すれば、球界の頂点を極めたこととなり、野球の歴史に残る、つまり全ての野球ファンの記憶に残るからです。

ちなみに、二刀流(ツーウェイ)として唯一無二の存在である大谷翔平選手は昨年2021年のアメリカン・リーグのMVPに満票で選ばれました。成績は、先発投手として9勝2敗、防御率3.18、打者としては本塁打46本、打点100、つまり投打の両方で超一流の成績を残したことが評価されたのです。

その大谷選手の今年の成績は、現地9月5日終了の時点で、投手としては11勝8敗、防御率2.58、打者としては本塁打32本、打点85と前年度同様に投打ともに超一流の成績を維持しています。特にピッチングに関しては、安定度が大きく増しており、少ない球数で多くのイニングを抑えています。

その結果として、現時点では「規定投球回」と「規定打席」の双方に達しています。ですから、野球専門のTV局、MLBネットワークの放送で常に画面下に表示される個人成績では、「本塁打、打点、防御率、奪三振」の4部門で「ベスト5」に名前が表示されるという現象が起きています。前代未聞の事態です。シーズン通算でも双方を達成する可能性があり、だとすればこれは大変なことです。

ところが、今年のアメリカン・リーグには、強力なライバルが登場しています。ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジ選手です。もちろん、二刀流ではありませんが、現時点では、本塁打54本、打点117と圧倒的な強打を見せつけています。そこで、アメリカのスポーツメディアでは、アメリカン・リーグのMVPは大谷か、ジャッジかという論争が日々ヒートアップしています。

投打共に驚異的な大谷の成績

まず、大谷選手については数字的には、全く文句のつけようがありません。現時点でも驚異的な数字だからです。仮に規定投球回と規定打席の双方を達成して、なおかつ勝ち星を2つ程度上乗せし、防御率を微増程度に抑え、ホームランを35〜38ぐらいに伸ばして打点を限りなく100に近づけたとしたら、それだけで超絶的な成績になります。ジャッジの存在がなければ、文句なしにMVPです。

一方で、ジャッジの場合は、現時点ではやや有利と言われていますが、極めて具体的な2つの目標が基準となる、そんな暗黙の合意ができつつあります。

1つは「本塁打61本」という数字です。これはアメリカン・リーグの年間本塁打記録として、ジャッジの大先輩であるヤンキースのロジャー・マリスが1961年に達成した記録です。この数字の意味は重く、仮に上回れば、MVPはほぼ当確になると言われています。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

独鉱工業受注指数、10月前月比+0.8% 予想以上

ワールド

ロシア、クリル諸島北部に防衛ミサイルシステム配備

ワールド

今年度のインド成長率予想、6.9%へ引き上げ=世銀

ワールド

インドネシア議会、婚前交渉を禁止する刑法改正案可決

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 8

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 9

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 10

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 6

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中