コラム

分裂を煽るだけのトランプ「フェニックス居直り演説」

2017年08月25日(金)14時40分
分裂を煽るだけのトランプ「フェニックス居直り演説」

アリゾナ州で支持者を前にご満悦のトランプ Joshua Roberts-REUTERS

<アリゾナ州で支持者の聴衆を前に演説したトランプは、白人至上主義者とその反対派の衝突に関して自分の主張をまくし立ててメディアを批判し、大統領自身がアメリカ社会の分裂を煽っていることを印象付けた>

22日夜に行われたアリゾナ州フェニックスのドナルド・トランプ大統領の「ラリー(選挙運動)」形式の演説会は、全国でテレビ中継されるなど大きく注目されていました。理由としては、ここのところの大統領は「プロンプターを使って原稿を読む」スタイルの演説では常識的なことを言って人々を安心させる一方、「アドリブ」の演説では暴言を好き放題しゃべって社会を不安に陥れるといったその繰り返しが目立っていたからです。

その前日21日に行った「アフガン戦略演説」でトランプは、ブッシュ、オバマ以来の反テロ戦争の枠組みに戻る方向性を示し、またバージニア州シャーロットビルでの極右による市民殺害事件を契機とした社会の分裂に対して団結を呼びかけ、人々を安心させていました。そこで、その「穏健路線」が果たして大統領の本心なのかどうかに注目が集まったのです。

過激な右派ポピュリズムの「仕掛け人」だったスティーブ・バノンがホワイトハウスを去った今、仮に22日の自由なスタイルの演説でも大統領の語調に落ち着きと常識が見られるのなら「本物」かもしれない、そんな期待感はありました。

【参考記事】トランプ政治集会の中で聞いた、「優しい」支持者たちの本音

ですが22日のフェニックス演説は、そんな期待を打ち砕いたばかりか、大統領こそが分断を煽り、アメリカ社会に不安感を拡大する元凶、そんなイメージを改めて広めることになったのです。

まず、12日のシャーロットビルでの事件、そして事件に関連した自分の発言についてですが、世評を非常に気にしているような表情を見せつつも、当時の自分の発言をメモした紙を見ながら15分に渡って振り返っていました。そして、事件直後の12日のコメント、2日後の14日のコメント、大炎上した15日のコメントと、自身の発言は3回あったと数えながら、それぞれのコメントを紹介したのです。

ですが、社会に不安を与えた「多くの立場(many sides)が暴力的だった」とか「もう一方の立場は大変に暴力的だった」あるいは「(ナチス風たいまつ行列でユダヤ人排除を叫んでいた)参加者の中にも善良な人々(fine people)がいた」という肝心の問題発言は「完全に無視」して「なかったこと」にし、自分は極右に反対したのにそれをメディアが「フェイクニュースに仕立てた」と一方的にまくし立てたのです。

さらに事件の発端となった「南軍関連の記念碑」撤去問題についても、「ジョージ・ワシントンの銅像が一夜にして撤去されたら悲しいだろ」という言い方で、暗に撤去への反感を煽っていました。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、年内にさらなるミサイル実験の可能性=韓国

ワールド

アングル:モンゴル国境で大渋滞、対中国「石炭ブーム

ワールド

ドイツ連立協議決裂、FDPが撤退 メルケル氏の4期

ビジネス

ロンドンのバス燃料にコーヒー油、シェルの支援で導入

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    20年以内に、人々の主要なタンパク源は昆虫になる──…

  • 6

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 7

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 8

    制作に200億投資、爆走アベマTVは「稼げるメディア」…

  • 9

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 8

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 9

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 10

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!