プレスリリース

〈期間限定!今が旬!〉初夏を感じる!小田原漁港直送 今が旬の鯵を堪能する海鮮丼が登場 ジ アウトレット湘南平塚 フードコートで販売開始

2024年05月28日(火)16時30分
株式会社相州村の駅(本社:神奈川県小田原市、代表者:瀬上 恭寛)が運営する『ジ アウトレット湘南平塚 小田原海鮮とと丸食堂』は、2024年5月21日より小田原漁港直送の「鯵」を使用した海鮮丼などのメニューを期間限定で販売開始いたしました。


◆小田原と鯵
鯵は小田原市を代表する春の魚です。鯵は本来回遊性ですが、小田原では、伊豆から大磯にかけて続く餌の豊富な岩礁地帯に居着いて暮らしています。そういった、「根付きの鯵」と称される、餌をたくさん食べて育った鯵は、回遊性の鯵に比べよく太り脂身が豊富。旨みをたっぷりと含んでいます。

そのため、昔から干物や加工品などに利用され、小田原市の重要な産業にもなっています。近年漁獲量が少なくなっている中、大変美味かつ貴重な存在として、人気が高まっています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/396017/LL_img_396017_1.jpeg
今が旬の鯵!

◆期間限定商品について
鯵月見丼
今が旬の「鯵」のうえに、神奈川県の三浦の赤たまごの黄身をのせた鯵月見丼。濃厚な黄身と鯵が絶妙に絡まった1品。締めにかける、とと丸食堂自慢の「濃厚魚介出汁」とも相性抜群。

販売価格 :1,280円(税込 1,406円)
アレルギー:卵・ごま


鯵・湘南しらす小丼
「湘南しらす」と「鯵」が1度に楽しめる小丼。少しだけでも「鯵」を楽しみたい方にオススメです。

販売価格 :680円(税込 748円)
アレルギー:ごま

ほかにも、サクサクふわふわな鯵フライをご用意しています。海鮮丼と一緒にお楽しみください。


◆店舗概要
・店舗名 :小田原海鮮とと丸食堂
・所在地 :神奈川県平塚市大神八丁目1番1号
・アクセス :JR平塚駅よりバス「ツインシティ大神」下車徒歩すぐ
・TEL :0463-86-3131
・営業時間 :10:00~21:00(LO 20:00)
・定休日 :不定休


◆会社概要
・会社名 : 株式会社相州村の駅
・所在地 : 〒250-0021 神奈川県小田原市早川1-15-12
・代表者 : 瀬上 恭寛
・設立 : 令和2年3月26日
・事業内容: 道の駅の運営/観光土産品の企画、開発、卸販、販売
・資本金 : 1,000万円
・URL : https://www.sosyu-muranoeki.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米鉱工業生産、5月製造業は0.9%上昇 予想上回る

ワールド

バイデン氏、不法移民救済 市民権取得に道 米大統領

ビジネス

米5月小売売上高、予想下回る0.1%増 高金利で裁

ワールド

今後1年で金準備増やす中銀増える見通し=WGC調査
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中