コラム

「NGリスト」ジャニーズ事務所に必要なのは、3回目の記者会見ではない

2023年10月07日(土)16時33分
ジャニーズ

「NGリスト」の存在がバレて批判された10月2日の会見 Issei KatoーREUTERS

<「氏名NGリスト」の存在がバレて、またも事態の収拾に失敗したジャニーズ事務所。これ以上の批判を避けるために必要なのは、記者会見やり直しでなく「あの週刊誌」の単独インタビューだ>

エンタメと化す記者会見

ジャニーズ事務所が、壊滅的な道を進んでいる。これまでの経緯は周知のことなので省くが、2度目の会見を終えた直後に「氏名NGリスト」が発覚したことで、事務所への信頼は失墜の一途をたどっている。

会見の混乱ぶりやNGリストの発覚により「会見をやり直すべき」との声が高まっている。新会社が今後も芸能事務所としての活動を続けたいのであれば、被害者への速やかな賠償を進めると同時に、世の中に対する再度の説明は必須だろう。テレビの情報番組では、質疑応答をどう進めるかなど、今後の記者会見の運営方法についても議論がなされた。

でも、これまでの経緯を考えると、記者会見をするのはもうやめた方が良いと私は思っている。今回の会見では約300人の報道陣が集まり、テレビ中継を行い、ユーチューバー的な記者が持論を語り、望月衣塑子記者がノーマイクで声を張り上げた(望月記者の言動については、一言で良い悪いとは言い切れないテーマなのでここでは措く)。

今後再び会見を開いた場合、多少の改善はあるとしても、もはやまともな進行が行われるとは考えにくい。東山紀之社長が能面を貫き、井ノ原快彦副社長が甘いマスクで精一杯の懐柔を行うという構図は、過去2回の会見を見てもう分かった。テレビカメラで生中継されるせいか、記者会見というものは「事実の探求」というよりも、どこか演技混じりのステージ・ショウじみたものになり、それ自体がエンターテイメントとして消費されてしまう。

ではどうすれば良いかというと、どこかの媒体で藤島ジュリー景子元社長と事務所の過去をもっともよく知る人物とされる白波瀬傑元副社長、必要であればその他役員に対してそれぞれ単独インタビューを行ったらどうか。

記者会見で無数の記者が四方八方から散発的に質問を浴びせ掛けるより、ごく少人数の場(理想を言えば1対1)で順序立ててじっくり話を聞く方が、真実にたどり着けるのではないだろうか。特に、ジュリー元社長はパニック障害を訴えており、体調も優れないという。大人数の前で全国に生中継されながら質問に答えるのは、どう考えても負担が大きいし、時に吊し上げの雰囲気も漂う。インタビュー形式で休憩を挟みながらであれば、受け答えできる余地があるのではないだろうか。

単独インタビューをどの媒体が行うべきかは、言うまでもない。ジュリー元社長らジャニーズ事務所の経営陣に堂々と申し込む資格があるのは、「あの週刊誌」しかないはずだ。


プロフィール

西谷 格

(にしたに・ただす)
ライター。1981年、神奈川県生まれ。早稲田大学社会科学部卒。地方紙「新潟日報」記者を経てフリーランスとして活動。2009年に上海に移住、2015年まで現地から中国の現状をレポートした。著書に『ルポ 中国「潜入バイト」日記』 (小学館新書)、『ルポ デジタルチャイナ体験記』(PHP新書)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

韓国現代自動車、インド子会社が上場申請 同国最大の

ビジネス

機械受注4月は前月比2.9%減、判断「持ち直しの動

ワールド

バイデン氏がセレブと選挙資金集会、3000万ドル調

ビジネス

植田日銀総裁が18日午前10時から参院財金委出席、
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 3

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドンナの娘ローデス・レオン、驚きのボディコン姿

  • 4

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 9

    サメに脚をかまれた16歳少年の痛々しい傷跡...素手で…

  • 10

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story