コラム

私事ですが、日中関係に翻弄されながら10周年を迎えました

2017年09月04日(月)16時58分
私事ですが、日中関係に翻弄されながら10周年を迎えました

Newsweek Japan

<私が経営するレストラン「湖南菜館」がオープン10周年を迎えた。思い返せば、ただの中華レストランでなく、日中関係や中国の変化を映し出す鏡だった>

こんにちは、新宿案内人の李小牧です。私事ながらご報告させていただきたい。この夏、私が経営するレストラン「湖南菜館」がオープン10周年を迎えた。

老舗というにはまだほど遠いが、新宿の歌舞伎町一番街という激戦区で店を続けるのは容易なことではない。皆さんのご支援もあって、この街で看板を出し続けられていることに誇りを感じている。

この10年、いろいろなことがあった。店で繰り広げられた数々の人間ドラマはさておいても(笑)、この自分の"城"では日中のメディアから多くの取材を受けた。東日本大震災の日には、家に帰れず行き場を失った多くの人を招き入れ、朝まで過ごしてもらった(もちろん、自慢の湖南料理を食べてもらいながらだ)。

著書の出版記念パーティーを開いた時は、故・竹田圭吾ニューズウィーク日本版編集長(当時)にも出席してもらった。新宿区議選に出馬した際は、支持者やメディア関係者とここで開票速報を見守った。

先日、ニューズウィーク編集者のMくんとそんな思い出話をあれこれとしていたのだが、彼の言葉にはっとさせられた。「湖南菜館の10年って単なる個人的な経験じゃないですよね。日中関係や中国の変化を映し出す鏡なのではないでしょうか」というのだ。言われてみればそのとおりだ。

そこで、簡単ながら歌舞伎町一番街から見た、リアルな街場の日中関係論を開陳したい。

日中雪解けムードの時代、開店をサポートしてくれた大富豪

1988年に来日し、歌舞伎町案内人、すなわち歌舞伎町にやって来る外国人向けのガイドとして街に立ち続けていた私だが、ある1つの願いを持つようになっていた。それは自分の店が欲しいという思いだ。

著書『歌舞伎町案内人』(角川書店、2002年)がベストセラーになったこともあり、私は次第に日本国外でも知られるようになっていた。ならば街に立つのではなく、自分の店で旅行客が訪ねてくるのを待ったほうがいい。また故郷・湖南省の味を日本人にも知ってほしいという思いもあった。何より来日以来、約20年にわたり歌舞伎町の住人であっただけに、そろそろ自分の居場所が欲しいという気持ちが強かった。

ある新聞の取材でこの思いを吐露したところ、思わぬ反響があった。とある大富豪からレストラン開店をサポートしたいという申し出があったのだ。「あなたのような方に日中の架け橋になってもらいたい」という言葉に胸が熱くなった。

当時は第一次安倍政権の時代だ。約5年にわたり続いた小泉政権下での日中対立の時代がようやく終わり、日中の首脳が相互に訪問し合う雪解けムードに包まれていた。民間にもこの千載一遇の機会を生かして日中友好を推進したいと考える人は少なくなかった。かの大富豪もただ私を認めてくれたのではなく、日中友好の手助けをしたいという思いがあったように思う。

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮で揺れを観測と中国当局、韓国は「自然の地震」

ビジネス

ムーディーズ、英格付けを「Aa2」に引き下げ EU

ビジネス

米12月利上げに予断なし、低インフレをなお懸念=ダ

ワールド

北朝鮮、水爆実験強硬なら分水嶺 米国は深刻に受け止

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 3

      ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

    • 4

      北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

    • 5

      ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

    • 6

      トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

    • 7

      ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

    • 8

      AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

    • 9

      ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

    • 10

      北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

    • 3

      ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

    • 4

      北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

    • 5

      iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

    • 6

      強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

    • 7

      イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

    • 8

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 9

      ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

    • 10

      iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

    PICTURE POWER

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
    日本再発見 シーズン2
    ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
    定期購読
    期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
    メールマガジン登録
    売り切れのないDigital版はこちら

    MOOK

    ニューズウィーク日本版 別冊

    0歳からの教育 知育諞

    絶賛発売中!