コラム

国王が譲位!? 若き皇太子と揺れ動くサウジアラビア

2017年09月29日(金)12時28分
国王が譲位!? 若き皇太子と揺れ動くサウジアラビア

サウジアラビアの政治・安全保障・軍事・経済・エネルギー・投資といった分野すべてを掌握するムハンマド皇太子(2017年9月) Saudi Press Agency/Handout via REUTERS

<高齢のサルマーン国王がムハンマド皇太子に譲位するという噂が駆け巡った9月。他にもきな臭い報道があり、突然の「女性の運転解禁」があった。サウジでいま何が起こっているのか>

今年の夏は、サウジアラビアに関する、ある噂がサウジ人、サウジ研究者、外交官、ジャーナリストのあいだを駆け回っていた。9月にサウジのサルマーン国王が退位し、実の息子であるムハンマド皇太子(以下MbS)に譲位するという噂である。

譲位の噂はずいぶんまえから――極論すれば、サルマーンが即位した2015年1月以来ずっと――あちこちで囁かれていたのだが、今回のやつは「9月」と時期を具体的にくぎってきたため、がぜん現実味を帯びて、それでわれわれサウジ・ウォッチャーも慌てはじめたのである。

この原稿を書いているのは9月なので、まだムハンマド国王誕生の可能性はあるのだが、とりあえず噂のなかで比較的信憑性の高いと思われていた犠牲祭(9月1日ごろから4日間)に合わせての退位発表は過ぎてしまったし、イスラーム暦新年(9月21日)というきっかけも無事過ぎた。仮に本当に譲位があるとするなら、個人的に本命と考えていたのが9月23日のサウジアラビアの国祭日(ナショナル・デー)だが、これも粛々と経過してしまった。

その他、宗教的に重要なムハッラム月10日(アーシューラー)が9月末に控えているが、その日はサウジアラビアのようなスンナ派が多数派の国にとっては断食以外それほど大きな意味はないものの、歴史的に重要な事件が多数発生したときでもあるので(ノアの箱舟が上陸したとか)、可能性はないわけではない。

とはいえ、この原稿を書いている最中にも、国王が来年早々訪米するとか、10月はじめにロシアを訪問するなどの報道がサウジ側から飛び込んできた。となると、サルマーン国王のムハンマド皇太子への譲位はやはり噂にすぎなかったのだろうか。

「Mr. Everything」となった現国王の息子

そもそもサルマーン国王が即位し、異母弟ムグリンを皇太子に、甥のムハンマド・ビン・ナーイフ(以下MbN)を副皇太子に任命したとき、まだ30歳にもならなかった実の息子MbSを国防相につけたのが事の発端といえる。実はそれ以前からMbSがいずれ王位を継ぐとの説がまことしやかに語られていたのだが、当時はまだ彼も無名だったので、筆者も半信半疑であった。

しかし、国防相に就任して以降のMbSの躍進ぶりは内外メディアでも頻繁に取り上げられているので、業界ではほぼ既成事実として語られるようになっていた。国防相就任直後にはイエメンのシーア派武装勢力フーシー派を標的とする軍事攻撃を開始したが、これも彼が国王になるための箔づけだとの説が流れた。

しかし、イエメン戦争はサウジ側の意に反して泥沼化している(サウジ側は勝利は近いと主張しているが)。シリアに関してもMbS主導で対テロ・イスラーム軍事同盟が結成されたが、テロ組織イスラーム国に対する軍事作戦で中心的役割を果たせているわけではないし、サウジの支援するシリア反体制武装勢力も呉越同舟で機能していない。

他方、国内での地位については、今年6月にMbNが皇太子から解任され、MbSが代わって皇太子に任命された。これによって彼は、皇太子・国防相・経済開発問題会議議長(そしておそらく政治安全保障問題会議議長も)、さらにアラムコ最高会議議長、公的投資基金理事長などの地位を押さえ、サウジアラビアの政治・安全保障・軍事・経済・エネルギー・投資といった分野すべてを掌握することとなった。

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所研究理事。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

ニュース速報

ワールド

焦点:北朝鮮が自賛する「国産装置」、兵器開発の立役

ビジネス

情報BOX:緊迫するNAFTA再交渉、3カ国の主な

ビジネス

日米経済対話、米自動車輸出の一部巡り騒音試験簡素化

ビジネス

ドルやや上昇、インフレ動向に注目=NY市場

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 3

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱えるニューポリティックス

  • 4

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 7

    アベノミクスが雇用改善に寄与した根拠

  • 8

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 9

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    トランプがアメリカを第3次世界大戦に導く危険を冒す

  • 4

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 5

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 6

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 7

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!