ニュース速報
ビジネス

午前の日経平均は反発、米株高受け自律反発期待の買い優勢

2024年06月18日(火)12時13分

 6月18日、午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比401円67銭高の3万8504円11銭と反発した。写真は都内で2020年10月撮影(2024 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 18日 ロイター] - 午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比401円67銭高の3万8504円11銭と反発した。米国市場でのハイテク株高を受けて自律反発を期待した買いが優勢だった。半導体関連株や電子部品株がしっかりで、指数の押し上げに寄与した。 

日経平均は331円高で寄り付いた。前日の700円超安からの自律反発を期待した買いが先行した。米国市場ではハイテク株比率の高いナスダック総合やフィラデルフィア半導体指数(SOX)が上昇し、国内の半導体関連株は総じてしっかり。iPhoneへのAI搭載に伴う買い替えへの思惑が継続し米アップル関連株は堅調だった。 

その後は、高値圏でのもみ合いとなった。株価の戻りは前日の下落幅の半分程度にとどまり、市場では反発力の弱さも意識された。このところ、低調な商いが続いており「商いが少ないうちはアク抜けしにくい。不安定な地合いはしばらく続くのではないか」(証券ジャパンの大谷正之調査情報部部長)との見方が聞かれた。

前引けにかけては、一時416円58銭高の3万8519円02銭に上値を伸ばした。植田和男総裁が国債買い入れ減額について「相応の規模」とした先週の会見での発言に関して、きょうの国会での半期報告で「今後の検討の結果決まってくる」などと述べたことが伝わり「重ねて説明があったことで、過度な警戒感が緩和したようだ」(国内証券のアナリスト)との見方が聞かれた。市場では、減額規模をめぐる警戒感が前日の株安の一因との見方があった。

TOPIXは0.74%高の2719.92ポイントで午前の取引を終了した。東証プライム市場の売買代金は1兆6667億7200万円だった。東証33業種では、値上がりはその他製品やサービス、繊維など29業種、値下がりは医薬品や電気・ガス、卸売など4業種だった 

東京エレクトロン、TDKが堅調だった。一部証券の目標株価引き上げがあった三菱重工業もしっかり。一方、武田薬品工業や第一三共は軟調だった。

東証プライム市場の騰落数は、値上がりが1356銘柄(82%)、値下がりは268銘柄(16%)、変わらずは22銘柄(1%)だった。

ロイター
Copyright (C) 2024 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 7
    「よく知った人なのに誰だかわからない」──NATO首脳…
  • 8
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 9
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 10
    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 5
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 6
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中