ニュース速報

ビジネス

中国の12月輸入、1年ぶりの低い伸び 輸出は予想上回る

2018年01月12日(金)18時00分

 1月12日、中国税関総署が発表した12月のドル建て輸入は、前年比4.5%増加し、予想(13.0%増)を大幅に下回った。写真は2014年12月浙江省で撮影(2018年 ロイター)

[北京 12日 ロイター] - 中国税関総署が発表した2017年12月の貿易統計は、輸出入(ドル建て)ともに、前年比で予想外に伸びが加速した11月から勢いが鈍った。金融リスクや産業公害への政府の取り締まりが続く中、中国経済が失速している兆候が示された。

12月の輸出は前年比10.9%増と、アナリスト予想(9.1%増)を上回った。11月は12.3%増だった。

<輸入、2016年12月以来の低い伸び>

一方、輸入は前年比4.5%増となり、2016年12月(3.1%増)以来の低い伸び。アナリスト予想(13.0%増)を大幅に下回った。11月は17.7%増だった。

オックスフォード・エコノミクス(香港)のエコノミスト、ルイス・クイジス氏は「金融・財政政策の緩やかな引き締めと不動産の失速により、中国の内需と輸入は2018年に減速するだろう」と語った。

税関総署の報道官は、昨年の輸入額の伸び率の半分は価格上昇によるものと指摘、通商の力強い拡大が続くとは見込みにくい、とした。

エコノミストは、12月の中国の輸入の伸びは完全に価格が原因だとみており、数量ベースでは前年同月比で減少したと推定している。

税関によると、電子機器とハイテク製品の輸入は、11月は前年同月比15%超増加していたが、12月は伸び率が1桁台に鈍化した。

キャピタル・エコノミクスの中国担当シニアエコノミスト、ジュリアン・エバンズ・プリチャード氏は「輸入数量は先月、季節調整済み前月比で6.8%減少した。貿易統計は振れが大きいことが多いとはいえ、約2年ぶりの大幅減は昨年末に内需が鈍化したサインだ」と述べた。

<対米貿易黒字、過去最高を更新>

12月の貿易収支は540億ドルの黒字で、2016年1月以来の高水準となった。

11月の貿易収支は402億1000万ドルの黒字。エコノミストは12月の貿易黒字が370億ドルに縮小すると予想していた。

2017年通年では、輸出が7.9%増で2013年以来の高い伸び。輸入は15.9%増加し、2011年以来の高い伸びだった。

2017年の対米国の貿易黒字は2758億1000万ドルと、過去最高を更新した。同年12月の対米貿易黒字は255億5000万ドルで、黒字幅は前月の278億7000万ドルから縮小した。

トランプ米政権は中国の対米貿易黒字を問題視している。

*内容を追加します。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米大手金融機関、ボーナス「ゼロ」のトレーダーも

ワールド

アングル:米石炭業界雇用は多くの州で減少、トランプ

ワールド

スペイン、カタルーニャ前州首相の拘束をデンマークに

ワールド

訂正:トルコ軍、シリアへ越境攻撃 クルド人勢力との

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 3

    アルツハイマー病に効く? 意外な薬

  • 4

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 5

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 6

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新…

  • 7

    激怒する韓国選手も 北朝鮮と平昌五輪統一チーム結…

  • 8

    アメリカの「政府機関閉鎖」と「債務上限問題」の基…

  • 9

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 10

    期待に応えず、他人に期待しないほうがうまくいく理由

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 7

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 8

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 9

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 10

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 5

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!