ニュース速報

ビジネス

米国株は反発、前日の急落から値を戻す

2017年05月19日(金)06時41分

 5月18日、米国株式市場は主要株価指数が反発して取引を終えた。3月撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 18日の米国株式市場は主要株価指数が反発して取引を終えた。インターネットに関する規制を緩和する動きや堅調な経済指標に下支えされ、過去8カ月超で最大の下げとなった前日から持ち直した。

トランプ大統領がフリン前大統領補佐官(国家安全保障担当)とロシアの関係を巡る捜査を打ち切るよう求めていたとの報道を受け、投資家は依然としてワシントンの政界の動きに強く注目している。

米司法省は17日、昨年の米大統領選でトランプ陣営とロシアが結託した疑惑を巡る捜査を統括する特別検察官に、元連邦捜査局(FBI)長官のロバート・モラー氏を任命した。

オークブルック・インベストメンツのジャンナ・サンプソン共同最高投資責任者(CIO)はモラー氏が任命されたことで、投資家の懸念は和らげられそうだと指摘。「(捜査の)結果がどうであれ、正確で偏りのない結果だと信頼できるとの印象を持たれるだろう」と述べた。

こうした中、米連邦通信委員会(FCC)は「ネットの中立性」に関する規制を撤廃する計画を進めることを可決した。これを受けて通信株が買われ、S&P電気通信サービス株指数<.SPLRCL>は1.2%上昇した。

個別銘柄では、ネットワーク機器のシスコシステムズが7.2%安。同社が示した今四半期の売上高見通しはアナリスト予想より低い水準だった。

小売りのウォルマート・ストアーズは3.2%高。同社の四半期決算は、利益がアナリスト予想を上回った。

この日発表された経済指標では、フィラデルフィア地区連銀が発表した5月の業況指数は上昇。同指数は前月まで2カ月連続で低下していた。また労働省が発表した週間新規失業保険申請件数は労働市場の強さを示す内容だった。

ただ、ニューヨーク中心部マンハッタンのタイムズスクエアで車両が猛スピードで歩道に突っ込み、1人が死亡、22人が負傷した事故を受け、主要株価指数が上げ幅を縮小する場面もあった。テロではないとみられている。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では上げ銘柄が下げ銘柄を上回り、比率は1.03対1だった。ナスダックも1.36対1で上げ銘柄が下げ銘柄を上回った。米取引所の合算出来高は約81億6000万株で、直近20営業日の平均である69億9000万株を上回った。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 20663.02 +56.09 +0.27 20579.65 20759.20 20553.45 <.DJI>

前営業日終値 20606.93

ナスダック総合 6055.13 +43.89 +0.73 5998.46 6073.45 5996.82 <.IXIC>

前営業日終値 6011.24

S&P総合500種 2365.72 +8.69 +0.37 2354.69 2375.74 2352.72 <.SPX>

前営業日終値 2357.03

ダウ輸送株20種 8818.58 +34.84 +0.40 <.DJT>

ダウ公共株15種 700.70 +2.46 +0.35 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1049.29 +19.46 +1.89 <.SOX>

VIX指数 14.66 -0.93 -5.97 <.VIX>

S&P一般消費財 705.45 +4.18 +0.60 <.SPLRCD>

S&P素材 325.48 -0.02 0.00 <.SPLRCM>

S&P工業 558.61 +0.90 +0.16 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 564.62 +0.37 +0.07 <.SPLRCS>

S&P金融 383.33 +1.19 +0.31 <.SPSY>

S&P不動産 194.68 +0.44 +0.22 <.SPLRCREC

>

S&Pエネルギー 492.05 -0.56 -0.11 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 863.41 +3.56 +0.41 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 155.15 +1.85 +1.21 <.SPLRCL>

S&P情報技術 940.20 +5.46 +0.58 <.SPLRCT>

S&P公益事業 262.18 +1.01 +0.39 <.SPLRCU>

NYSE出来高 10.18億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物6月限 ドル建て 19610 + 40 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物6月限 円建て 19605 + 35 大阪比 <0#NIY:>

(ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

ギリシャの円滑な支援脱却には速やかな精査必要=ユー

ワールド

SECへのハッカー、試験送信された実際の企業データ

ワールド

北朝鮮、米が宣戦布告と主張 爆撃機の撃墜含む対抗手

ビジネス

米FRB当局者、物価見通し巡る見解の相違が鮮明に

MAGAZINE

特集:中国が北朝鮮を見捨てる日

2017-10・ 3号(9/26発売)

核とミサイルを手に恫喝を繰り返す北朝鮮 「血の友情」で結ばれたはずの中国はどう出るのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮、太平洋での水爆実験あり得るか? 専門家は「大災害」を指摘

  • 2

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 米朝、非難の応酬

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「核保有国」北朝鮮と世界は共存できるのか

  • 5

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 6

    北朝鮮の次はNFLを「口撃」、スポーツまで敵に回した…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    13年ぶり凱旋、トヨタのでかいピックアップ車は売れ…

  • 9

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 7

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!