最新記事

百田尚樹現象

百田尚樹はなぜ愛され、なぜ憎まれるのか――特集・百田尚樹現象(1)

THE INSCRUTABLE MONSTER

2019年6月27日(木)17時00分
石戸 諭(ノンフィクションライター)

magw190626_Hyakuta02.jpg

書店にはベストセラー小説が平積み HAJIME KIMURA FOR NEWSWEEK JAPAN

後年、同作に付いて回る「右傾エンタメ」という言葉はまだ聞こえてこなかった。岡はむしろ、出版当初は左派から評価されたと語っている。「右傾化」だと言われるようになったのは、百田本人のツイッター(10年に開始)とひもづけて語られるようになってからだという。

証言を裏付けるように同作は文庫化後、10年7月に朝日新聞の書評欄に取り上げられ、絶賛されている。朝日新聞の書評は掲載のハードルが高く、書店員も読書好きも読む。評者は文芸作品の書評を数多く手掛けてきた、ライターの瀧井朝世である。彼女がいかに「絶賛」したかを引用しておこう。

「最後まで信念を持ち続けた彼の心の強さが明るみに出る場面では、どうしても涙腺が刺激されてしまう。......祖父の真実を知った後、人生における決断を下す主人公たちのように、読み手にも何らかの勇気が与えられる。読後には、爽快感すら残されるのだ」

この書評には「右傾化」「戦争賛美」という懸念は一切出てこない。

■ストーリーテリングの妙

作家の本質はデビュー作に表れるという格言に従うならば、そこには確かに本質が詰まっている。かつて百田を担当してきた編集者に話を聞くと、共通する評価ポイントが浮かんできた。そのいずれもが『永遠の0』にはある。

1つは「読みやすさ」だ。百田の小説はどれも平易な日本語で書かれている。デビュー作では、複雑な戦場描写を経験者の「語り」という形で表現することで、シーンを再現した。岡は百田から「自分は関西一ナレーションを書くのがうまい」という話を聞いたことがある。彼は怪物番組『ナイトスクープ』で培ったナレーションの技術を小説に応用している。

次に「ストーリーテリング」の妙である。どうすれば読者を飽きずに引き付けられるのか。山場をいくつも作るストーリー展開と構成力、これも視聴率と向き合ってきたテレビでの経験を応用している。

岡はあるとき、百田から『ナイトスクープ』の分刻みの視聴率グラフを見せられた。ちょっと下がった原因は展開がもたついたからチャンネルを変えられた、上がったのは盛り上がるように山場を作ったからといった形で百田は事細かに分析してみせた。小説執筆中も何度も「チャンネルを変えられないようにせんとなぁ」というつぶやきを聞いている。

今となっては誰も指摘しないが、こうした百田の作品は、現代屈指のストーリーテラーからも高く評価されてきた。『ボックス!』(講談社文庫、13年)の解説で、「メタルギア」シリーズで知られる世界的なゲームデザイナー・小島秀夫がこう記している。「(百田作品のキャラクターは)外見や血統、人種、性別、敵も味方もない、人としての強さと美しさが真摯に描かれる。......どんなジャンルを描こうと、百田さんが常に人気作家である理由はそこにある」

伝説のボクサー、ファイティング原田を描いたノンフィクション『「黄金のバンタム」を破った男』(PHP文芸文庫、12年)の解説を書いた増田俊也は、もっと直截的な賛辞を贈った。大宅壮一ノンフィクション賞を受賞するなど、業界屈指の書き手である増田は、「論文のような評伝」が多い現状を嘆き、読ませることの重要性を知っていると百田を評価する。そして、目標とする作家は「百田尚樹さんです」と「はっきりと言う」と明記するのだ。

06年までどこにも相手にされなかったオールドルーキーは、実力でのし上がり、わずか数年足らずでベストセラーと高評価を連発する出版業界の希望になっていく。同じジャンルは繰り返さない、と明言し多彩に描き分ける百田を出版不況に悩む業界が放っておくわけもなく、各社はこぞって駆け寄り、新作を欲しいと口説いて回った。

1つの頂点は13~14年だ。『海賊~』で本屋大賞受賞、『永遠の0』が映画化され、異例の大ヒットを記録した時である。やがて彼はデビュー作から数年で、もう1つのメディアに足を踏み出していく。その転機は12年にあった。

※続き:百田尚樹特集(2)はこちら
幻冬舎・見城徹が語った『日本国紀』、データが示す固定ファン――特集・百田尚樹現象(2)

【関連記事】ニューズウィーク日本版はなぜ、「百田尚樹現象」を特集したのか

※百田尚樹氏の3時間半にわたる独占インタビュー『僕は右派と左派の真ん中』は、本誌のみに掲載

20190604cover-200.jpg
※6月4日号(5月28日発売)は「百田尚樹現象」特集。「モンスター」はなぜ愛され、なぜ憎まれるのか。『永遠の0』『海賊とよばれた男』『殉愛』『日本国紀』――。ツイッターで炎上を繰り返す「右派の星」であるベストセラー作家の素顔に、ノンフィクションライターの石戸 諭が迫る。百田尚樹・見城 徹(幻冬舎社長)両氏の独占インタビューも。


ニュース速報

ビジネス

米債券投資家、FRBの姿勢見極めへ イールドカーブ

ワールド

焦点:トランプ氏、米中第1段階合意にしがみつく他な

ワールド

米大統領選、バイデン氏の民主候補指名が確定 必要な

ワールド

ブラジル大統領、WHO脱退検討を表明 政治的偏向に

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 2

    米政権のデモ弾圧を見た西欧諸国は、今度こそアメリカに対する幻想を捨てた

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざ…

  • 5

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 6

    メルケル首相「正直、苦痛だ」......相次ぐロシアの…

  • 7

    「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

  • 8

    NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

  • 9

    韓国ではなぜ新型コロナ第2波のリスクが高まったのか

  • 10

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 3

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 7

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 9

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 10

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 1

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 2

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 10

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月