最新記事

CBD

悪質な製造元も──噂のCBDコスメ「シワを減らす」効果は示されていない

2019年12月27日(金)17時50分
寺町幸枝

写真はイメージ IRA_EVVA-iStock

<CBDオイル人気にあやかり、質の悪い製品も出回り始めている。アメリカではCBDオイルを巡って、いくつもの製造元が、FDAにより会社を閉鎖に追い込まれているという>

数年前まで全く聞いたこともなかった「CBDオイル(カンナビジオールオイル)」という麻の成分を含んだオイルが、今密かに注目されている。科学的な側面による効果については未だ解明されていないにもかかわらず、人工的に作り出された薬品よりも「植物から採取されたものの方が安全」という理由で摂取をする人が増えている。美容面では特に、ニキビや濾過によるシワ対策に良いと話題になっている。

重要なのはTHC濃度と生産工程の透明性

英国のグッド・ハウスキーピング誌によると、CBDオイルが含まれている製品が毎週のように新発売されているという。CBDオイルの特徴は、他のシードオイルと違い、植物そのものから取られたエキスが原料になっているため、アミノ酸やオメガ3といった栄養素が豊富に含まれているだけではなく、抗炎症作用が働くため、ニキビ予防や、シワ対策などに優れた効果があるという。

一方で、CBDオイル人気にあやかり、質の悪い製品も出回り始めている。実際米国では、CBDオイルを巡って、いくつもの製造元が、米食品医薬品局(FDA)により会社を閉鎖に追い込まれているという。そんな中、米国のobsever.comは、CBDオイルを選ぶ際の9つのポイントと、5つのおすすめ製品を掲載している。中でも、「THCレベルの表示」について着目したい。

米国では、処方箋なしに手に入れられるCBDオイルについて、法律で定められた規定の濃度は0.3%だ。さらに、顧客のことを考えた質の高いオイルの生産を行っているかについて、「生産工程の透明性」を確保している企業であるかを見極めるのも、重要だという。それには、社外の検査機関によるクオリティーチェックをきちんと掲載しているブランドの製品を見つける事が必須だ。

ニュース速報

ビジネス

米FRB、経済の完全な回復まであらゆる手段行使=パ

ビジネス

米FRB、一般企業と地方政府に資金供給 2.3兆ド

ワールド

中国、新型コロナ検査強化へ 再発リスクに警戒

ワールド

カナダ、新型コロナ死者最大2.2万人も 3月は10

RANKING

  • 1

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 2

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 3

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 5

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!