プレスリリース

カール F. ブヘラとサッカースイス代表チームとの絆

2021年06月12日(土)10時00分
SwissPrimeBrands株式会社
待望のUEFA EURO 2020がついに開幕! カール F. ブヘラはスイス代表チームに熱い声援を送ります。


PRESS RELEASE

カール F. ブヘラとスイスサッカーチームとの絆

待望のUEFA EURO 2020がついに開幕!
カール F. ブヘラはスイス代表チームに熱い声援を送ります。



2021年6月12日、ついにサッカーヨーロッパ選手権(UEFA EURO 2020)が開幕しました。16回目を数える今大会は本来2020年に開催する予定だったのが、新型コロナウィルス感染のために2021年に延期になったもので、世界中のサッカーファンが待ち焦がれていた待望の大会です。

カール F. ブヘラが2016年からオフィシャルタイムキーパーを務めるスイス代表チームももちろん、出場します!予選D組を1位で通過したスイスチームはグループAでトルコ、イタリア、ウェールズと戦い、予選リーグ突破を目指します。
この4年に一度の熱狂的な大会が始まるにあたり激励の気持ちを込めて、カール F. ブヘラは代表選手、監督らチームメンバーに「パトラビ スキューバテック ブラック」を進呈しました。
(贈呈式の様子は、カール F. ブヘラ公式インスタグラムアカウントにて紹介しています。
@carlfbucherer / https://www.instagram.com/p/CP8ai20CSkK/

代表チームに贈られた「パトラビ スキューバテック ブラック」
スキューバテックはブランドコレクションの中でも本格的なスポーツウォッチ。50気圧防水に文字盤を覆うのは4mm厚のサファイアクリスタルと、その堅牢な作りはタフなスポーツシーンでも正確な時を刻む頼もしい相棒です。また「スキューバテック ブラック」はDLC(ダイアモンド・ライク・カーボン)加工を施したチタン素材を使用、軽量な素材と高硬度で耐摩耗性に優れた加工が特徴です。何より、オールブラックの精悍なデザインが戦うアスリートの強さを伝えてくれるモデルです。

スイス ルツェルンを拠点とする時計メーカー、カール F. ブヘラはスイスとの繋がりを大切に、サッカースイス代表チームをサポートしています。

「スイスチームの試合日程」
6月12日 (日本時間22:00) VSウェールズ
6月16日 (日本時間17日4:00) VSイタリア
6月20日 (日本時間21日1:00) VSトルコ


「パトラビ スキューバテック ブラック商品詳細」
自動巻き(COSC認定クロノメーター)、ケース径44.6mm、DLC加工チタン製ケース、
ラバーストラップ(一部再生PET製テキスタイル)、50気圧防水、990,000円(税込)


詳細については下記へお問い合わせください:
SwissPrimeBrands株式会社
マーケティングディレクター 笠岡安紀子
Tel. 03-6226-4650
E­Mail: akiko.kasaoka@swissprimebrands.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

GM、第2四半期は黒字転換 通年見通し上方修正でも

ビジネス

米、外国人渡航者にワクチン接種義務付けを計画=政府

ビジネス

米インフラ法案、数日内に最終採決も 5日のCBO見

ビジネス

ウーバー、第2四半期は赤字拡大 運転手奨励金が圧迫

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれていたカミソリで負傷

  • 4

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「…

  • 5

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘル…

  • 6

    火星の深部構造が探査機インサイトからのデータで判…

  • 7

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 8

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 9

    高級ホテルのWi-Fiはなぜ危険? 北朝鮮ハッカーの手…

  • 10

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 7

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 8

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 9

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 10

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中