プレスリリース

デザイナー ジョルジオ・アルマーニが初めてヨットをデザイン

2021年04月08日(木)18時00分
ジョルジオ アルマーニ ジャパン 株式会社
2024年完成予定の大型モーターヨット「Admiral(提督)」


デザイナー ジョルジオ・アルマーニは、世界でも有数のヨットメーカー イタリアン・シーグループと共同で、全長72メートルの大型モーターヨット「Admiral(提督)」のデザイン、設計を行うことを発表しました。ヨット好きで知られ、自らも大型ヨットを所有するジョルジオ・アルマーニですが、ヨットをデザイン、設計するのは、今回が初めてとなります。



昨年、家具やインテリア用品を扱う「アルマーニ / カーザ」が20周年を迎えました。この経験値がヨットのインテリアにも多数取り入れられアルマーニの世界観と想いがより強く表現される空間となります。また、これまでドバイや、ミラノで培ったアルマーニ ホテルの最高級のホスピタリティ、そして大手デベロッパーと数々の高級マンションプロジェクトを成功へ築いてきたアルマーニにとって、今回のイタリアン・シーグループとの大型ヨット建造共同プロジェクトは、自然な流れであり「Admiral(提督)」の完成は、今から注目されています。


【ジョルジオ・アルマーニとヨット】
毎年夏になると、休暇をヨットで過ごすジョルジオ・アルマーニの姿が地元のタブロイド紙を飾るほどアルマーニにとってヨットは大切な生活の一部になっています。自らが所有する2隻のヨットの一隻は、母親の名にちなみ「Mariù(マリウ)」と名付けられています。2003年に完成したこのヨットは、全長50メートルの大型船です。チーク材の広い床板、オーク材の羽目板、開放的なサルーンという豪華な造りに、ミニマルに仕上げられた客室のインテリアがアルマーニの美学を感じさせる仕様になっています。

そして、2隻目のヨット「Maìn(マイン=海)」は、一見黒に見間違うようなダークグリーンの塗装が施されています。全長65メートルを誇り、船内のインテリアはもちろん、乗組員のオリジナルユニフォームなど、すべてアルマーニ自身がデザインするという徹底してアルマーニ流美学を貫いてこのヨットをカスタマイズしています。アルマーニは、長期休暇の際、このお気に入りのヨットでパンテッレリーア島などを訪れ、ヴァカンスを楽しんでいます。


2隻目のヨット「Maìn(マイン=海)」(C)Alessandro Braida


アルマーニ カーザの家具や照明を取り入れた船内 (C)Alessandro Braida

【イタリアン・ シーグループ】
イタリアン・ シーグループは、高級ヨットの世界的メーカー。モーターヨットから全長100メートルにおよぶヨットまで、船舶の建造や改装を行っています。イタリア人実業家のジョバンニ・コスタンティーノが代表を務める同社は、格調高くエレガントなヨットで知られる「Admiral」と、スポーティで最先端のデザインと高性能なヨットで知られる「Tecnomar」で事業を展開しています。全長60メートル以上のヨットを中心に修理・改装サービスを管理する事業も手掛けています。

公式サイト: https://www.armani.com
公式Twitter: https://twitter.com/ARMANI_JAPAN
公式Facebook: https://www.facebook.com/armani.japan/
公式YOUTUBE: https://www.youtube.com/Armani
公式Instagram: https://www.instagram.com/giorgioarmani/
公式LINE: https://lin.ee/jg1Lsbv

お問合せ先:ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

市場は債券購入加速の目的を理解=ECB総裁

ワールド

イラン核施設で異常発生、原子力長官は「テロ」と断定

ビジネス

ビットコイン6万ドル超え最高値に接近、発掘通貨の供

ワールド

アングル:ミャンマー製衣料品、コロナとクーデターで

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿下の死去で適用される英王室の厳格な規定

  • 4

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国…

  • 5

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 6

    メーガン妃のまことしやかな被害者談に惑わされるな

  • 7

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 10

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中