プレスリリース

防衛市場における5Gは、2027年まで57.50%のCAGRで成長すると予想されています

2021年01月14日(木)18時17分
Report Ocean
Reportocean.comは新しいレポートを追加しました「防衛市場調査レポートの5G」。 成長ドライバー、市場機会、課題、競争環境、防衛産業における5Gの脅威など、主要な市場のダイナミクスに焦点を当てています。


防衛市場における世界の5Gは、2019年に約4,053万米ドルと評価され、2020年から2027年の予測期間にわたって57.50%を超える健全な成長率で成長すると予想されています。



レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw1802

市場概況:



5Gテクノロジーは、高度な通信とネットワーキングに加えて、データレートの向上、潜在的なエネルギー節約、4Gよりも低い遅延を提供します。防衛部門での5Gの統合は、これらの利点を低コストで提供し、戦車、戦闘機などの防衛機器間の高速通信を提供し、市場の成長を促進します。したがって、支出の膨張による軍への急速な投資が市場の成長を促進します。ストックホルム国際平和研究所(SPIRI)によると、米国は2018年の支出と比較して、国防費を5.3%増加させ、2019年には合計7,320億米ドルに達しました。世界の国防費の38%を占めています。また、防衛システムの近代化に向けた政府の関心の高まりは、市場の成長を促進します。 2020年10月と同様に、米国国防総省は、全米の5つの軍事基地で5Gテクノロジーのテストと評価を行うために、15の元請業者に6億米ドルの契約を与えることを発表しました。この近代化により、軍隊での自律的で接続されたデバイスと車両の調達が増加し、効率的な運用のために5Gの使用が必要になりました。ただし、5Gを使用するための標準とプロトコルの欠如は、2020年から2027年の予測期間にわたる市場の成長を妨げます。ただし、IoTとMLの成長は、市場に有利な機会をもたらします。

防衛市場におけるグローバル5Gの地域分析は、アジア太平洋、北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の地域などの主要地域で検討されています。北米は、テクノロジーの早期採用と十分に確立されたインフラストラクチャにより、市場シェアの点で世界をリードする/重要な地域です。一方、アジア太平洋地域も2020年から2027年の予測期間にわたって最高の成長率/ CAGRを示すと予想されます。 IoTの急速な普及などの要因により、アジア太平洋地域全体の防衛市場における5Gの有利な成長見通しが生まれます。

このレポートに含まれる主要な市場プレーヤーは次のとおりです。


エリクソン
Huawei
ノキアネットワークス
サムスン
NEC
タレスグループ
L3Harris Technologies Inc
レイセオンテクノロジーズ
リガドネットワークス
ウインドリバーシステムズ株式会社


詳細については、sales@reportocean.comまでメールでお問い合わせください。

この調査の目的は、近年のさまざまなセグメントと国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。レポートは、調査に関与する各地域および国内の業界の定性的および定量的側面の両方を組み込むように設計されています。さらに、レポートはまた、市場の将来の成長を定義する駆動要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報を提供します。さらに、レポートはまた、主要なプレーヤーの競争力のある風景と製品提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのマイクロ市場で利用可能な機会を組み込むものとします。市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します。

通信インフラストラクチャ別:


スモールセル
マクロセル
無線アクセスネットワーク(RAN)


コアネットワークテクノロジー別:


ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)
フォグコンピューティング(FC)
モバイルエッジコンピューティング(MEC)
ネットワーク機能仮想化(NFV)


プラットフォーム別:


土地
海軍
空挺


エンドユーザー別:


ミリタリー
国土安全保障


地域別:


北米
米国
カナダ
ヨーロッパ
英国
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア

アジア太平洋地域
中国
インド
日本
オーストラリア
韓国
RoAPAC
ラテンアメリカ
ブラジル
メキシコ
世界のその他の地域


レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw1802

私たちに関しては:

私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

アングル:北京で食品価格が高騰、旧正月と近隣省の封

ビジネス

東証、東芝を1部市場に指定 1月29日に復帰

ビジネス

日経平均は反落、利益確定優勢 企業決算控え様子見も

ビジネス

12月全国百貨店売上高は前年比13.7%減、15カ

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り…

  • 5

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 6

    「大覚醒でトランプ続投」の予言が裏切られ、Qアノン…

  • 7

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断…

  • 8

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 9

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身…

  • 10

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 5

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!