プレスリリース

DHLジャパン、Jリーグ 浦和レッズと15年目のトップパートナーシップ契約を締結

2021年01月18日(月)16時50分
DHLジャパン株式会社
新監督を迎え新たなスタートに立つ2021年の浦和レッズを、DHLが強力にバックアップします。

15年の節目となる今年、DHLは新たに浦和レッズレディースをサポートをすることも決定しました。2021年、DHLは浦和レッズとともに日本のサッカーシーンを盛り上げます。


国際エクスプレスのリーディングカンパニー、DHLジャパン株式会社(代表取締役社長:トニー カーン 本社:東京都品川区)は、サッカー明治安田生命J1リーグのクラブチーム、浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ、本拠地:埼玉県さいたま市)とのトップパートナーシップ契約を更新しました。浦和レッズの2021年シーズン新加入選手発表に合わせ、本日DHLジャパンが発表しました。DHLジャパンと浦和レッズのトップパートナーシップ契約は、今年で15年目となります。
2021年シーズンを闘う浦和レッズの新ユニフォームには、黄色と赤のDHL企業ロゴが力強く刻まれています。(C)URAWA REDS

新たなユニフォームに袖を通した、浦和レッズの2021年シーズン新加入の選手たち (C)URAWA REDS
DHLジャパンのトップパートナーシップ契約は2007年、浦和レッズが日本勢として初めてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で優勝を果たしたシーズンより続いています。DHLエクスプレスのDNAであるスピード(SPEED)と情熱(PASSION)をピッチの上で体現する浦和レッズとの長年に渡るパートナー関係は、これまでDHLジャパンのお客様や従業員によい影響を与えてきました。

DHLジャパン株式会社 代表取締役社長トニー カーンは、次のように述べています。「Jリーグ随一の人気を誇る浦和レッズのパートナー企業を15年もの長きに渡り継続させていただけることは非常に光栄なことです。昨年、コロナ禍で苦しい環境の中でも、ひたむきに戦う浦和レッズの選手たちの姿が、地域の人々、そして社会にとても勇気を与えてくれました。スポーツ界も国際社会も前例のないチャレンジに直面していますが、DHLと浦和レッズはともに闘い、2021年も人々の生活に貢献して参りたいと思います」。

トップパートナーとして15年目の節目のシーズンとなる今シーズンについて、昨日浦和レッズが、リカルド ロドリゲス新監督の就任を発表しました。DHLジャパンは2月27日のJリーグ開幕戦のマッチスポンサーとして、新監督就任により新たな体制で迎える浦和レッズの2021年シーズン初戦のホームゲームを大いに盛り上げます。また今年9月に予定されている、女子サッカーのプロリーグ「WEリーグ」の開幕に伴い、DHLジャパンは新たに浦和レッズレディースのパートナーとなることも決定しました。

浦和レッドダイヤモンズ株式会社 代表取締役社長の立花洋一氏は、「今年もDHLジャパンに引き続きトップパートナーとなっていただけることを嬉しく思います。ACL初出場の2007年から15年、グローバルなビジネス展開をしているDHLから数多くの力強いサポートをいただいてきました。Jリーグ優勝を目指し、再びアジアの舞台であるACLにチャレンジ出来るよう、全力で闘ってまいります」と、述べています。

浦和レッズが掲げる、「スポーツを通じてよりよい豊かな地域・社会を創る」という活動方針は、DHLグループが掲げる企業ポリシー“Connecting People, Improving Lives(人々を繋ぎ、生活の向上に貢献する)“に共通するものであり、浦和レッズがピッチの内外で行うさまざまな社会貢献事業や国際交流活動にも、DHLジャパンは、輸送支援などを通じてサポートしていく予定です。

浦和レッズのホームスタジアムである埼玉スタジアム2○○2には、DHLのブランドバナーが掲出され、また2021シーズンユニフォーム(ショーツ)や、プラクティスウエア(練習着)にはDHLの企業ロゴがプリントされ、トップパートナーとして同チームを力強く支える姿勢をアピールいたします。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

NZ中銀総裁、緩和策の継続を再度表明

ワールド

米、シリア国内の親イラン勢力施設を空爆=当局者

ビジネス

米ドアダッシュ、今年下期の受注鈍化見込む ワクチン

ビジネス

鉱工業生産、1月は半導体増産で3カ月ぶりプラス 3

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に拍車か

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 5

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 6

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 7

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 8

    米欧の研究で分かった、ポピュリスト政党の倒し方

  • 9

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 10

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 4

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 5

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 6

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!