プレスリリース

4年連続日本一の福岡ソフトバンクホークス、日本一記念商品のオンライン売上が1.5倍で過去最高

2020年11月27日(金)18時28分
Fanatics Japan
自宅観戦でネットニーズ増加:【期間限定】日本一記念商品をオンラインで発売中

世界最大級のオフィシャルスポーツライセンスマーチャンダイズ企業であるFanatics Inc.(ファナティクス 米国 CEO:Doug Mack 以下「ファナティクス」)の日本法人ファナティクス・ジャパン合同会社(東京都港区 マネジング・ディレクター:川名正憲 以下「ファナティクス」)は、運営する福岡ソフトバンクホークス(福岡市 代表取締役社長兼オーナー代行:後藤芳光 以下「ソフトバンクホークス」)公式オンラインストアの日本一記念商品の売上が前回優勝した2019年と比較して1.5倍の売上を記録したことをお知らせします。




1■2019年時の日本一達成時と比べ、オンラインのグッズ売上が大幅に増加
ファナティクスは、ソフトバンクホークスの公式オンラインストアである「HAWKS公式オンラインストア」を2019年シーズンより運営してまいりましたが、2020年日本一記念商品売上が、昨年の記録を大幅に更新しました。




HAWKS公式オンラインストアでは、ソフトバンクホークスが日本一を決めた直後から2日間での売上が前回優勝時に比べて146%を記録し、日本一記念商品売上として、過去最高を記録しました。

▼【期間限定】HAWKS公式オンラインストアで日本一記念商品を発売中(下記はその一部)
HAWKS公式オンラインストアURL:https://www.softbankhawksstore.jp/stores/hawks/ja



2■【3つのポイント】なぜ前回2019年優勝時よりも多くのグッズが売れたのか



2020年のレギュラーシーズンは新型コロナウイルスの影響もあり、リーグ戦再開後も観客動員に制限を設けた形で試合が行われ、11月21日から25日の試合についても同様に観客動員に制限を設けた形での実施となりました。
そのような中、HAWKS公式オンラインストアに訪れるお客様の数も昨年比で大幅に増えており、自宅観戦するお客様に、HAWKS公式オンラインストアで多くの商品をお買い求め頂くこととなりました。



ファナティクスでは過剰在庫を持つ必要のないビジネスモデルを構築し、タイムリーな商品の企画・製造・販売を得意としています。ファンが熱狂する瞬間を商品という形にして提供することでファンの満足度を最大化いたします。
ファンの手元にすぐ届く商品を2019年日本一達成時から4倍に増やし、トータルでの商品数を約1.4倍の約600種類にまで増やして品揃えを強化したことで、過去最高の売上を記録することができました。




昨今の環境を踏まえて、マスクやおうち観戦グッズ等の新たな感染需要に応える商品も多数取り揃えたことで、新型コロナ感染症禍の状況においても、お客様に満足頂けるような品揃えの工夫を施した結果、売上が昨年対比で大きく拡大した要因の1つとなりました。
【マスク】


【エコバッグ】


【おうち観戦グッズの一例】




3■【グッズ売上ランキングTOP3】2020福岡ソフトバンクホークス日本一達成記念

【ランキング3位 】『20日本一記念パーカー BLACK』



【価格】6,900円(税込)
【素材】綿
【サイズ】150/S/M/L/XL/2XL
https://www.softbankhawksstore.jp/stores/hawks/ja/product/jm06sb0015bk/307022


【ランキング2位 】 『20日本一記念マスク BLACK』


【価格】1,200円(税込)
【素材】ポリエステル91%、スパンデックス9%
【サイズ】縦12.5cm×奥行き(中心から先端まで)16cm
https://www.softbankhawksstore.jp/stores/hawks/ja/product/jm08sb0024wh/307007


【ランキング1位 】『20日本一記念Tシャツ BLACK』



【価格】3,900円(税込)
【素材】綿100%
【サイズ】150/S/M/L/XL/2XL
https://www.softbankhawksstore.jp/stores/hawks/ja/product/jm01sb0076bk/307016





今後もファナティクスは保有する経営資源を最大限活用し、すべてのスポーツファンに寄り添う企業であり続けるために、更なる飛躍と発展を遂げるべく努力していまいります。


■ファナティクス、および、ファナティクス・ジャパンについて
【Fanatics Inc.】

本社: アメリカ合衆国フロリダ州ジャクソンビル
Executive Chairman: Michael Rubin(マイケル・ルービン)
CEO: Doug Mack(ダグ・マック)
事業内容: オフィシャルスポーツライセンスのアパレル商品・グッズの製造および流通、メジャースポーツリーグ、プロチーム、大学チームなどのオンラインストアおよびリテールショップの運営など
https://fanaticsinc.com/

【ファナティクス・ジャパン合同会社(英文表記:Fanatics Japan G.K.)】
本社:東京都港区虎ノ門3-8-21 虎ノ門33森ビル8F
代表(マネジング・ディレクター):川名 正憲
事業内容:
日本ではプロ野球3球団のオフィシャルユニフォームサプライヤーとして、選手ユニフォームやファン向けのアパレルグッズを傘下の「Majestic」ブランドで展開。ファングッズの企画、製造、販売までを垂直統合的に行う「V-commerce」というビジネスモデルを強みとしており、よりファンの皆様にご満足頂けるサービスを実現していきます。https://fanaticsinc.com/japan/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

NZ、隔離終了後の帰国者は南ア変異種に感染=コロナ

ビジネス

サウジ政府系ファンド、5年で資産倍増し1.07兆ド

ワールド

訂正-NZで数カ月ぶりの市中感染か、隔離期間終了女

ワールド

中国、外国船舶への武器使用を許可 全人代が法案可決

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 2

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプをドローンが狙う画像掲載

  • 3

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎えた対コロナ戦争【コロナ緊急連載】

  • 4

    バイデン、分断の厳しさにさっそく直面 テキサス州「…

  • 5

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 6

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

  • 7

    「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

  • 8

    日本食を芸術へと高める「ワサビ」の里 山と海をつ…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 7

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 8

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 9

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!