プレスリリース

ドイツNo.1(*) キッチン&テーブルウェアブランド WMF(ヴェーエムエフ) が、ノンスティック コーティングフライパン「セラデュール プロフィ」を新発売!

2020年06月30日(火)11時11分
株式会社グループセブ ジャパン
(*)ユーロモニターインターナショナル調べ 2018年ドイツにおけるキッチン用品部門、小売販売額 (2019年度版)

独自の高品質ステンレス素材を採用し、丈夫さと使いやすさを兼ね備えたノンスティック コーティングフライパン


株式会社グループセブ ジャパン(本社:東京都港区/代表取締役社長:アンドリュー・ブバラ)は、ドイツのNo.1キッチン&テーブルウェアブランド、WMF(ヴェーエムエフ)より、独自の高品質ステンレス素材を本体に採用し、こびりつきにくいノンスティックコーティングを施したフライパン「セラデュール プロフィ」を、2020年6月下旬に発売いたします。

「セラデュール プロフィ」は、1927年にWMFが独自開発した高品質ステンレススティール素材「クロマーガン(Cromargan(R))」を本体に採用。クロムの含有量が多く、銀のような輝きを持つことから、サビに強く美しい輝きを長く保ちます。鏡のような光沢のある外面と黒のコンビネーションが、キッチンをスタイリッシュに演出します。底面はアルミニウム合金をステンレスで挟んだ三層構造で、高い熱伝導率と蓄熱性を発揮します。さらに中面にセラミックノンスティックコーティングを施し、こびりつきにくさと耐久性の高さを実現。ふちは液だれしにくく、汁物も注ぎやすい形状となっています。ハンドルは人間工学に基づく握りやすいデザインで、ガスなどの直火から守るフレームプロテクト付きです。IHを含む、全ての熱源に対応しています。

「セラデュール プロフィ」は、WMFの高い機能性やデザイン性を継承しつつ、毎日の料理を使いやすさと丈夫さでサポートするフライパンです。WMF公式オンラインショップ(https://www.t-fal-onlineshop.jp/tfal/shop/wmf.html)および一部店舗にて販売しています。






ドイツNo.1キッチン&テーブルウェアブランド、WMF(ヴェーエムエフ)
今年で創業167年。伝統の品質とものづくりの精神が息づく、ドイツで誕生したキッチン&テーブルウェアブランド「WMF (ヴェーエムエフ)」は、1853年の設立以来、最上の品質と洗練されたデザインのキッチンウェアおよびテーブルウェアをトータルにご提供するブランドとして、世界約90カ国でご愛用いただいております。2019年に、ドイツにおけるキッチン用品部門(※1)のNo.1ブランドに選ばれています。(※2)

(※1)キッチン用品: 調理器具・皿・テーブルウェア・カトラリー・ドリンクウェア・その他キッチン用品含む。中古・アンティーク品を除く。
(※2)ユーロモニターインターナショナル調べ 2018年ドイツにおけるキッチン用品部門、小売販売額 (2019年度版)

<WMFの主な取扱い店舗> ※店舗によってお取り扱い製品は異なります。
高島屋日本橋店/玉川店/横浜店/大阪店/京都店/ジェイアール名古屋タカシマヤ、日本橋三越本店、伊勢丹新宿本店、京王百貨店新宿店、西武池袋本店、東武百貨店 池袋店、そごう横浜店/千葉店、阪急うめだ本店、大丸京都店/神戸店/心斎橋店、松坂屋名古屋本店、あべのハルカス近鉄本店、丸井今井札幌本店、岡山天満屋

公式オンラインショップ:https://www.t-fal-onlineshop.jp/tfal/shop/wmf.html
Sommelier@Gift(ソムリエ@ギフト)楽天市場店:https://www.rakuten.ne.jp/gold/bellevie-harima/
Select+Shop AQUA楽天市場店:https://www.rakuten.ne.jp/gold/importshopaqua/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

中国ロケット残骸、9日までに大気圏再突入の予想=米

ワールド

アングル:乾燥化進むブラジル、「貯水の森」再生目指

ビジネス

アングル:ワクチンパスポートは航空業界の「救世主」

ビジネス

焦点:投資家がアジア国債保有見直し、相対的に安全な

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 3

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 7

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 8

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 9

    メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

  • 10

    コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 6

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 7

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中