プレスリリース

ドイツNo.1(*) キッチン&テーブルウェアブランド WMF(ヴェーエムエフ) が、ノンスティック コーティングフライパン「セラデュール プロフィ」を新発売!

2020年06月30日(火)11時11分
株式会社グループセブ ジャパン
(*)ユーロモニターインターナショナル調べ 2018年ドイツにおけるキッチン用品部門、小売販売額 (2019年度版)

独自の高品質ステンレス素材を採用し、丈夫さと使いやすさを兼ね備えたノンスティック コーティングフライパン


株式会社グループセブ ジャパン(本社:東京都港区/代表取締役社長:アンドリュー・ブバラ)は、ドイツのNo.1キッチン&テーブルウェアブランド、WMF(ヴェーエムエフ)より、独自の高品質ステンレス素材を本体に採用し、こびりつきにくいノンスティックコーティングを施したフライパン「セラデュール プロフィ」を、2020年6月下旬に発売いたします。

「セラデュール プロフィ」は、1927年にWMFが独自開発した高品質ステンレススティール素材「クロマーガン(Cromargan(R))」を本体に採用。クロムの含有量が多く、銀のような輝きを持つことから、サビに強く美しい輝きを長く保ちます。鏡のような光沢のある外面と黒のコンビネーションが、キッチンをスタイリッシュに演出します。底面はアルミニウム合金をステンレスで挟んだ三層構造で、高い熱伝導率と蓄熱性を発揮します。さらに中面にセラミックノンスティックコーティングを施し、こびりつきにくさと耐久性の高さを実現。ふちは液だれしにくく、汁物も注ぎやすい形状となっています。ハンドルは人間工学に基づく握りやすいデザインで、ガスなどの直火から守るフレームプロテクト付きです。IHを含む、全ての熱源に対応しています。

「セラデュール プロフィ」は、WMFの高い機能性やデザイン性を継承しつつ、毎日の料理を使いやすさと丈夫さでサポートするフライパンです。WMF公式オンラインショップ(https://www.t-fal-onlineshop.jp/tfal/shop/wmf.html)および一部店舗にて販売しています。






ドイツNo.1キッチン&テーブルウェアブランド、WMF(ヴェーエムエフ)
今年で創業167年。伝統の品質とものづくりの精神が息づく、ドイツで誕生したキッチン&テーブルウェアブランド「WMF (ヴェーエムエフ)」は、1853年の設立以来、最上の品質と洗練されたデザインのキッチンウェアおよびテーブルウェアをトータルにご提供するブランドとして、世界約90カ国でご愛用いただいております。2019年に、ドイツにおけるキッチン用品部門(※1)のNo.1ブランドに選ばれています。(※2)

(※1)キッチン用品: 調理器具・皿・テーブルウェア・カトラリー・ドリンクウェア・その他キッチン用品含む。中古・アンティーク品を除く。
(※2)ユーロモニターインターナショナル調べ 2018年ドイツにおけるキッチン用品部門、小売販売額 (2019年度版)

<WMFの主な取扱い店舗> ※店舗によってお取り扱い製品は異なります。
高島屋日本橋店/玉川店/横浜店/大阪店/京都店/ジェイアール名古屋タカシマヤ、日本橋三越本店、伊勢丹新宿本店、京王百貨店新宿店、西武池袋本店、東武百貨店 池袋店、そごう横浜店/千葉店、阪急うめだ本店、大丸京都店/神戸店/心斎橋店、松坂屋名古屋本店、あべのハルカス近鉄本店、丸井今井札幌本店、岡山天満屋

公式オンラインショップ:https://www.t-fal-onlineshop.jp/tfal/shop/wmf.html
Sommelier@Gift(ソムリエ@ギフト)楽天市場店:https://www.rakuten.ne.jp/gold/bellevie-harima/
Select+Shop AQUA楽天市場店:https://www.rakuten.ne.jp/gold/importshopaqua/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

焦点:ダウ史上初の3万ドル突破、投資家からは冷静な

ワールド

新型コロナの「回復者血漿療法」、効果薄い=臨床試験

ビジネス

米ギャップ、第3四半期は32%減益 時間外で株価下

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者593

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 2

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 3

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天皇皇后両陛下への「お辞儀」の真実

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 6

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 7

    トランプはなぜあれほど強かったのか──経済政策でも…

  • 8

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 9

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 10

    IQじゃない。習い事で伸ばすべきは「非認知能力」

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!