プレスリリース

コーン・フェリー、コロナ禍が企業の報酬/福利厚生に与える影響のグローバル調査第3回結果を発表

2020年06月30日(火)10時00分
コーン・フェリー・ジャパン
コロナ禍の影響を脱しつつあるも、7割ほどの企業が年間事業収益の減少を予測。先進的な企業は未来の報酬戦略の検討に着手

グローバルな組織コンサルティングファームのコーン・フェリー(NYSE:KFY|コーン・フェリー・ジャパン 東京都千代田区 日本共同代表:滝波純一、五十嵐正樹)は、新型コロナウイルス(COVID-19)が企業の報酬・福利厚生に与える影響について世界各国で実施したグローバル・パルスサーベイの第3回目の結果を発表いたします。世界約100か国、約3,600人の報酬および福利厚生担当の管理職以上から回答を得ました。


第1回目 (本年3月18日~26日実施)、第2回目(4月15日~24日実施)に引き続き行われた第3回目(5月20日~28日実施)の結果サマリーは以下の通りです。

・コロナ禍がビジネスに非常に甚大な悪影響を及ぼす(年間事業収益が50%以上減少)と予測する企業は前月の6%から4%に低下。それでも7割ほどの企業が、年間事業収益が減少すると予測
人件費コントロール手段として最も多くの企業が取り入れているのが給与削減および昇給凍結。その影響を最も受けているのは役員層
同時にレイオフ(一時帰休)など臨時措置も実施されている
・最前線で働くエッセンシャルワーカーは割増賃金導入が進んでいる
今年の業績予想を考慮して、原資配分に際してマネジャー裁量を大きくする傾向が強まっている
第二波に備え、コストマネジメント、リモートワーク、エンゲージメントを高めるためのコミュニケーションなど、これまでの学びをもとに、より優れた対応への準備を整えている
・働き方が変わる中、ニューノーマルに即した報酬戦略、パフォーマンス評価方法、職務デザイン、外部ベンチマークなどの変革が今後半年~2年ほどでの優先事項となっている


■コロナ禍がビジネスに与える影響


■人件費コントロールの手段


■ボーナスやインセンティブへの影響


■コロナ危機後の労働への企業の対応(上位3つ)


■企業が今後半年~2年ほどで実施したい報酬戦略の優先事項(上位6つ)



コーン・フェリーでは、3ヶ月間にわたり定点観測してきた結果を振り返り、未来の報酬戦略の展望を示した総括レポート「Optimizing rewards in a changing world: Five ways to enhance reward ROI」(英語)も発行しています。以下のサイトからグローバル・パルスサーベイの過去の結果とともにご覧いただけます。
https://www.kornferry.com/insights/research/whats-next-total-rewards-benefits


コーン・フェリーについて
コーン・フェリーは、グローバルな組織コンサルティングファームです。クライアントの組織設計、適材適所を支援し、社員の処遇・育成・動機付けといった課題についてもコンサルテーションを提供します。さらに、専門性を高めることによる人材のキャリアアップを支援します。

メディアの方からの本件についてのお問い合わせ先:
コーン・フェリー・ジャパン株式会社 マーケティング 松田清史
Tel: 070 3193 6371/E-mail: Kiyofumi.Matsuda@KornFerry.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

ブラジル中銀、政策金利を2.25%から2.00%に

ワールド

コロナワクチン、来年初めまでに数千万回分用意も=フ

ビジネス

米株上昇続く、ダウ373ドル高 ディズニー決算が支

ビジネス

ドル下落、好決算やコロナ追加対策期待でリスク選好=

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 6

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 7

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 8

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 9

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 10

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!