プレスリリース

【QVCジャパン】業界初-重心を変えられるコードレス・スティッククリーナー販売開始

2020年04月10日(金)18時01分
株式会社 QVCジャパン
~重心と長さの調節で、身体に負担の少ない掃除機に大変身!~

テレビを中心としたマルチメディア通販企業の株式会社QVCジャパン(千葉県千葉市 代表取締役最高経営責任者(CEO)グレゴリー・ベルトーニ 以下「当社」)は、エレクトロラックスより、業界初(※)重心を変えられるコードレス・スティッククリーナー「Pure F9 Plus(ピュア・エフ・ナイン・プラス)」を販売します。


エレクトロラックスはスウェーデン発、100年の歴史あるブランドとして2019年に日本に上陸。スタイリッシュで機能的な製品を好まれるお客様のために、この度、当社でも販売を開始することになりました。

重心と長さ、2種類の可変性
通常のコードレス・スティッククリーナーは、「上重心」と「下重心」タイプがあり、それぞれの特徴とメリットがあります。

上重心:本体ユニットが手元に近いためヘッド部分が狭い隙間に入るのを邪魔しない。家具の下など、手の届きにくい場所へも対応
下重心:本体ユニットが床に近いため手元が軽く、腕の負担が少ない。操作性が高く、床掃除に便利

コードレス・スティッククリーナー Pure F9 Plusは、業界初(※)の両重心対応(スライドユニット構造)で、両重心のメリットを享受できるハイブリッドなコードレス・スティッククリーナーです。伸縮パイプで本体の高さを約84cmから約120cmまで調整可能なため、男性、女性を問わず、それぞれの身長に合わせて無理のない姿勢でお掃除できます。




最大約60分の長時間運転と700mlの大容量ダストカップで、一度に広範囲をお掃除
一回の満充電で、低電力モード使用時には最大約60分稼動し、一度の満充電で広範囲をお掃除できます。
一方、最大モード使用時(満充電時)では約17分稼動します。最大モード時は、フローリングなどの固い床でのダストピックアップ率は99%で、お部屋の隅々まできれいにできます。また、ダストカップも700mlと大容量のためごみ捨て回数も少なく、お手入れも水洗い可能で簡単です。

エレクトロラックス コードレス・スティッククリーナー発売概要
放送日:2020年4月11日土曜日
番組名:エレクトロラックス 北欧デザインのスティッククリーナー
放送時間:12時~13時
放送メディア:4K QVC、BS12Twellv(トゥエルビ)、スカパー!、ケーブルテレビ他
WEBサイト:https://qvc.jp/cont/detail/ShohinDetail.html?hinban=680409

QVCジャパンについて
株式会社QVCジャパンは、2000年にQVC社(アメリカ)と、三井物産株式会社が60対40の合弁で設立したテレビショッピングを主体とするマルチメディア通販企業です。社名のQVCは企業理念であるQuality(品質)、Value(価値)、Convenience(利便性)の頭文字を取ったものです。2001年4月1日から放送を開始。24時間365日、番組やウェブサイトでファッション、ビューティ、食品、家電やジュエリーなどの幅広い商品を紹介しています。2018年12月1日より、全額出資子会社であるQVCサテライトを通じて4K放送を開始。QVCの番組はBS、スカパー!、各CATV(一部地域除く)、ウェブサイト、QVCアプリに加え、BS4Kでは4K 放送でご覧いただけます。詳細はウェブサイト(http://qvc.jp)をご確認ください。

(※)…2018年11月2日時点、メーカー調べ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

ロシア、3000人以上を拘束 ナワリヌイ氏釈放へ全

ビジネス

米上院委、イエレン財務長官の指名承認 25日に本会

ワールド

トランプ氏弾劾裁判、2月8日の週に開始 米上院与野

ワールド

バッハIOC会長、東京五輪実現へ決意表明 「見通し

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 2

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 3

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎えた対コロナ戦争【コロナ緊急連載】

  • 4

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    慰安婦訴訟、韓国国内にも判決と文在寅政権を批判す…

  • 7

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 8

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 9

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

  • 10

    新型コロナウイルス、重症化する人としない人は「口の…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 6

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 7

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 8

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 9

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 10

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!