プレスリリース

【QVCジャパン】業界初-重心を変えられるコードレス・スティッククリーナー販売開始

2020年04月10日(金)18時01分
株式会社 QVCジャパン
~重心と長さの調節で、身体に負担の少ない掃除機に大変身!~

テレビを中心としたマルチメディア通販企業の株式会社QVCジャパン(千葉県千葉市 代表取締役最高経営責任者(CEO)グレゴリー・ベルトーニ 以下「当社」)は、エレクトロラックスより、業界初(※)重心を変えられるコードレス・スティッククリーナー「Pure F9 Plus(ピュア・エフ・ナイン・プラス)」を販売します。


エレクトロラックスはスウェーデン発、100年の歴史あるブランドとして2019年に日本に上陸。スタイリッシュで機能的な製品を好まれるお客様のために、この度、当社でも販売を開始することになりました。

重心と長さ、2種類の可変性
通常のコードレス・スティッククリーナーは、「上重心」と「下重心」タイプがあり、それぞれの特徴とメリットがあります。

上重心:本体ユニットが手元に近いためヘッド部分が狭い隙間に入るのを邪魔しない。家具の下など、手の届きにくい場所へも対応
下重心:本体ユニットが床に近いため手元が軽く、腕の負担が少ない。操作性が高く、床掃除に便利

コードレス・スティッククリーナー Pure F9 Plusは、業界初(※)の両重心対応(スライドユニット構造)で、両重心のメリットを享受できるハイブリッドなコードレス・スティッククリーナーです。伸縮パイプで本体の高さを約84cmから約120cmまで調整可能なため、男性、女性を問わず、それぞれの身長に合わせて無理のない姿勢でお掃除できます。




最大約60分の長時間運転と700mlの大容量ダストカップで、一度に広範囲をお掃除
一回の満充電で、低電力モード使用時には最大約60分稼動し、一度の満充電で広範囲をお掃除できます。
一方、最大モード使用時(満充電時)では約17分稼動します。最大モード時は、フローリングなどの固い床でのダストピックアップ率は99%で、お部屋の隅々まできれいにできます。また、ダストカップも700mlと大容量のためごみ捨て回数も少なく、お手入れも水洗い可能で簡単です。

エレクトロラックス コードレス・スティッククリーナー発売概要
放送日:2020年4月11日土曜日
番組名:エレクトロラックス 北欧デザインのスティッククリーナー
放送時間:12時~13時
放送メディア:4K QVC、BS12Twellv(トゥエルビ)、スカパー!、ケーブルテレビ他
WEBサイト:https://qvc.jp/cont/detail/ShohinDetail.html?hinban=680409

QVCジャパンについて
株式会社QVCジャパンは、2000年にQVC社(アメリカ)と、三井物産株式会社が60対40の合弁で設立したテレビショッピングを主体とするマルチメディア通販企業です。社名のQVCは企業理念であるQuality(品質)、Value(価値)、Convenience(利便性)の頭文字を取ったものです。2001年4月1日から放送を開始。24時間365日、番組やウェブサイトでファッション、ビューティ、食品、家電やジュエリーなどの幅広い商品を紹介しています。2018年12月1日より、全額出資子会社であるQVCサテライトを通じて4K放送を開始。QVCの番組はBS、スカパー!、各CATV(一部地域除く)、ウェブサイト、QVCアプリに加え、BS4Kでは4K 放送でご覧いただけます。詳細はウェブサイト(http://qvc.jp)をご確認ください。

(※)…2018年11月2日時点、メーカー調べ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

東京都で新たに12人の新型コロナ感染確認=報道

ビジネス

仏アクサが配当予想を半減、新型コロナで現金確保

ビジネス

独自動車メーカー、生産・輸出見通しが改善=IFO

ワールド

米NYで警察が銃撃事件容疑者の男を射殺、大規模デモ

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

  • 7

    ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

  • 8

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!