プレスリリース

【LINEマンガ】話課金売上1位を記録したLINEマンガオリジナル作品『鈍色の箱の中で』の実写ドラマ化が決定

2019年12月03日(火)10時00分
LINE株式会社
テレビ朝日で2020年1月クール放送スタート、ドラマ化を記念し、LINEマンガ内で無料公開キャンペーンを実施


LINE Digital Frontier株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が運営する電子コミックサービス「LINEマンガ」https://manga.line.me/ で連載中のLINEマンガオリジナル作品『鈍色の箱の中で』(読み:にびいろのはこのなかで、作:篠原知宏)がテレビ朝日で2020年1月クールにて実写ドラマ化することが決定いたしましたのでお知らせいたします。

また、ドラマ化記念として、LINEマンガの「毎日無料」タブにて同タイトルを15話まで一挙無料公開いたしますので、併せてお知らせいたします。


ドラマ「鈍色の箱の中で」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/nibihako/




「LINEマンガ」は、アプリで気軽にマンガ作品が楽しめるスマートフォン向け電子コミックサービスです。国内の出版社・レーベルから提供いただいているマンガのほか、LINEマンガ編集部が手がける作品やフルカラー縦読み形式で楽しめるLINE WEBTOON作品など、現在までに約240タイトルのオリジナル作品を展開しております。それらの作品は自社レーベル「LINEコミックス」として当社発行のもと、全国の書店および各電子ストアで発売しています。

そして、このたび『鈍色の箱の中で』(作:篠原知宏)の実写ドラマ化が決定いたしました。LINEマンガオリジナル作品が実写ドラマ化されるのは、本作で4作目*1 となります。
*1:1作目/2018年 MBS/TBSドラマイズム『文学処女』、2作目/2019年 日本テレビ系『偽装不倫』、3作目/2019年 テレビ朝日系『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』


本マンガ作品は、幼い頃から同じ分譲マンションで暮らす高校生5人が、互いに複雑な感情を抱きながら成長していく模様が描かれた偏愛ラブストーリーです。 現在「LINEマンガ」にて隔週金曜日に連載中で、1話ずつ読みすすめていく「毎日無料」タブにおいて、話課金売上1位*2 を記録いたしました。2019年12月6日(金)には連載最終回を迎え、ドラマ放送時期に合わせて連載中には描かれなかったストーリーが”番外編”として公開予定です。また、コミックスは1~4巻が発売中で、5巻および最終巻となる6巻は2020年2月1日(土)の発売を予定しております。
なお、ドラマ化を記念し、本日から2020年3月15日(日)までの期間中「LINEマンガ」内で15話まで一挙無料公開キャンペーンを実施いたします。
*2:1話ごとに課金された売上の累計(期間:2019年11月1日~11月21日/対象:LINEWEBTOON作品を除くLINEマンガオリジナル作品に限る)


放送はテレビ朝日で2020年1月クールにて放送開始となっており、放送開始日・キャスト・主題歌などにつきましては、本日より開設いたしましたドラマ公式サイト( https://www.tv-asahi.co.jp/nibihako/ )やドラマ公式Twitterアカウント(@nibihako)で順次お知らせしてまいります。



【原作『鈍色の箱の中で』作者/篠原知宏 コメント】

ドラマ化のお話をいただいた時はちょうど妊娠中で、どこからどこまでが現実かよく分からずとりあえずたくさん甘いものを食べたのを覚えています(笑)素敵なキャストさんやスタッフさん達によって、美羽たちがどんな風に喋って笑って泣いて物語を紡いでいくのか、本当に楽しみです!





ドラマ化記念!無料イッキ読みキャンペーン


“23時間待てば1話読める” 「毎日無料」タブにおいて、『鈍色の箱の中で』の1話から15話までを待たずにイッキ読みできる無料公開キャンペーンを実施しております。
期間:2019年12月3日(火)~2020年3月15日(日)
対象:1話~15話まで
URL:https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000102


「LINEマンガ」は、日本のマンガ市場のさらなる発展と活性化を目指し、引き続き様々な取り組みを進めてまいります。


■ドラマ「鈍色の箱の中で」について
原作:篠原知宏『鈍色の箱の中で』(LINEマンガ)
放送:2020年1月クール
制作協力:ザフール
制作著作:テレビ朝日
公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/nibihako/
公式Twitter:@nibihako


■マンガ『鈍色の箱の中で』について
タイトル:『鈍色の箱の中で』
作者:篠原知宏
更新:隔週金曜日
URL:https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000102
コミックス :1~4巻発売中(LINEコミックス)/5巻・6巻[完結](2020年2月1日発売予定)
内容 :分譲マンションに囚われた高校生の偏愛的な日常。まっ白(純愛)でも、完全な黒(背徳的)でもない、曖昧で不安定な鈍色(にびいろ)な関係。分譲マンションという“大人の都合”に囚われた、高校生たちの偏愛ストーリー。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

香港警察、抗議デモの警官襲撃事件巡り男を逮捕

ビジネス

石油需要、2022年までにコロナ禍前の水準に回復=

ビジネス

アングル:早期解散の思惑に揺れる与党、先送りなら石

ビジネス

米アメリカン航空、客室乗務員8000人余剰 10月

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 3

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まっていた

  • 4

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 5

    コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives…

  • 6

    「大した問題でもないのにやり過ぎ」北朝鮮幹部、金…

  • 7

    急速に勢いを失いつつあるトランプ、大統領選の潮目…

  • 8

    海王星の「ダイヤモンドの雨」を新たな手法で解析

  • 9

    山本太郎の胸のうち「少なくとも自分は、小池さんに…

  • 10

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 3

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現在のシステムを焼き払う」の衝撃

  • 4

    米南部の感染爆発は変異株の仕業?

  • 5

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 6

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 7

    米中スパコン戦争が過熱する中、「富岳」の世界一が…

  • 8

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 9

    スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、…

  • 10

    傲慢な中国は世界の嫌われ者

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 3

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持表明、鍵握る麻生副総理

  • 4

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 5

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 6

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

  • 7

    傲慢な中国は世界の嫌われ者

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 10

    木に吊るされた黒人男性の遺体、4件目──苦しい自殺説

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!